ピンクとグレーの作品情報・感想・評価

ピンクとグレー2016年製作の映画)

上映日:2016年01月09日

製作国:

上映時間:119分

3.4

あらすじ

大人気スター俳優・白木蓮吾が、突然、死んだ。第一発見者は幼い頃からの親友・河田大貴。蓮吾に何が起きたのか? 動揺する大貴は、6通の遺書を手にする。遺書に導かれ、蓮吾の短い人生を綴った伝記を発表した大貴は、一躍時の人となり、憧れていたスターの地位を手に入れる。初めてのキャッチボール、バンドを組んで歌ったこと、幼馴染のサリーをとりあった初恋・・・。いつも一緒で、いつも蓮吾が一歩先を進んでいた―。輝…

大人気スター俳優・白木蓮吾が、突然、死んだ。第一発見者は幼い頃からの親友・河田大貴。蓮吾に何が起きたのか? 動揺する大貴は、6通の遺書を手にする。遺書に導かれ、蓮吾の短い人生を綴った伝記を発表した大貴は、一躍時の人となり、憧れていたスターの地位を手に入れる。初めてのキャッチボール、バンドを組んで歌ったこと、幼馴染のサリーをとりあった初恋・・・。いつも一緒で、いつも蓮吾が一歩先を進んでいた―。輝かしい青春の思い出と、蓮吾を失った喪失感にもがきながらも、その死によって与えられた偽りの名声に苦しむ大貴は、次第に自分を見失っていく。なぜ、蓮吾は死を選んだのか?なにが、誰が、彼を追い詰めたのか?蓮吾の影を追い続ける大貴がたどり着いた“蓮吾の死の真実”とは―。

「ピンクとグレー」に投稿された感想・評価

クワン

クワンの感想・評価

3.4
菅田将暉の天性の憑依演技力、見事。
夏帆はこの作品が転換点の破れ方。
中島裕翔も演技達者に囲まれて、追いつけないけど、
もがいているリアルな感じ、良かったと思う。
行定勲の狙いすましたセンスは感じられるものの、
吉田恵輔の「ヒメアノール」で魅せた、
度肝抜く劇中半ばの転換劇の迫力には敵わない。
上手いけど、突き抜けきらない。私のみならず、
この点数の意味なのかもしれない。

「ピンク」の前半は引き込まれて観ることができた。問題は「グレー」の後半。
一瞬、は?!!!なにが起きた?!!ってなります。本当に混乱します。しかも映像もグレーだから何が何だかわかりません。
他の人の解説を観てやっと理解。
分かりづらいトリックな映画。そしてお姉ちゃんとのシーンももう少し濃く表してくれないと分かりづらい。

原作と少し違うようなので原作を読んでみようと思う。

菅田将暉と夏帆が演技力高い。
ジャニーズの子も初主演で悪くはなかった。
R指定なしなのにベッドシーンやクラブのシーンがあってジャニーズファンの子大丈夫かと心配になった
良き
中島裕翔くん良かった期待を超えた
菅田将暉と夏帆がすんごい
んーーー、考えさせられる反省タイム入る
すごいわ
15歳

15歳の感想・評価

3.5
自殺シーンから斬新なスタートと、後半で突然のカットの声、今までは親友を演じていた主人公の映画化だったという最後まで予測できないストーリーにわくわくさせられた。
shino

shinoの感想・評価

-
舞台挨拶参加
たにし

たにしの感想・評価

3.5
おもしろかった。
途中で
は?!????、??!?んん?????え??!!???!
ってパニックになります🤯🤯笑
改めて1回落ち着いてから観たい
haru

haruの感想・評価

3.6
『開始62分の衝撃』

が、気になって視聴。
しかしながら、観ているうちにそのことをすっかり忘れてしまい、62分たって思い出しました(笑)

確かに衝撃的でした。
が...うーん、違う角度の衝撃を求めていたというか、本音を言えば衝撃なかった方が好みでした。

62分からガラッと変わる演出は素敵だと思いました。本当に色が変わったように別世界が始まります(実際色が変わるんですけども)。

原作者もジャニーズの方なんですね。
恥ずかしながら初めて知りました。
ayakawa

ayakawaの感想・評価

3.0
菅田将暉のオーラの違いがよかった!
モノクロはうたかたの日々を思い出した。
菅田将暉の演じわけがすごい。
夏帆は清楚なイメージが強かったので、性格の悪い役とか結構好き。
>|