ゴースト・イン・ザ・シェルの作品情報・感想・評価

ゴースト・イン・ザ・シェル2017年製作の映画)

Ghost in the Shell

上映日:2017年04月07日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.2

あらすじ

世界でただ一人、脳以外は全身義体の世界最強の少佐率いるエリート捜査組織公安9課。ハンカ・ロボティックスの推し進めるサイバー・テクノロジーを狙う、サイバーテロ組織と対峙する。捜査を進めるうちに、事件は少佐の脳にわずかに残された過去の記憶へとつながり、彼女の存在を揺るがす衝撃の展開へと発展する。

「ゴースト・イン・ザ・シェル」に投稿された感想・評価

Go

Goの感想・評価

-
この映画見てねーんだけど『原作』と比較するレビュー書くのであれば 原作はアニメじゃなく講談社 ヤングマガジン海賊版に連載されていた士郎正宗先生のマンガだと知ったうえで書いて欲しい.
アニメ版はどれもまったく原作に沿ってはいない.
leomari

leomariの感想・評価

3.9
これはこれで面白い。
それはたぶん原作のテーマが面白いから。
最後の終わり方がなあハリウッドお決まりすぎてかっこつけすぎて冷めちゃうんだよなあ。
でも原作に対する愛は感じたし、イッヌの立体映像は可愛かった。
水曜日

水曜日の感想・評価

3.9
脳以外は機械の女性「少佐」が、直面する過去と機械化された自分の秘密。

原作やアニメは読んでないので、細かい差異は気にならずに鑑賞。スカーレット・ヨハンソンのサイボーグは、完璧な美としてアリだと思う。彼女の周りの人物も日本的な振る舞いと世界観を体現してる。

『レディ・プレイヤー1』といい、日本が構築してきた世界が海外のクリエイターに蓄積してきたのを喜ぶのと同時に、「ヲタク文化」がオープンになって、この先どうなる?と考えてしまった。

ビートたけしが立派な親分役を演じるが、非現実の連続の中で彼だけが現実っぽい。ラスト近くのアウトレイジな射殺が、「あぁ映画よね、これ」と思わせてくれる。
鈴屋

鈴屋の感想・評価

3.0
芸者のロボ めっちゃ怖いわ
攻殻機動隊とは別物と思って観ると、そこまで悪くはありません。
yuppi333

yuppi333の感想・評価

2.0
スカーレットヨハンソンがモトコというギャップがハマってなさすぎて、よくわからなかった。
Nakato

Nakatoの感想・評価

3.0
攻殻機動隊は、漫画原作と押井版は、全くの別物というのが、私の見解。この実写版は押井版の焼き直し。押井版はお得意の止画長ゼリフで原作の情報量をかろうじて保ったが、その辺はすっぱり割り切ったのは思い切りがいい。というか無理なんだろうね。トグサやイシカワに殆ど触れられて無いのが残念。
あと、荒巻はいろんな解釈があるなぁと。バトーの目はもう少し大きくてイイ。最後に「ネットは広大」のセリフは欲しかったなぁ。
タチコマ不在・・・
mayu

mayuの感想・評価

3.7
こういう世界観とても好き
ビートたけしが嫌いだからなんで出てるんだって思ってしまった
mukoryo

mukoryoの感想・評価

3.0
スカーレット・ヨハンソン、2003年「ロスト・イン・トランスレーション」で東京・新宿でのストレンジャー感がよく出ていて印象的だったのに時を経てついに日本人役!演技のオーラで不思議と日本人に思えてきた。ジュリエット・ビノシュはフランス語のままでもよかったのでは? 攻殻シリーズは「イノセンス」だけ観てました。ブレードランナー的な未来都市を漫画やアニメに取り入れるのは理解できるのですが、それをさらに実写に戻すのはかなり難しい。最初は香港の映像を加工してるんだなと思ったら、だんだん加工度が薄くなって普通に香港の街でロケしてるだけになってた。あの墓地は香港映画でもよく出てきますね。銅鑼湾怡和街の天橋は原作にも出てくるのでしょうか?…といったところばかり目について後半内容に集中できず。ゲイシャロボットの怖さと造形は良かった!
>|