ゴースト・イン・ザ・シェルの作品情報・感想・評価

ゴースト・イン・ザ・シェル2017年製作の映画)

Ghost in the Shell

上映日:2017年04月07日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.2

あらすじ

世界でただ一人、脳以外は全身義体の世界最強の少佐率いるエリート捜査組織公安9課。ハンカ・ロボティックスの推し進めるサイバー・テクノロジーを狙う、サイバーテロ組織と対峙する。捜査を進めるうちに、事件は少佐の脳にわずかに残された過去の記憶へとつながり、彼女の存在を揺るがす衝撃の展開へと発展する。

「ゴースト・イン・ザ・シェル」に投稿された感想・評価

ブラックウィドゥのイメージがつきすぎてるせいかどうも期待値が上がってしまうんですよね。
映画館でも観ましたが2回寝た記憶があります。自宅でくつろいで観ると睡魔は襲ってきませんでしたがアクションがルーシー以下、これも面白いところでマーベルもゴーストもルーシーも女優は同じなのに監督が違うとこうも違うのかと。やはり皆さんストーリーもそうですがスカヨハのアクションも求めてしまいますよね。
こうなんというか悪役にグッとこないというか四脚ロボにもグッともこないですね。スカヨハのエロとかっいいのキワキワの境界線のちょうど上ぐらいの美しいボディーライン、つまりエロいのにエロくない絶妙のデザインは煩悩を捨て去ってくれます。
それが逆に睡魔が襲ってくる原因だと思いました。
エロかったらあんた寝ないのかというとそうでもなく脚本にも刺激が足りませんよね。
インフィニティーウォーにすこぶる期待です。
カスミ

カスミの感想・評価

3.9
おもしろかった〜
CGが凄すぎてアニメみたいだったけど主人公がメチャメチャ美人で良い
Kosuke

Kosukeの感想・評価

-
トグサのマテバ、バカかっけぇ

原作知らないからそこそこ楽しめたけど、大部分はビートたけし×チャカの迫力に見応えを感じていたんじゃないだろうか。
原作見ないとなぁ。
chanrisa

chanrisaの感想・評価

3.6
キャストが総じて美しいので観ていて楽しい。

近未来的でカオスな背景が、好みにドンピシャでたまらなかった。ブレードランナーを思い出させる。香港に行きたい。

原作未視聴なので、主人公の過去が明かされていくストーリー展開にもハラハラできた。

ただ、悪の描かれ方はかなり粗雑に感じた。最後の戦いのシーンはも同様に雑。
Soichfork

Soichforkの感想・評価

2.5
近未来的な映画は好きだけど、これは…










すべてがブレードランナーの超絶劣化版に見えるし、ストーリーも浅いから記憶に残らない。とりあえずたけしのセリフが全く聞き取れないから字幕付けてほしかった。
うめ

うめの感想・評価

3.6
何も期待せずに観たら意外と面白かった。
スカーレット・ヨハンソンの本名と母親役には、ビックリした。
正直見てないです
が、北野武がボソボソ喋りすぎて何言ってるかわからんっていう評価をみて見たくなくなりました
まちこ

まちこの感想・評価

3.0
攻殻機動隊は浅ーーーーくしか知らないから
観れたのかも?
雰囲気ブレードランナーみたい。

たけちの「人は個性を美徳とされて、初めて安らぎを見出せる。」メモメモ

吹替が豪華で良い。
はせ

はせの感想・評価

3.5
製作者たちの原作愛が詰め込まれた作品。香港でロケして原作の構図完全再現とかしてますよ!並大抵の愛じゃないでしょう。また、作家性を排除して毒にも薬にもならない脚本に落ち着いてしまったけど、「攻殻機動隊ハリウッド実写化」が『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』への間口を拡げた&再注目されたことは事実だ。実際ここにその一人がいるわけで。待ち続けていた往年のファンには不満たっぷりかもしれないが、決してデビルマンやドラゴンボールのような負の遺産が生み出されたわけではない。原作への愛とシリーズへの入門しやすさの2点についてはしっかりと評価したい。逆に言うと、これを観たのに『GHOST IN THE SHELL』という大傑作をスルーしちゃってるって言うのは非常にもったいないことをしてるなぁと思います。
北野武以外が撮ったビートたけしってほとんど初めて見たかもしれない(未だに『血と骨』を観てない…)。めちゃくちゃカッコいい見下ろし銃撃するし全然荒巻っぽくなくて大友か何かだと思うんですけど。
バトーがBARで親指押して決済してたのめっちゃ羨ましかった。いつになるかわかんないけど実用化してくれ笑
bambi

bambiの感想・評価

-
原作知らないけど
登場人物がそれぞれちょっと薄っぺらかった気はする
桃井かおり好きなので嬉しい
>|