ブルックリンの作品情報・感想・評価

ブルックリン2015年製作の映画)

Brooklyn

上映日:2016年07月01日

製作国:

上映時間:112分

3.8

あらすじ

1950年代、アイルランドとアメリカ ―― ふたつの祖国を持ちふたつの運命と愛の間で揺れながら美しく花開いていく女性の物語 アイルランドの小さな町に住むエイリシュは、美人でキャリアウーマンの姉とは対照的に、大人しく目立たない存在だった。しかし、彼女の将来を案じる姉の勧めで、ニューヨークへ渡米することを決める。ところが、彼女を待ち受けたのは、小さな町とはあまりに違う生活だった。 高級デパー…

1950年代、アイルランドとアメリカ ―― ふたつの祖国を持ちふたつの運命と愛の間で揺れながら美しく花開いていく女性の物語 アイルランドの小さな町に住むエイリシュは、美人でキャリアウーマンの姉とは対照的に、大人しく目立たない存在だった。しかし、彼女の将来を案じる姉の勧めで、ニューヨークへ渡米することを決める。ところが、彼女を待ち受けたのは、小さな町とはあまりに違う生活だった。 高級デパートでの仕事には慣れず、下宿先の同郷の女性たちは既に洗練されて会話もままならない。激しいホームシックに陥るエイリシュだったが、イタリア系移民のトニーとの恋が彼女を変える。 ニューヨーカーとしての生活を貪欲に吸収していくエイリシュ。ブルックリン大学で簿記を学び、週末にはコニーアイランドで最新の水着に身を包む彼女は、ファニーでスイートな魅力とカリスマ性のある洗練されたニューヨーカーにしか見えなかった。 そんなエイリシュに突然の悲報がもたされる。アイルランドに帰郷した彼女を待ち受けていたのは、運命的な再会、そしてもう一つの幸せな人生だった・・・。

「ブルックリン」に投稿された感想・評価

tori

toriの感想・評価

4.2
「レディ・バード」一瞬のこのポスター
構図シーンにロックオンし再見

登場人物みな彼女の保護者のようなモノ
自分も100%保護者目線になっていることに途中で気づく

青い扉を開き新世界に飛び出すところ
アイリッシュグリーンの服
可愛いアイリッシュ訛り
イタリア人一家との夕食
何から何までラブリー

辛く切ない葛藤を乗り越えたところに
ポスターシーンが待っていた
satoko

satokoの感想・評価

3.7
お洋服や色がかわいい映画
Ellieeeee

Ellieeeeeの感想・評価

3.8
ずっと気になってた作品!
ついこの前見たレディーバードに出演してたシアーシャ・ローナンがこれにも主演を務めててびっくり!
全く違うキャラクターを演じてて、彼女の魅力にどんどん吸い込まれていきそうです。

ストーリーは大したドラマがあるわけではないが、淡々と進むのでとても見やすい。
50年代とはいえ、何気にいい人たちが沢山いて、特に女性陣が美しい。
ファッションもとても素敵!
故郷を離れ新天地へひとり渡った女性の成長とラブストーリー。
S

Sの感想・評価

5.0
記録 大好きな映画です
TOY

TOYの感想・評価

3.5
2018年61本目

50年代、仕事を求めてアイルランドからブルックリンへ1人移住して頑張る女の子を描いたヒューマンドラマ。

田舎娘の主人公少女が都会に馴染めずホームシックになりながら頑張る様子や、都会でだんだん垢抜けていく様子、人として成長していく様子などが素晴らしかった。

こういった映画は好きですね。

面白かった。
kwn

kwnの感想・評価

-
女性が人生で経験する葛藤。これぞヒューマンドラマって感じの満足感。
仕事をする。結婚をする。何気ない人生だと思ってたものがものすごくドラマティックに思えた。
求められる仕事。やりたい仕事。掴んだ幸せ。選ばなかった人生。周りの人の期待。自分の幸せを自分で選ぶことの難しさ。正解も不正解もない。
もしあの人が死ななかったら
もしタイミングが違っていたら
人生はふとした出会いや毎日の小さな出来事が積み重なってできていると強く認識させられた。
まだ何も知らないあどけなさも可愛いし、いろんな葛藤を乗り越えた洗練された強さも美しい。
衣装が美しい
うめ

うめの感想・評価

3.9
自分が生まれ育ったこの田舎から都会に出ていたら、感じ方が変わったのかもしれない。すごくおしゃれで良い映画。
piyopi

piyopiの感想・評価

-
春休みの終わりがけに鑑賞した。
>|