ブルックリンの作品情報・感想・評価

ブルックリン2015年製作の映画)

Brooklyn

上映日:2016年07月01日

製作国:

上映時間:112分

3.8

あらすじ

1950年代、アイルランドとアメリカ ―― ふたつの祖国を持ちふたつの運命と愛の間で揺れながら美しく花開いていく女性の物語 アイルランドの小さな町に住むエイリシュは、美人でキャリアウーマンの姉とは対照的に、大人しく目立たない存在だった。しかし、彼女の将来を案じる姉の勧めで、ニューヨークへ渡米することを決める。ところが、彼女を待ち受けたのは、小さな町とはあまりに違う生活だった。 高級デパー…

1950年代、アイルランドとアメリカ ―― ふたつの祖国を持ちふたつの運命と愛の間で揺れながら美しく花開いていく女性の物語 アイルランドの小さな町に住むエイリシュは、美人でキャリアウーマンの姉とは対照的に、大人しく目立たない存在だった。しかし、彼女の将来を案じる姉の勧めで、ニューヨークへ渡米することを決める。ところが、彼女を待ち受けたのは、小さな町とはあまりに違う生活だった。 高級デパートでの仕事には慣れず、下宿先の同郷の女性たちは既に洗練されて会話もままならない。激しいホームシックに陥るエイリシュだったが、イタリア系移民のトニーとの恋が彼女を変える。 ニューヨーカーとしての生活を貪欲に吸収していくエイリシュ。ブルックリン大学で簿記を学び、週末にはコニーアイランドで最新の水着に身を包む彼女は、ファニーでスイートな魅力とカリスマ性のある洗練されたニューヨーカーにしか見えなかった。 そんなエイリシュに突然の悲報がもたされる。アイルランドに帰郷した彼女を待ち受けていたのは、運命的な再会、そしてもう一つの幸せな人生だった・・・。

「ブルックリン」に投稿された感想・評価

主人公 横顔が綺麗だった
田舎娘から変化して
都会に慣れたっぷりがでてた

英語が綺麗な気がした
結局ブルックリンに戻った理由
なんかずるいな って思っちゃった

嫌な事は捨てて都会に行って
都合のいい時は故郷に戻る
でもやっぱりキラキラした場所にいたい

いいよね〜

by 地元から出た事ない人間
mamee

mameeの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

彼と一緒に見たらきっと彼は寝ちゃうけど、わたしはこれ、とっても好き。
流れるテンポ、映像の絵、洋服、お化粧、細やかな心情を表す表情、味わい深くて、どんな場面もどんな人たちも、見逃したくない、安心感とセンスのある作品だった。
旅立ちと、新たな場所での生活。時に、ギャップに押しつぶされそうになりながらも、新たな出会いや経験ひとつひとつが彼女を作り上げていく。

特に、彼女を取り巻く愛が彼女を支え、生活を彩る。

しっかり者で芯の強いエイリシュがどんどん垢抜けて洗練されていく。透き通る真っ直ぐな瞳がとっても素敵なエイリシュ。
本当に、とっても素敵。

田舎に戻って、その環境での流れに乗って揺れるエイリシュはなんだかアララ。だけど、その幼さというか素直さというか、完璧すぎないそれも、また、人間らしいというか。
最後はトニーの健気な優しさを思い出してくれて、ありがとう!良かったな✨

こうして、色々味わいながら、一人でゆっくり丁寧に見たい映画でした(^^)
mochikun

mochikunの感想・評価

3.6
全体的にテンポが良くて、いや良すぎて、例えば主人公が男の子に「来週食事に行かない?」と誘われたシーンの次のシーンがその約束した食事のシーンだったんですけど、ワンクッション日常生活挟んだ方が良かったんじゃないの?と思ってしまうほどのテンポ感でした。それはそれで良かったんですけれど。
おそらく、このテンポ感は脚本を担当したニックホーンビイが起因しているんじゃないだろうかと僕は思うんですけど、どうなんでしょうか。この人の小説ってサクサク進むので。

それにしてもこれは女だれけの映画でしたね。
一見すると男によって人生を左右されているように思ってしまいますが、男の影響なんて米粒くらいなもんでした。
特に主人公の人生に大きな影響をもたらしたのは、あの生活用品売ってるおばさんでした。あのおばさんが町のシンボリックな存在であったし、人生の逆指標となる人物でしたからね。

とはいえエモリーコーエンとドーナルグリーソンの演技は主人公より光っていたと僕は思っています。
miu

miuの感想・評価

4.8
とっても良かった!静かだけれど強くてしなやなで聡明な、まるで主人公の女の子のような映画でした。何かを得るためには何かを置いていかなければならない時がある。でも選択できない人がいる中で、 送り出してくれたお母さんがいることはとても幸せなことだと思う。男の子も素直で可愛くて、あんな賢くて綺麗な女の子だったらそりゃ惚れちゃうよね。
寮の女の子も含め50年代のお洒落で色鮮やかなファッションも観ていてとっても心躍った♡
MK

MKの感想・評価

4.0
記録
せ

せの感想・評価

3.7

この揺れ動く心情......

新境地で最愛と思って結婚しても、
やはり地元の安心感は強い。

他の方のコメントの
姉の生きたかった人生、納得☜

ゆったりと古き良き時代が映える映画でした。
tomo

tomoの感想・評価

3.7
アイルランドに住む主人公のエイリッシュ。
最初はただ地味な田舎の娘という感じだったけど、故郷にはろくな仕事もなく、決意を込めてニューヨークへと旅立つ。
デパートで働き始めた当初は接客もオドオドしててどうなるのかと思ったけど、イタリア人のトニーとの出会いをきっかけに徐々に垢抜けてきます。
そんなエイリッシュの姿を温かく見守るのが楽しいです。

姉の死をきっかけに故郷へ一時帰宅しますが、ニューヨークで簿記の資格を取ったこともあり、以前とは違って仕事でも姉の後継として重宝されます。
また好ましい男性も現れ、トニーの存在を忘れたかのように振る舞うエイリッシュの姿にはちょっと幻滅します。
結局はゴシップ好きな田舎の性根を思い出して我に返りニューヨークへ戻るわけですが、トニーがすごく良い奴なだけにちょっと気の毒な気がしました。
まあこういう悪女的な要素も作品としては楽しいですが。
poggy

poggyの感想・評価

3.8
2018-30

シアーシャ・ローナンは魅力的な女優さんだなぁ、と。

ブルックリンか、アイルランドか、
揺れる複雑な気持ちの表現が…上手い。

そして、ドーナル・グリーソンが出てたの知らなかった!!!
やっぱりいい味出す…好きだ!
良かった 本を読んでいるような映画だった
主演の女優がすごく映画に合っていて良かった
>|