ゴースト・イン・ザ・シェルの作品情報・感想・評価

ゴースト・イン・ザ・シェル2017年製作の映画)

Ghost in the Shell

上映日:2017年04月07日

製作国:

上映時間:120分

3.2

あらすじ

世界でただ一人、脳以外は全身義体の世界最強の少佐率いるエリート捜査組織公安9課。ハンカ・ロボティックスの推し進めるサイバー・テクノロジーを狙う、サイバーテロ組織と対峙する。捜査を進めるうちに、事件は少佐の脳にわずかに残された過去の記憶へとつながり、彼女の存在を揺るがす衝撃の展開へと発展する。

「ゴースト・イン・ザ・シェル」に投稿された感想・評価

2017年4月7日金曜日 字幕版
ユナイテッドシネマ新潟
2017年4月11日火曜日 吹替版
J-max Theater
mktknk

mktknkの感想・評価

2.0
渡米時の飛行機で鑑賞。
ビートさん、あんた、記憶屋ジョニーん時に死んだはずじゃあ… なんて、まったくどうでもいい感想しかありません。
原作をまるで理解せずに撮ってしまったのかな?ボンタンアメを買ったら、オブラートだけ入ってたって感じでした。多分原作を知らないで見てもセンスのないブレードランナーって感じ。
すかよはかっこいい
Rie

Rieの感想・評価

3.6
アニメのつぎはぎ版という印象。

とにかくビジュアル面での再現度がかなり高い!
特に光学迷彩。まさにアニメそのもの。凄すぎ。義体も、機械らしさも人間らしさも持ってる絶妙な外見で感動。タチコマがいないのが残念~
他にも、ごみ収集車、水溜まりでのバトルシーン、少佐が水中にダイブするシーンの船の形、身体がもげるまで引っ張るシーン等々、思わずアニメを思い出してしまうほど似ている。

ただし、パーツは同じでも中身は別物。同じ登場人物、同じ見た目でも、設定が異なっているので全く新しい物語になってる。なんならクゼと人形使い混ざってるしw
私の好きな、賢くて強い少佐はどこに行ってしまったの・・・
でもまぁ、ハリウッドのアニメ実写化に、攻殻機動隊の小難しい話を求めるのも違う気がするけど。

話の中身は置いといて完成度の高い光学迷彩が観れたので満足!
そして、荒巻の演技の下手さよ!(笑)
ひろろ

ひろろの感想・評価

3.4
光学迷彩羨ましい。
芸者にダイブするシーンが好きです。そのシーンは、ロボットというよりも世界の神秘に手を出している気がして…人間はそこまでやってしまっていいのかと感じさせられましたねー。
これ映画館で観られたら良かったなってくらいCGが綺麗。
積み上がった団地…九龍城を思わせた。ハイテクなように見えてスラム街っぽい雰囲気もある街中も良かった。
ただ、ストーリーが薄いのか、映像しか全く頭に入ってこなかった…。
ところどころ日本の役者と日本語が出てくるのは、雰囲気もあり…でも紙一重。
だって、君の名は…モトゥコー!ヒ・デーオ!違和感。
スカジョとハイテクCG好きなら観て損はないです。
かりん

かりんの感想・評価

2.5
記録 原作好きなだけに……😅
途中から全くの別ものと考えて観てました😅
原作全く知らないせいか、普通に楽しめた。原作見てみたい。
みつ

みつの感想・評価

2.3
たけし
Hikari

Hikariの感想・評価

1.0

このレビューはネタバレを含みます

こ、これは…

主題となっている部分が原作と根本的に違うのではないだろうか…
これ、大丈夫なのかな…

全部スベってないかな…
ヒデオって…
復讐劇って…

なんで、黄色人種が義体化されるにあたって白人の外見に作り変えられるのかに説得力が全くないじゃない。
とゆうわけで私はこの映画を許さないでしょう!
>|