小一郎

ピンクとグレーの小一郎のレビュー・感想・評価

ピンクとグレー(2016年製作の映画)
3.3
「しょーもな」。わかってんじゃん。「しょーもな」。その乾いた感じが良かった。「しょーもな」。

囚われた人が、その囚われから自らを解放する物語。まあ、青春ってことなんでしょうな。40も後半のオッサンは、ピュアな気持ちはカケラもなく、今更、囚われたりしないので…って、私だけすか?スイマセン。

誰もが騙されるとされるシーンでの技巧が見所のひとつだけど、テーマを生かすためというよりは、エンターテインメントかな。

それから、自らを解放するきっかけがそれ? しかも、その後、それに頼っちゃうの? みたいな。

中島裕翔くんの体当たり演技はよかった~。ジャニーズ、いいのか? 最大の見どころかも。

ところで私事ですが、中島裕翔くんが所属する「Hey! Say! JUMP」って、娘(中3)がファンクラブに入っているグループ。2014年9月発売のシングル「ウィークエンダー/明日へのYELL」の初回限定版1(ウィークエンダーのPV付き)を無謀にも予約せずに買おうとして、案の定入手困難に。

方々探した後、ネットで埼玉県上尾市のタワーレコードに在庫があることを発見! 取り置きしてもらい、神奈川県某所から高速を飛ばして買いに行き、ゲットしたときは親子3人で狂喜乱舞ですわ。

その後、初回限定版2(明日へのYELLのPV付き)を買った友だちと、貸しっこしあい、中島裕翔くんが真ん中で歌って踊る「明日へのYELL」のPVをテレビで流し、親子3人、タオルをグルグル回しながら「ああ 強くなりたくて ただ 熱くなりたくて」と熱唱しました。

ハイハイ、わかってますよ~。アラフィフのオッサン、お前が一番「しょーもな」。