ブルックリンの作品情報・感想・評価

ブルックリン2015年製作の映画)

Brooklyn

上映日:2016年07月01日

製作国:

上映時間:112分

3.8

あらすじ

1950年代、アイルランドとアメリカ ―― ふたつの祖国を持ちふたつの運命と愛の間で揺れながら美しく花開いていく女性の物語 アイルランドの小さな町に住むエイリシュは、美人でキャリアウーマンの姉とは対照的に、大人しく目立たない存在だった。しかし、彼女の将来を案じる姉の勧めで、ニューヨークへ渡米することを決める。ところが、彼女を待ち受けたのは、小さな町とはあまりに違う生活だった。 高級デパー…

1950年代、アイルランドとアメリカ ―― ふたつの祖国を持ちふたつの運命と愛の間で揺れながら美しく花開いていく女性の物語 アイルランドの小さな町に住むエイリシュは、美人でキャリアウーマンの姉とは対照的に、大人しく目立たない存在だった。しかし、彼女の将来を案じる姉の勧めで、ニューヨークへ渡米することを決める。ところが、彼女を待ち受けたのは、小さな町とはあまりに違う生活だった。 高級デパートでの仕事には慣れず、下宿先の同郷の女性たちは既に洗練されて会話もままならない。激しいホームシックに陥るエイリシュだったが、イタリア系移民のトニーとの恋が彼女を変える。 ニューヨーカーとしての生活を貪欲に吸収していくエイリシュ。ブルックリン大学で簿記を学び、週末にはコニーアイランドで最新の水着に身を包む彼女は、ファニーでスイートな魅力とカリスマ性のある洗練されたニューヨーカーにしか見えなかった。 そんなエイリシュに突然の悲報がもたされる。アイルランドに帰郷した彼女を待ち受けていたのは、運命的な再会、そしてもう一つの幸せな人生だった・・・。

「ブルックリン」に投稿された感想・評価

tori

toriの感想・評価

4.2
「レディ・バード」一瞬のこのポスター
構図シーンにロックオンし再見

登場人物みな彼女の保護者のようなモノ
自分も100%保護者目線になっていることに途中で気づく

青い扉を開き新世界に飛び出すところ
アイリッシュグリーンの服
可愛いアイリッシュ訛り
イタリア人一家との夕食
何から何までラブリー

辛く切ない葛藤を乗り越えたところに
ポスターシーンが待っていた
大都会にいるトニー好きだよ。大都会にいるからこそ。これから冬に向けてどんどんロマンチックな映画を観てゆきたい。
ch

chの感想・評価

-
2018/09/14 tv
remy0101

remy0101の感想・評価

3.5
アメリカのアイルランド人移民のお話。

家族や友達と離れ、誰も知らない土地で生活するという心細い時に、こんな純愛できたら幸せ感じるだろうな。

着ている服が全部かわいい。
so2a

so2aの感想・評価

5.0
50年代の全てがかわいい。アイルランドにいるときは心なしか快晴っていうのがなくてどれも切なそうな空をしていた。

なにかを愛し得ることはなにかを憎み失うことだ。
ニューヨークのキュートなイタリア系(おもろい弟つき)と、アイルランドの紳士なドーナル・グリーソン(家つき)の、どちらか選べってそんなん、、、どっちも萌えるわ!!

主人公がアイルランドからアメリカに渡り、ホームシックになりながらも徐々に馴染んでいく様子や、姉との遣り取りは、自分が故郷を離れたとき(つっても日本国内ですけど)を思い出して、懐かしく切ない気持ちになった。
故郷を慕う気持ちと、新天地での可能性に満ちた未来に憧れる気持ち、どちらも本物で。でも両方は手に出来ないから、ここと決めた場所で踏ん張るしかない。

終盤、主人公が決断するキッカケとなる出来事が、それかよ〜!とは思ったけど(もっと自主的に決めて欲しかった)。
でもラストの選択にはホッとした。仕事も恋愛も苦労が多そうな道だけど、少なくとも「挑戦しなかった後悔」は、しなくて済む。新しい世界を知ってしまったら、引き返さない方がいい。
終幕後素直に、主人公がんばれ〜って思えた映画は久しぶりかも。
映画全体に、故郷を離れて頑張っている人々へのエールというか、暖かい眼差しが感じられて、心地よく見られた。

シアーシャ・ローナンの瞳の色がものすごく綺麗〜。ジム・ブロードベントおじいちゃんや、寮の女子達とか、脇役もいい味出してた。
(日本公開時のレビューです)
やっとみれた
よかった
お母さん、、、
Sumika

Sumikaの感想・評価

4.6
故郷を出て未知の土地で一人暮らし。
エイリシュに共感する部分が多々ありました。
ファッション、風景、どんどん綺麗になるシアーシャ・ローナン、紳士なドーナル・グリーソン、、とても良かった
Comet

Cometの感想・評価

4.0
よかった〜😭

レトロな感じが好き
>|