かや

ピンクとグレーのかやのレビュー・感想・評価

ピンクとグレー(2016年製作の映画)
3.3
今年公開映画3本目。

芸能界の裏を見せるミステリー。
ネタバレになるのでほとんど書けません笑


ジャニーズが原作を書き、ジャニーズが主演、ひたすらにジャニーズファンを喜ばせるためだけの映画かと思いきや、そういった節はいくつかあれど、意外とそうでもなかった。


62分の衝撃という謳い文句。
これにはあっさり騙されました。
前半はテンポ良く、明るい青春もののようで、衝撃まで軽快に引っ張っていけてたと思う。
まぁ62分の衝撃って言ってないほうが楽しめたでしょうが…
引越屋のトラックから顔を出してお別れを言う友達を走って追いかけるとかいう、まさかそんなベタなことはやらないだろってのを、ベタベタにやりきってみせるのももはや好感が持てました笑

タイトルを引用して言うのであれば、本作の前半、いわゆるピンクのパートは結構楽しかった。


では本作の衝撃後の後半、いわゆるグレーのパートは芸能界の闇が描かれ、同じ作品とは思えないダークな空気感に変貌する。
内容については基本的にネタバレになるので触れられない。

セピア調に統一された画と、暗部を見せるという最近の邦画ではあまり観ないような、ブラックな風刺が描かれるのは面白い。

ただ明らかに前半よりもスピード感が失われる。
映画だけでなく、ドラマでも本でもそうだが、クライマックスに向けて加速するべきなのに、徐々に鈍重になっていくテンポにがっかりしました。
「しょーもな」って感じです。

これを繋ぎ止めるのが菅田将暉と柳楽優弥。
とにかくこの2人は良かったです。
夏帆の役について、ツッコミをいれたいところですが、ネタバレになるので心に留めておきます。


昨年も一昨年もランキングを作ると、邦画のミステリー、サスペンスが下位を占めているくらい、個人的には最近の邦画サスペンスを楽しめてなかった。
それにジャニーズごり押しだと思ってた分、意外としっかりしてる!!ってびっくりして想像以上には楽しめました。
後半がもっと面白ければ、もっと高評価になっただろうなとは思います。
原作は未読ですが、映画にしたことで構造が分かりづらくなってるのでは?という風には若干感じました。

劇場は明らかにジャニーズファンで楽しそうなピンク側の人たちと、私みたいに負のオーラが止まらないグレーな人間で分かれますが、グレー側の人もそんなの気にせず是非劇場で!!

ジャニーズの顔しか見ない人には辛いでしょうが、ストーリーもちゃんと分かりやすく、難しいことは決してないので、ミステリー苦手な方にも優しい作品です。