アイヒマンの後継者 ミルグラム博士の恐るべき告発の作品情報・感想・評価

アイヒマンの後継者 ミルグラム博士の恐るべき告発2015年製作の映画)

Experimenter

上映日:2017年02月25日

製作国:

上映時間:98分

3.2

あらすじ

アイヒマン裁判がはじまった1961年。米・イェール大学で、世界を震撼させたアイヒマン実験が行われようとしていた。ユダヤ系アメリカ人のスタンレー・ミルグラムは、“なぜ、どのようにホロコーストが起きたのか” “人間はなぜ権威 へ服従してしまうのか”を実証するため、電気ショックを用いての実験を繰り返し行う。その結果は、ハンナ・アーレン トが提唱した「悪の凡庸さ」を科学的に実証し、被験者だけでなく社会全…

アイヒマン裁判がはじまった1961年。米・イェール大学で、世界を震撼させたアイヒマン実験が行われようとしていた。ユダヤ系アメリカ人のスタンレー・ミルグラムは、“なぜ、どのようにホロコーストが起きたのか” “人間はなぜ権威 へ服従してしまうのか”を実証するため、電気ショックを用いての実験を繰り返し行う。その結果は、ハンナ・アーレン トが提唱した「悪の凡庸さ」を科学的に実証し、被験者だけでなく社会全体に様々な影響と波紋をなげかけることになる。実験の方法を学会から非難され名指しで攻撃されながらもミルグラムは、人間社会のタブーを曝け出し、人生を懸けた実験に挑むことになる。

「アイヒマンの後継者 ミルグラム博士の恐るべき告発」に投稿された感想・評価

服従実験
1984

どこまでが
真の自分の意思なのか
操り人形なのか

まあ

どちらでもいいけど

自分の仕事をしただけだよね
ミルグラム実験。
誰でもアイヒマンになりえる。
実験を倫理で否定するのではなくて、常に考える事が大切だと思った。
IKUKO

IKUKOの感想・評価

3.2
観ていて愉快な話では全くないけど、興味深い話ではある。

自分が同じように実験されていたら、間違いなく結果は同じだと思う。私は違う!なんて思えないところが自分自身に不快ではあったけど。

でも、外からみてる分には興味深い結果が出るんだなぁって思った。

そして、この作品の撮り方も少し実験的に思えた。
コレは実に考えさせられる
心理学者が被験者を指示内容を残酷なでも受け入れていくか試したお話

「他人の要望を遂行する道具のようになるのです」
空

空の感想・評価

3.2
映画としてどうかより、この実験が面白い、というか興味深い

人は誰でも恐らく社会に生きている人は若干の強制があれば残虐なことが出来る。自主的でないという言い訳さえあれば

これは本当に恐ろしいことだけどまさに事実だろうし、いつも考える戦争なんてことになっている時に人はその命令に逆らえるか、という疑問に答えをくれる

では、自分はどうか

最後は自分はどうできるか?
だけなのだよね

自分が「これはできない」と言える心持ちを持てるようにするにはその自由を持つにはどう生きたらいいのかを問いかけられた
ドラマ性よりドキュメンタリー感が強くて、実験のことも知ってたからあまり楽しめなかった。でもアイヒマン関連の作品見たくなった。
これが実話

人の心とは。


エレベーターの実験
笑えた。
naomi

naomiの感想・評価

-
この実験は当時、かなり世間からバッシングを受けたらしいけどとても興味深く感じた。こわいと感じたのは自分もこの実験の被験者だったら、大多数の人間たちと同じようなことをしていたのかなと思ったから。実際その場に立ち会ってみないとわからないことだが…。

本作で登場した『代理人状態』という言葉が突き刺さる。この実験をした人たちの心理と同じものは、ナチスの大虐殺、テロ、戦争など、これまで至るところに存在していたのだろう。平和に思う日常にさえ、この心理が人々の中に紛れもなくあるとするのなら、自分の頭で考えることの重要性がいかに大事かということがわかる。

個人的には『スモールワールド』の実験はおもしろいなぁ、と。世界中の人々の間には生涯会わなくても゙6次の隔たり”しかないという話。あと、主人公がスクリーンの中からこちら側の世界に話し掛けてくる演出もいい。
実話。あのナチスドイツのアイヒマンの非道な行いを実験で試した有名なお話。上司から命令されれば酷い事も出来るのかな?それを実験で試したミルグラム博士は勇敢です。周囲からバッシングされるのは必然だもんね。しかし観客に語りかけて来るタイプの映画は珍しい。
>|