ピンクとグレーの作品情報・感想・評価

ピンクとグレー2016年製作の映画)

上映日:2016年01月09日

製作国:

上映時間:119分

3.4

あらすじ

大人気スター俳優・白木蓮吾が、突然、死んだ。第一発見者は幼い頃からの親友・河田大貴。蓮吾に何が起きたのか? 動揺する大貴は、6通の遺書を手にする。遺書に導かれ、蓮吾の短い人生を綴った伝記を発表した大貴は、一躍時の人となり、憧れていたスターの地位を手に入れる。初めてのキャッチボール、バンドを組んで歌ったこと、幼馴染のサリーをとりあった初恋・・・。いつも一緒で、いつも蓮吾が一歩先を進んでいた―。輝…

大人気スター俳優・白木蓮吾が、突然、死んだ。第一発見者は幼い頃からの親友・河田大貴。蓮吾に何が起きたのか? 動揺する大貴は、6通の遺書を手にする。遺書に導かれ、蓮吾の短い人生を綴った伝記を発表した大貴は、一躍時の人となり、憧れていたスターの地位を手に入れる。初めてのキャッチボール、バンドを組んで歌ったこと、幼馴染のサリーをとりあった初恋・・・。いつも一緒で、いつも蓮吾が一歩先を進んでいた―。輝かしい青春の思い出と、蓮吾を失った喪失感にもがきながらも、その死によって与えられた偽りの名声に苦しむ大貴は、次第に自分を見失っていく。なぜ、蓮吾は死を選んだのか?なにが、誰が、彼を追い詰めたのか?蓮吾の影を追い続ける大貴がたどり着いた“蓮吾の死の真実”とは―。

「ピンクとグレー」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

好きか嫌いかで言えば、とても嫌いでした。開始62分の衝撃には、事前情報無しなので騙されましたが、モノクロになってからの60分程がなんとも名状し難い異物感?をおぼえました。菅田将暉さんの怪演を始めとした役者さんの演技はは素晴らしいの一言に尽きると思っただけに、惜しい…

このレビューはネタバレを含みます

記録用

ピンクからグレーに変わる瞬間は驚いた。そこで終わったらただのミステリーやけど、そこから芸能人としての葛藤に触れてたのがストーリー性中心なのかな?
それとも死の真相自体がミステリーなのかな?
しょうもな ぐらいしか伏線はないから、ミステリーを解くって感じではないけど、起承転結が細かくあって2時間面白かった。
みっき

みっきの感想・評価

2.5
うーん、構成や演出は良かったんだけど、話の内容がなあ。

芸能界の光と影、芸能人ならではの苦悩にフォーカスした方がまとまりが良かったような…
結局何を言いたかったの?って感じ。


ただ後半からの変わりようはびっくりした!

このレビューはネタバレを含みます

原作は積ん読未読。
なんだろう、面白くなりそうでそうでもないな。
原作も入れ子構造なのかしら。

でも、この有名になった自分は俺の実力なのか誰かの何かのおこぼれなのか誰かの何かを利用していないかと答えのない世界なのは芸能人ならではの観点だと思う。
うーん、なんだろう。

個人的に、小学生のときから観ている中島裕翔がおっぱいまみれになっているのはなかなか衝撃…笑。
お、おぅ…もう成人してるか…という笑。
ぺあの

ぺあのの感想・評価

3.0
原作は小学生時代からの友達が二人でスカウトされ、片方(白木)だけが有名になり、他方(リバー)は鬱屈としていただけだったけど、もう一つドラマが入ってメリハリがあったし、わかり易い。
なるほどねぇ
でも後半ちょっと飽きた
キャストほぼ良かった
和奏

和奏の感想・評価

3.3
原作未読です。
ただ中島裕翔が自殺するだけの話だと思っていたのでピンクからグレーに変わる瞬間はすごく驚きました。

特に響くものや残るものなどありませんでしたが、それ以上に展開に驚きっぱなしだったので面白かったです。

ちょっと難しかった(^^;)
加藤シャバアキ
菅田将暉と夏帆の演技えぐいわ〜

どんなけ仲良くて、どんなけ付き合いが長くても他人のことをわかるなんてむりなんやな〜そらそうか
>|