ぐみちょこ

エール!のぐみちょこのレビュー・感想・評価

エール!(2014年製作の映画)
4.4
今年一番泣きました。
4人家族の長女ポーラは自分以外聴覚障害を持っている家族と暮らしている。気になる男の子がきっかけで入ったコーラス部で音楽の才能を開花させるが...。

デリケートな題材をうまく笑いに変え、日常のコメディも下ネタ満載!あらすじを見たときの印象と全然違っていたので驚きつつクスリとできましたw

この作品は何と言っても主人公が魅力的だと思います。最早歌声の素晴らしさは言うまでもないのですが、真っ直ぐで家族思いなポーラ。彼女の抱える夢は家族に理解してもらうには壁が厚く、気持ちが伝わらないモヤモヤを抱えながらも家族を愛する姿は誰しもが応援したくなるはず。

弟の恋愛や選挙が話に収まりきらなかったのが残念ですがそれを差し引いてもラストの良さで全部持って行かれてしまいました。ずるいけどこれが観たかったんだ!

音楽、フランス映画、家族愛、旅立ち、と自分の好きな要素が詰まっていただけに大好きです!