ゴースト・イン・ザ・シェルの作品情報・感想・評価・動画配信

ゴースト・イン・ザ・シェル2017年製作の映画)

Ghost in the Shell

上映日:2017年04月07日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.2

あらすじ

「ゴースト・イン・ザ・シェル」に投稿された感想・評価

シリーズすべてを観ているファンからすると、どうしても思い入れがあるので不満を感じちゃうけど、原作未見の方の感想が気になる。
アニメファンへのサービスシーンが多く、ビルから飛び降り光学迷彩、スラム街水たまりバトル、多脚戦車の蓋こじ開けなど目白押し。
ストーリーはかなりわかりやすくなっていたが「わかりにくさ」がカッコよく魅力的な作品なのでこれはちょっと違うかなと。
映像は悪くないんだけど、なんだろう、鮮明なのは派手で見やすくていいのだが、そのかわりムードが喪失してしまった。
字幕版で観たが、吹き替え版は実際の声優がキャスティングされていたようで、そっちの方がよかったかなと思った。
外国人からみる謎の日本感。

街の広告とかブレードランナーのオマージュ?


義足をつけている人は人間だと思う。
では、脳以外義体だったら人間と呼べるのか???

今でも事実として、メガネやコンタクト、車や飛行機、スマホで人は人間としての能力を拡張している。

この流れが進んでいくとこの映画の様な世界に行き着くのかなぁとおもいました。
RIMI

RIMIの感想・評価

2.5
原作が好きすぎて、、、ごめんなさい。
ももいかおり素敵!
方眼

方眼の感想・評価

4.0
オリジナル漫画と押井版にそれほど強い思い入れがあるわけでもないので、吹き替えで見たこのハリウッド実写版、予想よりは良く出来ていると感心した。各場面も丁寧に作り込んで撮られているし、演技もよい。肉感的になってしまった映像も、吹き替えで逆にパキパキと薄められて、ちょうど良かった。作り手側のほうが、自我がどうの、というテーマに偏重してないやり方、これはこれで原作をリスペクトしているのではないか。日本人の擬体を西洋人が演じることも、メタ的に巧く処理していたし。
あっさりし過ぎ…(´・_・`)
AO

AOの感想・評価

4.1
映像!!!
yu

yuの感想・評価

2.5
スカーレットが美しいから見てました。
えあ

えあの感想・評価

3.3
【2020年111本目】
初見のつもりで鑑賞、が不思議体験。

5分後:なんか見覚えあるな、でもストーリーとか全然知らないし。

20分後:あれなんだこの断片的な記憶、いやでも観たことないぞ、こんな映画観たことない。

クゼとご対面:いや、観たことある。これそそのかされるシーンだ。

桃井かおり:はいはーい、カンペキ観たことありマース!

私、観た映画を忘れたことまずありましぇん。しかしこの「ストーリーを追うごとに記憶を取り戻す感覚」は完全に主人公の追体験じゃないですか!

【その他感想】
たけしリスペクトだけど滑舌悪すぎて聞き取れない。桃井かおりは英語セリフ上手いですね。スカヨハヨシ。

結局いつ観たのかはいまだに思い出せない。前世かな🙄
>|