Mii

エール!のMiiのレビュー・感想・評価

エール!(2014年製作の映画)
4.0
もっと早く観とけばよかった!
とてもいい映画でした!

両親と弟が聾唖者という農家の家庭に生まれた少女は、自分だけが唯一聴こえる。
だから彼女がいつも家族と社会との“通訳”をして、ずっと家族を支えてきた。

なんて書くと哀しい感じですが、
そういう悲哀はほとんど描かれません。
逆に下ネタ満載、おさかんな両親や友だち、“普通”の人たちよりもっと人生謳歌してる家族が描かれています。

そんなある日、彼女には天性の歌の才能があることが分かります。でも家族は聴こえない。娘の才能が分からないために、歌手の道にすすもうとする娘に大反対。

学校での発表会のシーンで、実際に音が消え、映像だけで彼女の歌を体感するところでは、歌は聴こえてないんだけど彼女の表情がすばらしくって、心が震えて涙が止まりませんでした。憎い演出だったなー。その先は、もうあの子が歌うたびに涙、涙。
父親が娘の才能に気づく場面で涙、涙。
オーディションに選んだ歌の歌詞もまたすごくよかった。
また観たい映画。ハッピーになれる映画。

ただ一つ言いたいのは、邦題がダサくないですかということ。エール!って、いまいちだなあ。あらすじは気になってたけど、いまいち観ようと思えなかったのはタイトルのダサさもあったのでした。