おおさこ

ピンクとグレーのおおさこのレビュー・感想・評価

ピンクとグレー(2016年製作の映画)
2.5
原作が映画オマージュもあってエンターテイメント小説として面白いと話題で、ずっと気になっていたので観に行ってきました。

冒頭から『ブラックスワン』オマージュがあり、『マグノリア』やリバー・フェニックスの名前も出てきてました。他にも何か映画ネタがあるのかも知れません。
やっぱりこの映画と言えば62分後に訪れる〝アレ〟ですよね。ビックリする事間違い無しな上に物語が大きく動き出します。そして、そっち側の世界の方をグレーの色調にしているのも意味深でした。現実と虚構。どちらがリアルなのか?単純な解釈ではいかないみたいです。
役者さんも皆素晴らしかったです。特に菅田将暉さん。豹変ぶりが凄くて、エッジの効いた暴れぶりは独壇場といった感じでした。

エンディングも綺麗にまとまっていました。しかし、そこにカタルシスがあるわけでは無く尻すぼみ感が残念でした。中盤の〝アレ〟を超える何かがあればもっと凄い映画になってたのでは無いでしょうか。