ソング・オブ・ザ・シー 海のうたのネタバレレビュー・内容・結末

「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」に投稿されたネタバレ・内容・結末

絵本の中に入ったような気分になる
特に背景が美しい昔ながらの絵本のタッチという感じ。

子供も絵で楽しめると思うけど、
大人のほうがずっと身にしみると思う。

切ないねぇ

見ている間も、こういうことなのかな?とか見た後も、こういうことかな?と考える
想像を膨らませるられる映画
幻想的な背景と、ポップなイラスト。魅入っちゃう。

アイルランド神話が元らしいけど、「古事記」にも似たような話ある気が。(アザラシではなくサメ)興味深い。

フクロウの魔女と、おばあさんのキャラをわざと重ねて、最後は「オズの魔法使い」みたいに夢でしたってオチかと思ったら
現実という。
夜、寝る前に観てね、という映画。

キャラクターがなんもかも可愛い。
動物がみな可愛い。
アザラシ達がダントツ可愛い。
海に何匹もプコプコ浮いてるとことか。

妖精のじいさん達も、フクロウ魔女のばあさんも可愛い。
フクロウ魔女は、なんか『千と千尋の神隠し』の湯婆婆を彷彿とさせたw

この作品の世界のすべてのデザインがひとつひとつ綺麗で
「おぉ、そーゆー表現する!」という発見があり見飽きない。

ストーリーの方は、
父親とともにずっと灯台暮らしだった幼い兄妹が、
ババアに無理やり街に連れてこられたものの、
魔法の光の導きで、冒険しながら灯台の家へ帰ってく…話なのだけど。

主人公の男の子が、母親(失踪)から聞かされた神話に出てくる登場人物たちに会いながら冒険してく流れは、やっぱワクワクして観たなー。

アイルランド神話知らんけどね。
それでも、
男の子が「母さんの言った通りだ!」と、実在したんや!と感激するところは
つられて「実在したんや!」って気持ちになりました。
ラピュタあったんだ的な。

石にされた妖精のじいさん達とか
怖いけど会ってみたいw
アザラシがかわいい。音楽と背景が綺麗。マカがどんな恐ろしい化け物なのかとドキドキしてたら、こぢんまりしたお家に住んでる怖めのおばさんだった。想像と違ったけど怖かった。お母さんとお父さんの前日譚もちょっとやってほしい!
お母さんの声は穏やかで優しくて、
シアーシャの歌声は祈りのように美しく、
ベンは気弱なところもあるけど、妹の為にと動き出す。
ベンがお兄ちゃんしてるところ、とっても好きです。
なんだかんだ言ってお兄ちゃんしてるの、どうしようもなく抱きしめたくなる。ベン泣かないで…!
仲良くやってけそうでよかったなあ。ベンはお母さんの歌、シアーシャはお母さんの貝を吹くんだね。貝はないけど、今度は一緒に歌えるといいね…

愛らしいキャラクターデザインや、絵本のような世界観に、つい観入ってしまいました。光の線がたくさん動いていて夢のようでした。

エンドロールで流れる歌も、子守唄のように優しくて
夜聴きたくなりました。
大切な人に教えてあげたくなる映画。
クーは水に溺れて死んだと勝手に思っていたので、再会シーンでめっちゃ感動しました。
映像も音楽もストーリーもすべて綺麗な映画

悲しみを捨てずに抱いたまま生きることの大切さ
フクロウの魔女の部分がぐっときた

おばあちゃんとマカはかぶる部分があって、そういう表と裏の設定を絶妙にかぶらせてるところも素敵だった
長い時間を海に削られて垂直に切り立った崖、強い海風にさらされて一方向に曲がった木々、晴れているようで曇っていて雨が降りそうにもなってと目まぐるしく変化する天気、大昔に氷河が後退するときに削られてできたドラムリンと呼ばれるなだらかな丘陵、あちこちに立ってるマリア像、こういう風景を見ると、ああ、アイルランドだなあと思う。特に西側の。

セルキーと呼ばれるアザラシの妖精と人との異類婚の話はアイルランドやスコットランド、北欧あたりにあって、日本の羽衣伝説との類似もある。セルキーは海から離れられず結局婚姻が破綻することが多いので、基本的にはかなしい物語。この映画ではそのへんがどうなるのかな、と思いながら見た。

ブロナー(妻)とコナー(夫)の関係性でみれば、やっぱり悲恋の話。

おばあちゃん(母)とコナー(息子)は、マカとマクリルとの対比で表現されていたように思う。両者の風貌が似ているし。ひとことで言うと和解の物語かな。あるいは齟齬の修復。

シアーシャ(妹)とベン(兄)も、ひろい意味で和解の物語にみえた。兄妹になっていく話。きちんと危機を乗り越えていった。えらい。

一般にセルキーの伝説は親世代の視点で語られることが多いので、そうするとやっぱりかなしい話になりがち。それを子どもたちの視点に置き換えることで未来につながる話に昇華してるんじゃないだろうか。

シアーシャの立ち位置というか、彼女の生死が結局どういう影響をおよぼすのかというのは、作中ではあんまりはっきり説明されていないように感じた。前作の『ブレンダンとケルズの秘密』でもそうだったけど、この監督さんは説明的な表現をスパッと省く傾向にあるなー。
ジブリの影響はひと目でわかるし、波の表現も浮世絵を参考にしてるのかなと思われるシーンもあった。映像と音楽は総じてすばらしかった。

ただベンが瀕死の妹を抱えてクー(ゲール語でそのまんま”犬”の意味)に乗ってるときのあの笑顔は笑顔すぎてなんだか。すっげーーっとわくわくする気持ちはわかるし、少年らしいといえば少年らしいけど。


あと固有名詞とか専門用語についてすこし。まちがっていたらご指摘ください。

・マカ(Macha)とマクリル(Mac Lir):もとはどちらもケルト神話のかみさま。設定はかなり変更してある
・ティル・ナ・ノーグ(Tír na nÓg):西の方にある妖精の理想郷
・ドゥラマン(Dúlamán):有名なナンセンス歌
・ディーナシー(Daoine Sídhe):アイルランドの妖精。人々は「ディーナ・シー」と直接的に口にするのをさけて”他の民”とか”良き人”とか遠まわしに表現するならわし
・シャナキー(Seanchaí):もともと神話・伝説・歴史を語り部として口承で伝える人をさす。それを作中では妖精の名に適用していると思われる

2019/04
設定の説明が足りなくてんんん?となった
レビューをみたら、アイルランドの神話なんだね

兄妹の関係性はあるあるだなぁ昔の自分のようで目を伏せたかった😇
もし私に子供ができたら、一番身近な弱者に優しくできるような人になってほしいな

柔らかい繊細な光が印象的だった
きれいなアニメーションだった。
あざらしの妖精の話は全然知らなかったので少しわからないところがあった。映画を見ながら調べた(^-^;
普通は「敵」として戦う相手であるフクロウの妖精も、恐ろしいだけの化け物じゃないから退治するものではなかった。そんな部分に優しさを感じる物語。きょうだい仲良くなるのがすばらしかった。
大人こそ楽しめるアニメだった。
>|