ロング・トレイル!の作品情報・感想・評価

「ロング・トレイル!」に投稿された感想・評価

天狗

天狗の感想・評価

3.3
ロバート・レッドフォードとニック・ノルティが旅に出る、という段階ですでに自分の中でかなりハードルあげて観てしまった。

高齢者2名による無謀なアパラチアン・トレイル。

道中さまざまなことが起こりますが、そこは高齢者。崖に転落して万事休すでも、まあどうせもうじき死ぬんだし、みたいな楽観?達観?

観終えて感じたのは「生への執着」が世の中の諸悪の根源なのかも知れない、ということ。生への執着が欲を生み、その欲が争いにつながり...

その意味でわが国も含め世界の多くの国が突入し始めている超高齢化社会というのは「生への執着」が希薄化し、そのことで「争い」も減っていく平和な社会なのではないか、みたいなことを考えました。
ケーブルテレビの録画で。いい映画だった。アパラチアン・トレイルすごいな。かの国のアウトドア文化の成熟ぶりを見せつけられました。彼らのような境地に至るにはまだしばらく時間はあるかもしれないが、ああいう旅はしてみたい。
そうそう、音楽も良かった!
なつん

なつんの感想・評価

3.0
面白かった。
トレイルしたくなっちゃう😀
粉雪

粉雪の感想・評価

4.0
面白かった!おじいちゃん2人が山歩きしているだけなんだけど、それが何とも面白い。
雄大な自然を長年疎遠になってた悪友と歩く。
ちょっとした出会いや、アクシデントが重なって、疲れきっているはずの2人が逆に生き生き見えてくる。俳優陣も豪華だけど、ストーリーも良い。音楽も素敵。
自然保護的な台詞が少し入ってるのは、レッドフォードらしいなと思った。また見たい映画。
zak

zakの感想・評価

4.0
紀行作家ビルが、40年振りに再会した悪友スティーヴンとアメリカの長距離自然歩道「アパラチアン・トレイル」の踏破に挑戦するロードムービー。

まずこの自然歩道の距離が約3500kmあるんですけど、実際どれぐらいの距離かピンとこなかったので調べてみると、まさに日本列島と同じ長さでした!(直線距離ではなく、弓なりの形に沿った距離で)

スケールが違います。
軽々しく歩いてみたいなとか思ったんですけど、重いリュックを背負って山道歩くのは困難を極めますよね。

ましてや水や食料どうすんの?とかトイレ、お風呂は?とか、洗濯は?とか文明社会に慣れた生活をしてると、とてもじゃないけど無謀ですよね。

しかし、やはり圧倒的な大自然の景色は素晴らしくて、そして爺さん2人のやり取りも微笑ましかったり、憧れたりする部分もありました…自分がこの歳になるのはまだ何十年か先の話なんですけど、実際そうなったらどうするんだろう?って感じで、妙に感傷的になっちゃいました…

なので、個人的には少しスコア高めで…(笑)

旅は人生と同じ。
結果じゃない。
ベストを尽くせば、それでいい。
寅さん

寅さんの感想・評価

4.0
ロバードレッドフォード主演
原題A walk in the woods、森の中を歩く

ラストシーンの「お次は何かな?」これは手紙の一言だ。
今回の緩い旅だが二人の関係と各々の人生の再出発地点となった。
お次は何かな?で今後の彼らの想像をするのが楽しい。そしてそれが自分自身の今後ともリンクしている気持ちに気づく。

アバラチアントレイルという山の中にある自然歩道。ここは3500キロあるが歩き切ることを思いつく。
ジョージア州から4月にスタート
何ヶ月も旅ができるって素晴らしい。

綺麗な景色や、岩などをみて一緒に綺麗だと言ったり、何千年もあるんだろうねと話しながら笑いあいたい。


(REI、グレゴリー)
ザン

ザンの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

途方もない挑戦だが、若かりし頃の活躍ぶりと時間ばかりは豊富にある現状から駆り立てられるものはあったのだろう。それにしてもニック・ノルティ体型のじいさんには辛い苦行だろう。
Mai

Maiの感想・評価

3.3
自分自身と与えられた環境?というか人生を見つめ直す旅の話かな🤔こういうジャーニー系の映画は好きだけど私的にはもっと意味がある『星の旅人たち』が好き😋

一度は私もこんな旅にでてみたい🏔
>|