ピンクとグレー(2016年製作の映画)

上映日:2016年01月09日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:119分
    監督
    行定勲
    脚本
    行定勲
    蓬莱竜太
    原作
    加藤シゲアキ
    キャスト
    中島裕翔
    菅田将暉
    夏帆
    岸井ゆきの
    千葉哲也
    マキタスポーツ
    入江甚儀
    橋本じゅん
    矢柴俊博
    宮崎美子
    柳楽優弥
    篠原ゆき子
    あらすじ
    大人気スター俳優・白木蓮吾が、突然、死んだ。第一発見者は幼い頃からの親友・河田大貴。蓮吾に何が起きたのか? 動揺する大貴は、6通の遺書を手にする。遺書に導かれ、蓮吾の短い人生を綴った伝記を発表した大貴は、一躍時の人となり、憧れていたスターの地位を手に入れる。初めてのキャッチボール、バンドを組んで歌ったこと、幼馴染のサリーをとりあった初恋・・・。いつも一緒で、いつも蓮吾が一歩先を進んでいた―。輝かしい青春の思い出と、蓮吾を失った喪失感にもがきながらも、その死によって与えられた偽りの名声に苦しむ大貴は、次第に自分を見失っていく。なぜ、蓮吾は死を選んだのか?なにが、誰が、彼を追い詰めたのか?蓮吾の影を追い続ける大貴がたどり着いた“蓮吾の死の真実”とは―。

    「ピンクとグレー」に投稿された感想・評価

    原作未読で鑑賞。
    なんのことはない70年代邦画を彷彿とさせる実験映画であった…
    ひとつ言えるのは、この時代設定が昭和、あるいは平成初期だったら良かったなぁと思う…渋谷が舞台になっているのも平成初期っぽいし、時代がもう少し前だったらアイドルの社会的な存在が際立っていたのではないかなぁ〜
    菅田将暉は才能豊かですね。
    何だろう...何かに似てる
    62分後のトリックと事前に知らされていたもののやっぱり騙された。菅田将暉や夏帆の二面性のある演技がすごかった。芸能人にも誰でも表だけでなくて色んな面があるのが当たり前なんだよね。この人はこういう人だ!なんて軽々しく言うものじゃないなと思った。

    事前に予告されていた通り、
    62分後にサプライズがあります。

    あー、なるほどー。
    そうゆうことー?
    的なことがありますが、
    そこがピーク。

    そこに向けて山を登っていって
    そこから徐々に下っていく。

    なんで死んだのか。
    は結局「つまり?どうゆうこと?」な印象が無くもない。

    芸能界って大変なんだね。
    私は結構すきめだった
    結構エロいと聞いてたけど、飛行機で鑑賞したからなのか、全くそういうシーンがなかったように思う。多分カットされてたのかな?(笑)

    映画は普通に面白かった。
    驚きのストーリーやったなぁー。
    >|