ゴースト・イン・ザ・シェルの作品情報・感想・評価

ゴースト・イン・ザ・シェル2017年製作の映画)

Ghost in the Shell

上映日:2017年04月07日

製作国:

上映時間:120分

3.2

あらすじ

世界でただ一人、脳以外は全身義体の世界最強の少佐率いるエリート捜査組織公安9課。ハンカ・ロボティックスの推し進めるサイバー・テクノロジーを狙う、サイバーテロ組織と対峙する。捜査を進めるうちに、事件は少佐の脳にわずかに残された過去の記憶へとつながり、彼女の存在を揺るがす衝撃の展開へと発展する。

「ゴースト・イン・ザ・シェル」に投稿された感想・評価

Masa

Masaの感想・評価

2.5
作り込んでいるのだが,どこか残念感を感じるのはなぜでしょう。キャストやビジュアルが違っていれば,マトリックスやブレードランナーにも負けていなかったかも。
アイアンマンのブラックウィドウ役のスカーレット・ヨハンソンはカッコよかったが,今回は・・・ 黒と白のコスチュームの違いで体型も違って見えます。
Turkish

Turkishの感想・評価

3.2
がっかり感はなく、これはこれでよい。
攻殻機動隊を楽しむならアニメを見ればよい。
そんな感じです。
義眼はサングラスで隠せばいいんじゃないかな?ということくらいしか記憶にない。
あれ?
ネットワークの海に統合だか同一化だかしなくていいの?
1番の主題があさってじゃない?

吹替の問題かもだけど「正義」って言葉が出てきたのも違和感。

たけしが銃撃って見下ろすカットと桃井かおりが出てきたのにはテンションが上がった。ビジュアルとかしっかりボディのスカヨハとかは僕はむしろ好きでしたけど、多脚戦車、オメーはダメだ!
ゆうこ

ゆうこの感想・評価

3.5
アウトレイジww
Eri

Eriの感想・評価

2.8
北野武が苦手なのと、海外日本ミックスの違和感からこの点数。

このレビューはネタバレを含みます

WOWOWにて。
アニメ版すきで、全く期待せずに見たけど素直にSF映画として面白かった。

アニメに比べると考察しがいがない=世界観が浅いっていうのは残念なんだけど、エンターテイメントとしてはこれで正解だと思った。
光学迷彩での戦闘シーンもよく出来てたけど、最後の戦闘はスピード感スリル感物足りなかったかなぁ。
とてもよく出来ていると思います。アニメ版とは似て非なりです。スカーレット・ヨハンソンの光学迷彩スーツにドキドキします。
rodegin

rodeginの感想・評価

3.5
押井守オマージュ感でした。
アニメが良く出来ていたので
それを越えたかと言うと越えていない。
UdoYosuke

UdoYosukeの感想・評価

2.8
世界観はちょっと難しいけど
見てると何となくは分かってくる。

押井守的な哲学要素は
だいぶ排除されていたように思う。

スカヨハが好き。(唐突)

アクションがめちゃめちゃすごいとか、
裏切られる展開とか、
なんでもいいんだけど、

突き抜ける要素が無かったように思う。
>|