しんご

ゴースト・イン・ザ・シェルのしんごのレビュー・感想・評価

3.5
酷評が多いが、内容・演出・人種面で制約の多いハリウッドで可能な限りオリジナルの要素を反映させた本作はファンからしてもかなり楽しめた。特に押井版シーンが劇中かなり扱われていたのには興奮した。光学迷彩でビルから飛び降りる素子や都市をバックにしての水溜まりでの戦闘シーンなど。

幅広い層の鑑賞に耐える目的のためか内容としては「いいとも!増刊号」の様ないわゆる総集編的な側面が強い。押井版の「GOHST IN THE SHELL」をベースにしながら、素子を始めとする公安9課の面々のキャラクター設定は「Stand Alone Complex」の影響が濃い。中でも荒巻を演じたビートたけしはオリジナルを越えた荒々しさでさながら彼の監督作に登場する極道アウトローの様相を呈している。「狐を殺すのに兎をよこすな」の荒巻のセリフには痺れた。

とはいえ...押井版で印象深い「人形使い」のエピソードが「クゼ」に代替された結果、オリジナルにあったような「義体」「電脳」の自我や魂の描写はかなり薄まっている。ストーリーも後半に進むにつれ、もはや「攻殻機動隊」として描かなくてもよいのでは?と疑問が浮かぶほど大味なアクション展開になったのは残念であった。関係ないけど、スカーレット・ヨハンソンは良くも悪くも体のラインにセクシーなメリハリがあり過ぎてとても「義体」には思えません笑。

ただ、そんな全体を踏まえても初めて「攻殻機動隊」を観ようとする方にとって格好の導入ムービーであることは間違いないと思う。その際には、是非吹き替えでの鑑賞を勧めたい。素子役の田中敦子さんを始め、アニメ版と同じそうそうたる声優陣が本作を吹き替えているからだ。