ブルックリンの作品情報・感想・評価

ブルックリン2015年製作の映画)

Brooklyn

上映日:2016年07月01日

製作国:

上映時間:112分

3.8

あらすじ

1950年代、アイルランドとアメリカ ―― ふたつの祖国を持ちふたつの運命と愛の間で揺れながら美しく花開いていく女性の物語 アイルランドの小さな町に住むエイリシュは、美人でキャリアウーマンの姉とは対照的に、大人しく目立たない存在だった。しかし、彼女の将来を案じる姉の勧めで、ニューヨークへ渡米することを決める。ところが、彼女を待ち受けたのは、小さな町とはあまりに違う生活だった。 高級デパー…

1950年代、アイルランドとアメリカ ―― ふたつの祖国を持ちふたつの運命と愛の間で揺れながら美しく花開いていく女性の物語 アイルランドの小さな町に住むエイリシュは、美人でキャリアウーマンの姉とは対照的に、大人しく目立たない存在だった。しかし、彼女の将来を案じる姉の勧めで、ニューヨークへ渡米することを決める。ところが、彼女を待ち受けたのは、小さな町とはあまりに違う生活だった。 高級デパートでの仕事には慣れず、下宿先の同郷の女性たちは既に洗練されて会話もままならない。激しいホームシックに陥るエイリシュだったが、イタリア系移民のトニーとの恋が彼女を変える。 ニューヨーカーとしての生活を貪欲に吸収していくエイリシュ。ブルックリン大学で簿記を学び、週末にはコニーアイランドで最新の水着に身を包む彼女は、ファニーでスイートな魅力とカリスマ性のある洗練されたニューヨーカーにしか見えなかった。 そんなエイリシュに突然の悲報がもたされる。アイルランドに帰郷した彼女を待ち受けていたのは、運命的な再会、そしてもう一つの幸せな人生だった・・・。

「ブルックリン」に投稿された感想・評価

梅村

梅村の感想・評価

4.0
かなりふつう〜〜だけど心温まる。
前半は少女漫画読んでるときみたいにキャーー♡とか言いながら見てた。
ふつう〜〜の尊い人生って感じの映画。
ayako

ayakoの感想・評価

5.0
故郷に帰ってきてダメなことしたり良い子ではないことは確かだけど、平凡な女の子だからなのかなぜだかとても共感してしまったしすっごく好きな映画だった。ファッションも1950年代の感じが画面に映えてる。一途なトニーが素敵。
もめん

もめんの感想・評価

3.4
パッとなんてしていない。みんなの言う"普通"であろうひとりの女のありふれた話。

故郷を出て離れた街で暮らして、帰省して故郷はいいものだなって思うのはもうそこが自分の居場所ではないからなんだな。

自分の居場所ではなくなったけど、かつて生きて育った場所だから懐かしいし良さも存分に知っている。
久々に帰るといいとこだけ都合よく感じ取れる。それはもう自分がお客様状態になりつつあるから。

移住。移り住む。住むということは暮らすということで暮らすことは人生だ。歩み出したら全うせねば。
mana

manaの感想・評価

3.9
噂話がすぐに広がって、皆が顔見知り。良い仕事も刺激もない場所を飛び出した主人公がブルックリンで様々な経験をして大人になる物語でした。
とにかく、トニーが素敵な男性すぎて、うおおおおお😳となりました。(笑)
地元の男性と良い雰囲気に成りかけた時は少し驚きと共に腹が立ちましたが…(笑)、ケリーと再会したことでこの町の本質?を思いだし、最終的に自分のやるべきことを見失わなかったことにホッとしました。
色々自分の人生についても思うことがありました。
こもも

こももの感想・評価

5.0
最近観た映画で1番のヒット作でした。
上京する気持ちというのはまだ私には分かりませんが、船での出来事やニューヨークでの慣れない日々。アイリッシュの繊細な気持ちが台詞は決して多くないけれど、見ている人たちにひしひしと伝わってきました。そして、トニー!!!彼が最高すぎる!そして可愛い!アイリッシュをまっすぐに想い続け2人の可愛い事可愛い事。見ているこっちまでキュンキュンしてきました。
「そういえばそういう町だった)(というような?)台詞はとても印象的でした。
koya

koyaの感想・評価

4.0
人生の教科書みたいな映画だった。出会い、別れて、新たに獲得するものがあれば失うものもあるという、そういう誰の人生にもある出来事を通じてシアーシャ・ローナンちゃんが成長していくから、劇中の彼女ほど大きな決断をしたことがない自分でも、共感しながら見られた。でもあの吊り目がちなサングラスは何か笑う。それにしてもエモリー・コーエンが負けヒロイン(負けヒーローって何か違和感?(笑))にならなくて良かった。
殉

殉の感想・評価

1.0
2016夏
こんなに良い映画とは思わなかった。。
おき

おきの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

めちゃくちゃよかった、また見たい

「さよなら、一度だけよ」
という母の言葉が、もう戻ってくるな、向こうで必ず幸せになってくれ、という思いも込められた言葉になっていて感動した
イタリア男も金持ちアイルランド男も顔がいいよ〜!!!!!
ファッションや風景がとても好きレトロな感じがして1950年代!ぱすてるカラーがとても可愛い
結婚破棄の傷が主人公との日々を重ねることで癒えたと思ったら手紙1つでまたお別れとなるのが本当に辛い、彼は泣かなかったけどわたしが代わりに泣いてやる、そしてアイルランドの男は幸せになって欲しい、絶対にいい人がいる
そして何もなかったかのように全て忘れて主人公もイタリア男と幸せに暮らしてほしい
時代背景を知らないと分からないことがあって引っかかった
以下調べたことの覚え書き\学がない/
アメリカは現在でも数多くの移民を受け入れる人種のるつぼともいわれる国で
入ってきたのはイギリス→フランスドイツ→アイルランド→イタリアの順番である
\ジャガイモ飢饉/
遅れて入ってきたこともあり、
赤い髪(不吉と思われていた)や訛り、そばかすなどを馬鹿にされたりという差別があった
実際に8歳の弟君は赤髪と野球のファンのことで主人公と初対面であるのに関わらず詰る
あとポマード、アイルランド男を馬鹿にする時に主人公が使っていた言葉、単純にワックスでベッタベタになるやつ
宿のお姉さんたちが意地悪で少し嫌だったけどパスタ教えてくれていい人たちなんだなあと思った
やつらは金持ちと結婚する(絶対)(幸せになってくれ)
未だになぜ入国の時に色々振る舞いなどを教えられたのだろうか?それが分からない
>|