ノラネコの呑んで観るシネマ

エール!のノラネコの呑んで観るシネマのレビュー・感想・評価

エール!(2014年製作の映画)
3.3
自分以外の家族全てが聾唖者という家庭で育った少女が、家族への愛と歌手への夢の間で葛藤する。
メインプロット自体はシンプルなのに、全体にコメディタッチで色々賑やかしを入れたくなったのか、本筋に絡まないサブエピソードがやたらと多く、とっ散らかった印象。
お父さんが市長に立候補したり、お母さんがエッチしすぎて膣炎だったり、弟はアナフィラキシーショックを起こしたり、はたまたクラスのカッコいい男子との初恋ネタやら、歌の先生の過去やら、不要な小ネタを盛り込みすぎ。
お母さんとの美容院行く話しはどうなったんだよw
これ「奇跡のひと マリーとマルグリット」で好演した実際に聾の女優、アリアーナ・リボワールが「聾唖の描き方が嘘だらけ」と厳しく批判していたが、それ以前に主人公の一家のキャラがエキセントリック過ぎるし、行動原理ブレすぎ(特にお母さん)w
学校の発表会やオーディションのシーンの映画的な工夫は良かっただけに、もうちょっとお話をテーマに集中させて欲しかった。