モーリージュン

ロマンスのモーリージュンのレビュー・感想・評価

ロマンス(2015年製作の映画)
4.0
タナダユキ監督、またまた傑作を届けてくれた! 別に大仰じゃないけど、日本映画のやれるべきおいしいラインをちゃんと俯瞰した上で、バランスの取れた日本映画らしさを料理できるタナダユキ監督の才覚はほんとありがたい存在だなと思う。この作品を見て改めてね。

とりあえず大島優子すごい。その役にハマりきれる匿名性もあるし、物語を転がすちゃんとした推進力もある。何よりシャツ一枚でベッドではだけた時の施しと憐れみを与えるような目つき。あれはまだ見ぬ大器がいよいよ化けそうな瞬間だった。

大倉孝二も良かった。飄々としながらでも頼りがいはある感じ、口説かれてるんだけど気の置けない感じ、まさに大倉孝二そのもののパブリックイメージが結実したキャラクター。あの口の上手さとキャリアがあれば実際モテるでしょ。

杉作さんのデブ自虐の件とか、そば屋でのやり取りとか、ラストの大倉孝二が交番を眺めて何かを決意する行間とか、いっぱい好きなシーンあったなあ。キャスト冥利に尽くほど、その個々のキャラクターを引き出す脚本が素晴らしい。