ぐるぐる映画

エール!のぐるぐる映画のレビュー・感想・評価

エール!(2014年製作の映画)
4.5
愛の国フランスだからこそ描ける家族愛をテーマにしたヒューマンドラマ。

フランスの田舎町で酪農を営む一家に父、母、弟と暮らすポーラ。好きな男の子がコーラス部に入ったからという単純な理由で自身もコーラス部へ。

しかし、ポーラはズバ抜けた才能を持っていた。その歌声を聴いた音楽教師はその才能を見出しパリの音楽学校のオーディションを受けることを勧める。ポーラ自身も心を動かされ夢に胸をふくらませる…

親というものは子供の夢を叶えてあげたいという気持ちから背中を押し支えてくれる存在。

しかし、この家族はちょっと違う。
なんとポーラ以外が聴覚障害を持っているのだ。父も母も弟も。

彼女は幼いころから家族の耳となり口となってきた。
今まで彼女を頼りに生きてきた家族からしたら生活が困難になってしまう。それに加えて、彼女の歌声を聞く事が出来ない。その為に彼女の歌の才能を信じられず大反対してしまう。
そんな、自身の夢と家族との関係に悩んだ末に決断を下していく…

重い話のように見えるが、これがそうでも無い。重いテーマなはずなのに物凄くポジティブな映画で笑って泣ける素敵な映画なんです。障害者を明るく描ける辺りはフランス映画ならでは。

ポーラを演じるのは人気オーディション番組で注目を集めた新星女優ルアンヌ・エメラ。この人の歌声がまぁー凄い!

心をグッと掴んでくるような素晴らしい歌声で、思わず目頭が熱くなった。

終盤での歌声はたまらなかった。彼女の歌声や歌の持つ力と家族の愛というものが乗っかり思わず涙腺崩壊。そして、ラストのシーン。演出含め、あれはたまらない。またまた涙腺崩壊でした。

この映画は是非とも劇場で見て欲しい。
きっと彼女の歌声があなたの心に届くはず。