シネオ

ピンクとグレーのシネオのレビュー・感想・評価

ピンクとグレー(2016年製作の映画)
3.0
劇場予告編で面白そうだったので、鑑賞。なんといっても「開始からラスト62分の衝撃!」というキャッチコピーに惹かれましたが、僕は予告編で、ギミックに予想がつきました(笑)それを確かめたくて劇場へ。

原作も知りませんでしたが、ジャニーズの加藤シゲアキさんなんですね。可能性があって、面白い人だなぁ。いろいろ描かれてるみたいなので、今度本を読んでみようと思いました。

前半のお話はよくある芸能人サクセスストーリーと、友情と恋のお話。そして期待してた62分は、やっぱりねというカンジ。そこからの対比は楽しめましたけど、全体にはツメが甘かったです。62分のギミックの意外性にかけすぎて、そのツジツマ合わせの後半に飽きてしまいます。ラストもそんな簡単なことにしちゃうの?とびっくり。6通の遺書も伏線かと思ったら、何もなし。

監督と脚本には、もう少し練ってもらいたかったなぁ。何をやりたかったのか、イマイチわかりませんでした。スピード制作しなくてはいけない、最近の邦画に多いパターンですね。応援の意味も込めて劇場に足を運んでるので、頑張ってもらいたいです。

でもね、役者陣はとても良かったです。前半ピンクと後半グレーのギャップが全てなのですが、前半の演技ベタだなぁという感じも、計算してたとしたらすごい。

知らなかったけど、中島裕翔さんはシュールな存在感がありましたね。ハマり具合もなかなかで、感情移入できました。菅田将暉さんもCMでみるくらいだったけど、体当たりなエネルギーがあって、これからが楽しみ。いい作品に出会えるといいですね。夏帆さんはリハウスガールから注目していますが、天然コケッコーから海街diaryまで、どんどん幅を広げてきてますね。また違った彼女が見れて、良かったです。

私事ですが、仕事でいろいろなタレントさんとご一緒しますが、ジャニーズや、元雑誌モデル、元仮面ライダーというフィルターで見られるのって、本人たちは結構気にしてるみたい。手段ではあるけど、そこからは自分ですからね。そんな殻を破ろうしてる彼らの意気込みが伝わってきて、気持ち良かったです。オダギリさんのように、頑張って欲しいですね。

余計なことかもしれないけど、中高生が目立っていたので、中途半端に差し込む、踏み込んだ濡れ場はいらなかったかもですね。ストーリー上は、あんまり意味もなかったし。難しいけど、こういうとこに、大人たちの配慮はいるんだろうなぁと思いました。


まぁ内容はそれなりだったけど、若い俳優たちに救われた珍しいタイプの映画。彼らの渾身の演技を楽しむなら、悪くない時間でした。

2016.1.17TOHOシネマズ渋谷