ブルックリンの作品情報・感想・評価

ブルックリン2015年製作の映画)

Brooklyn

上映日:2016年07月01日

製作国:

上映時間:112分

3.8

あらすじ

「ブルックリン」に投稿された感想・評価

1950年代アメリカ・ブルックリンに渡ったアイルランド人移民エイリシュの物語。
困難な人生を生き抜く強き女性の生き様!だとかそんなに仰々しいものでもなくて、住まいや仕事が用意されているなど割と恵まれた環境に置かれた普通の女の子なので、親近感を持って見易い。

慣れ親しんだ旧き居場所から離れる心細さと恋しさ、それとは裏腹に離れたことで際立って感じる嫌悪感や疎ましさ。
この物語は新天地が異国だけど、例えばこの4月から進学する、就職・転職する、部署異動で職場が変わる、故郷を離れる等々、色んなかたちで新たな世界に身を置くことになる人というのは多いと思うし、これまでに多数の人が大なり小なり同様の経験をされたことがあるでしょう。
だからなのか、物語は特に驚くようなことも無く淡々としているけれど、妙にグッと胸に迫るものがある。

どこへ行こうとも良い面と悪い面はつきまとうし、心に上手く折り合いをつけることは難しい。
なにかを受け入れ、なにかを捨てる。
その選択が他の誰かにとっての“正しい”では無くて、出来れば自分の信念で選びたいんだけどね、迷うよね。
孔子曰く『四十にして惑わず』とのことだけれど、きっと40歳になってもわたしは惑い続ける予感しかしない。
その選択肢すら無くしてしまったエイリシュのお姉さんには、ただただ心が痛む。

どことなく古き良き日本映画のような味わい深さがある。
とにかくエイリシュの心に特化しており、心情の揺らぎを恥ずかしげもなく、とても素直に表現した良作だった。
あと食卓での不謹慎な神ジョークが好きだったな。
さて、うちの会社も4月で人事異動。
どうなることやら。
Memorandum

Memorandumの感想・評価

3.7
もし出来ることなら、上京したての若かった頃の自分にアドバイスしたいという気持ちになった。
Yuri

Yuriの感想・評価

3.8
この時代に故郷を離れるってどれほど心細いだろう...愛する人を選ばないといけないなんて。最後背中を押して?くれるのは皮肉にもケリーさん。ローナンの演技がとてもリアルで共感できた。ドーナルグリーソン可愛そうすぎる役。
シアーシャ嬢ももう子役って感じじゃないけど、何故かまだ子供ぽい。
安達祐実を見てる様な気分になってきました。
松井

松井の感想・評価

3.3
主人公の心理描写が繊細に表現されている。どちらかと言えば女性向きの映画かなと。
まゆ

まゆの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

めちゃくちゃ可愛かった。
話の内容はとてもリアル。

どんな人でも新しい土地へ行けば変わるよなぁ。都会のさっぱりした感じが私は好き。田舎ももちろん良さはたくさんあるけど、狭さ故に人の目を気にしたり、噂もすぐ広まるし、とにかく息苦しい。そこから解放された主人公がどんどんキラキラしていくのがよかった。その反面、お姉さんが閉じ込められていくのが見えて、ものすごく辛かった。


‪「誰にも話さず結婚すればいい、2人の秘密にしよう」‬

あーーーーーーーーー!❤️
そうよねー!結婚ってそれでいいよねー!とときめきまくった。2人が結婚したいときにするのが一番よねーー!

帰省したときに、え?旦那どうするの?ってすごく不安になったけど、アメリカに戻った判断に尊敬する。私なら絶対迷って、なんなら旦那置いてったかもしれない。ちゃんとした主人公で安心した。

最後に嫌味なおばさんに一喝したのは気持ちよかったよね〜〜そうそうあのおばさんもなんであんな言い方になるのかわかってないんだよね。あの歳になって気づいてないのは逆に可哀想よね。

もっと自分の人生と向き合っていこうって思えた。お洋服がとにかく可愛かったです!😍
アイルランド🇮🇪💘
Y

Yの感想・評価

3.3
絵がおしゃれ
会話シーンとかもリアルでわかるし、けどやっぱりニューヨークの良さも出てておしゃれで
古き良きアメリカって感じして雰囲気が好きやった🇺🇸
内容はめちゃくちゃ面白いとかではないけど飽きずに最後まで見れる
女子は多分好きな映画
>|