TSUBASA

ピンクとグレーのTSUBASAのレビュー・感想・評価

ピンクとグレー(2016年製作の映画)
4.0
本日マイ映画館祭り一本目(笑)

完全になめてました。
そこいらの邦画とはまた違う
かなり考えられた脚本でした!
他の方も仰ってるように
ほぼネタバレになるので
あまり書けない(笑)
何も予備知識をいれないまま
いったほうが僕のように
楽しめます。頭をなかなか
使わせていただきました。

ただこれも他の方が仰ってますが
衝撃の62分とかいわないほうがいい。
『ピエロがお前を嘲笑う』の
二の舞になりかねない。

うーん、さてここで何を述べよう
かと思いますが、このタイトル
ピンクとグレーというものに
触れておきましょう。
これはある仕掛けを色で表した
ものです。この相反する二つの
意味というのは観ながら脳を
フル回転していただければと
思います。
自分の解釈は、あの地点までが
ピンクで、あの地点がグレー
だと思われます。
あー、指示語ばっかりでるwww

とにかく期待せずにいけば
かなり好感度はもてます。
感動物はともかく脚本がここまで
しっかりしてる邦画は久々でした。
高評価を出したいと思います。

あと、夏帆の役は面白かったですね。
表裏一体の演技ができる、、
それこそ役者の重要なアビリティー
の一つだと思いました。
おっと、これですらネタバレですね、
失礼しました(°_°)