OASIS

ピンクとグレーのOASISのネタバレレビュー・内容・結末

ピンクとグレー(2016年製作の映画)
3.0

このレビューはネタバレを含みます

ジャニーズの人気グループ「NEWS」のメンバー加藤シゲアキの処女小説の映画化。
監督は「GO」等の行定勲。

原作者は芸能界に相当な恨みや怨念があるのだろうか?と思うほど「お前らが業界に抱いているその幻想をぶち壊してやるよ」という黒さならぬグレーさを感じる。
売り出し中の若手俳優が嬉々として語る美談の裏にはこんな物語もあるかなと思わせる作品だった。

幼馴染の 蓮吾と大貴、そして二人が思いを寄せる女の子サリーが共に成長して行く前半は良くあるような青春映画でかなりありがち。
そして街中でスカウトされた二人の内、蓮吾だけが注目され売れ始め、徐々に格差が開いていくという「キッズ・リターン」的な展開もまぁ芸能界や友情を描くものに良くあるっちゃあ良くあるもの。
そこから中盤になると映画全体の構造が見え始め、それまで観ていたものは何だったのかと混乱させられる。
構造の種明かしには驚いたし、観ながら考えていた流れと全く違う方向から答えが飛んできてしばし思考停止状態だった。

思えば、二人がすれ違うようになりサリーを巡って喧嘩を繰り広げる場面の演技合戦や「交換しようぜ」というような台詞に伏線があった気がするのだけど、その交換が実は目の前ではなくもう一階層上の場所で行われていたという所までは分からなかった。
蓮吾の死を自伝として書いた大貴が芸能界で注目され、そしてその自伝「ピンクとグレー」の映画化が決定し大貴が蓮吾役を演じていたという中々にややこしい設定で、ただ単に二人の明暗が逆転したという話に終わらない所が良かった。
結局は自分が成功する為には親友の影を追い続けるしかないというジレンマが良く描かれていたと思う。

中盤からは灰色がかった画面で進むので、前半の煌めいた日々との温度差が感じられて良かったし、何より劇中でも言われていたように「何もしなくても売れてしまう」ようなジャニーズ主演映画とはまた違った雰囲気があった。
ただ、中盤以降はずっと暗い画面が続き、展開も前半と同じような流れを役者を変えてやっているだけに見えて種明かしをピークに右肩下がりにつまらない方向へと向かって行く。
グレーの画面に光るパンティや白乳首、ピンクのネクタイ等差し込まれるギラギラとした色味は面白かった。

退屈に感じたのはたぶん、中盤以降演じる人が変わっても大貴が主人公であり彼目線で進むという流れは変わらず、結局蓮吾の視点から彼が何を考えているのかがほとんど伝わって来ないという点にあるのだと思う。
「姉と同じ日に死にたかったから」という真相を知ってしまうと「何だそれだけかよ」という気持ちになってしまうし、それならば彼と姉の関係をもっと膨らませて欲しかった。
ビデオの一件だけだとただの浅い近親相姦関係にしか見えず、姉からの一方的な想いしか描かれていないように見えたので蓮吾の口からもっと語られても良かったのにと思う。

「Hey! Say! JUMP」の中島裕翔という人が初主演なのだそうだけど、ただカッコイイというだけで役者としての魅力ははっきり言って無いと思った。
彼の関西弁も客席から思わず「下手...」と漏れてしまうほどの酷さで関西人からすると激怒モノだった。
それとは逆に、菅田将暉が出ているシーンはほぼ全てと言っていい程魅力的に映るし、華があるというのはこういう事なんだろうと感じた。
前半の「そこのみにて光輝く」の時のような芋っぽくて人懐っこい感じと後半のauのCMの時のような高笑いが鼻に付く感じは同一人物とは思えない程振り幅が大きく、彼の存在が無ければ映画が成立していないレベルの圧巻の演技だった。
そして夏帆は「海街diary」の時のような透き通る美しさでは無く真逆のエロさで妖艶&怪演。
貪るようなキス&がっつくような腰振りベッドシーンで彼女の中に完全なる「オンナ」を観た。
夏帆が役を演じていた本当のサリー役の子の、夏帆に似ているようでやっぱり似てない、そして微妙に可愛くてそこまで可愛くはないというナイスなバランスの配役も良かった。

全夏帆ファンは必見。夏帆はいいぞ〜。