ゴースト・イン・ザ・シェルの作品情報・感想・評価

ゴースト・イン・ザ・シェル2017年製作の映画)

Ghost in the Shell

上映日:2017年04月07日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.2

あらすじ

「ゴースト・イン・ザ・シェル」に投稿された感想・評価

擬体のスカヨンが
ゴツすぎ

"ビート" キタノ タケシ

アンド

モモイ


記憶とは何か?
心とは何か?
人間とは何か?

ここ10年ぐらいは
こんな話題で盛り上がる
のかも知れない

ブレードランナー1.8
Miya

Miyaの感想・評価

3.2
世界観は好き
wanda

wandaの感想・評価

3.4
Amazonプライム配信終了しそうだったので、なんとなく鑑賞(ちなみに、原案の攻殻機動隊の事は全く知らないです)

見ていて、ブレードランナー2049を思い出した。
自分は一体何者なのか?アイデンティティーをめぐる物語。世界観も似てるし(しかも同じ年に公開してる?)

原作見てないからなのかもしれないけど、私はこの映画好きかも。自分の本質を探る話って、どんなジャンルであれ普遍的なテーマなんだろうな……だからこそ、胸を打つ決定的な何かが欲しかったのは正直なところだけど。原作つき映画で、これ一本を独立して観るのなら、ストーリーは全然嫌いじゃないです。
bluefilmr

bluefilmrの感想・評価

3.7
ストーリーが釈のせいか明解で、昔観たイノセンスの内容がようやく理解出来た感じ

スカヨハも話題でしたが
ビートたけしが良い味出ててかっこよかった
刀でも拳銃でも持たせるとヨーダ的ラスボス感ありますね、、笑

退廃的近未来感は相変わらず
あの民俗的音楽もあり
カラクリ、団地?、和洋折衷感もよい

透明になるバトルシーンのCGが凄かった

少佐、モトコの記憶と存在の関係性のセリフがよかった
海外の人が抱く日本のイメージって結構アレというか偏ってますよね
原作を観てるから残念かな😢
watarihiro

watarihiroの感想・評価

2.2
体がサイボーグ(義体)化するのが当たり前の近未来。脳以外が全てサイボーグのミラ少佐が率いる公安9課はハンカ・ロボティクス社に対するサイバー攻撃が起こった。それに対応するミラ少佐だが、自分の記憶に異変が起きる。自分は何者なのか。その真実を知るため、自分のための戦いが始まるが、、、。

原作を知らずに鑑賞。
街並みはブレードランナーを思い出させてくれる情景で少し興奮覚えますがやっぱブレードランナーの方がいいです。あの薄暗さととても重たい音楽がいい緊張感を生み出してくれたからです。

スカーレット・ヨハンソンと他の役者さんたちは英語で喋ってビートたけしだけ日本語。しかも聞き取りづらい。結構違和感が残る作品でした。

アジア人キャラクターの役を白人の役者を起用してホワイトウォッシングだと批判されてましたが、それだったら全部舞台もキャラもアメリカにすればよかったのかなと思いました。
misuya

misuyaの感想・評価

2.0
原作もアニメも見とらん予備知識も皆無。
世界観はブレードランナー
ビートたけしが出てきた時点でJM
アイ・ロボット要素
桃井かおりも出てたのか~

原作やアニメのファンの方々は色々あれだろうなと想像しながら見ました。
>|