westtribe

ピンクとグレーのwesttribeのレビュー・感想・評価

ピンクとグレー(2016年製作の映画)
3.4
2016年劇場鑑賞3本目。

原作未読。
予告編から散々煽られていた「62分の衝撃」。
確かにだまされた。広い意味では、いろいろ想像していた範囲内だったが、
キャスティングのアレについては気づかなかったな。

しかし、その後に、この仕掛けを受け止めるだけの重み・深みがない。
なぜ前半で騙す必要があったのか。
後半で描かれる内容は、説明不足が否めないうえに、
その内容を理解することに、前半で騙した事実は貢献しない。
「62分後、世界が変わる」ことは、その後に提示される事実の解釈には関係ない。
その点で、「君が生きた証」とは決定的に違う。
もっと面白くできたはずなのに、この消化不良感が残念でならない。
画面の色使いの位置づけも、いまいち不明。