ピンクとグレーの作品情報・感想・評価

ピンクとグレー2016年製作の映画)

上映日:2016年01月09日

製作国:

上映時間:119分

3.4

あらすじ

大人気スター俳優・白木蓮吾が、突然、死んだ。第一発見者は幼い頃からの親友・河田大貴。蓮吾に何が起きたのか? 動揺する大貴は、6通の遺書を手にする。遺書に導かれ、蓮吾の短い人生を綴った伝記を発表した大貴は、一躍時の人となり、憧れていたスターの地位を手に入れる。初めてのキャッチボール、バンドを組んで歌ったこと、幼馴染のサリーをとりあった初恋・・・。いつも一緒で、いつも蓮吾が一歩先を進んでいた―。輝…

大人気スター俳優・白木蓮吾が、突然、死んだ。第一発見者は幼い頃からの親友・河田大貴。蓮吾に何が起きたのか? 動揺する大貴は、6通の遺書を手にする。遺書に導かれ、蓮吾の短い人生を綴った伝記を発表した大貴は、一躍時の人となり、憧れていたスターの地位を手に入れる。初めてのキャッチボール、バンドを組んで歌ったこと、幼馴染のサリーをとりあった初恋・・・。いつも一緒で、いつも蓮吾が一歩先を進んでいた―。輝かしい青春の思い出と、蓮吾を失った喪失感にもがきながらも、その死によって与えられた偽りの名声に苦しむ大貴は、次第に自分を見失っていく。なぜ、蓮吾は死を選んだのか?なにが、誰が、彼を追い詰めたのか?蓮吾の影を追い続ける大貴がたどり着いた“蓮吾の死の真実”とは―。

「ピンクとグレー」に投稿された感想・評価

原作未読で鑑賞。
なんのことはない70年代邦画を彷彿とさせる実験映画であった…
ひとつ言えるのは、この時代設定が昭和、あるいは平成初期だったら良かったなぁと思う…渋谷が舞台になっているのも平成初期っぽいし、時代がもう少し前だったらアイドルの社会的な存在が際立っていたのではないかなぁ〜
菅田将暉は才能豊かですね。
yaa

yaaの感想・評価

3.3
結構重い映画だった
62分後の衝撃、騙されました!びっくり!

あゝ荒野から菅田将暉が気になり出演作品を見ることにしました
りばちゃんと成瀬本当に同じ人??って感じるくらい別人だった

前半カラーで後半モノクロ、2人がハグしたあたりからカラーに戻って、最後に「しょーもな」

"やらないなんてないでしょ"
"やりたいことをするんじゃなくて、できることをする"みたいなセリフすき

印象に残る映画
自殺からスタート。

そして62分後カラーからモノクロへ。

最初混乱したわ笑
chica

chicaの感想・評価

-
衝撃的
みさと
ユッカ

ユッカの感想・評価

3.8
原作未読だったので話の構造に驚かされました。菅田将暉と柳楽優弥はさすがに上手いなと思わされた。なかなか激しめのベッドシーンがあったけどジャニーズファン的にはあれは大丈夫だったのだろうか。生きてる?
み

みの感想・評価

3.3
ピンクの完成度から、衝撃あり!との予告はハードル上げただけ、後半グレー、狙うものが大きすぎて空振りぎみ。
菅田将暉と夏帆ちゃんの振り幅ある演技良かった。2人に加えて、柳楽優弥まででてきちゃうと、彼らの演技が主役喰っちゃってたからか?ラストに 盛り上がりにかけるからか?せっかく面白い演出なのに、見終わった後の満足感が…。
まりも

まりもの感想・評価

2.4
菅田将暉くんが丼食べるシーンは、ほんのちょっとした時間でしたが、いい役者だなあ、思いました。主演を食ってましたね。
柳楽さんはさすがにうまいです。間がすばらしい。漂う空気感がちがいます。夏帆ちゃんは、いつもとちがう役でがんばってました。この映画で良かったところ、以上。
その他の方の芝居は、ちょっとつたなくて暑苦しく感じてしまいました。モノクロの画面だとか、開始62分の衝撃だとかも、少々退屈だったなあ。。
朝倉

朝倉の感想・評価

4.0
大好きでした。原作を後追いで読みましたが、だいぶ好みの作品だったと思います。キャスティングもよかったのではないかと思います。
ぬぬ

ぬぬの感想・評価

1.0
原作を読んだ後から観たせいか、内容がガラリと変わり、要らない要素があり過ぎて非常に残念だった。
うごー

うごーの感想・評価

2.2
自分の読解力がないからか3年後辺りから分からなかった
ただ中島裕翔は好きです!
>|