ロング・トレイル!の作品情報・感想・評価

ロング・トレイル!2015年製作の映画)

A Walk in the Woods

上映日:2016年07月30日

製作国:

上映時間:104分

3.4

あらすじ

紀行作家ビルは、長年暮らした英国から故郷の米国へ戻り、セミリタイアに近い生活を送っている。平穏な日常に物足りなさを感じていた彼はふと、家の近くを通る北米有数の自然歩道"アパランチアン・トレイル" 3,500kmの踏破を思いつく。妻を安心させるため旅の相棒を募るなか、唯一現れたのは破天荒な旧友カッツだった。期待と不安を胸に出発した二人の前に、大自然の驚異と体力の衰えという現実が立ちはだかる。やがて…

紀行作家ビルは、長年暮らした英国から故郷の米国へ戻り、セミリタイアに近い生活を送っている。平穏な日常に物足りなさを感じていた彼はふと、家の近くを通る北米有数の自然歩道"アパランチアン・トレイル" 3,500kmの踏破を思いつく。妻を安心させるため旅の相棒を募るなか、唯一現れたのは破天荒な旧友カッツだった。期待と不安を胸に出発した二人の前に、大自然の驚異と体力の衰えという現実が立ちはだかる。やがて彼らの波乱の冒険は、思いがけない"心の旅"へと進路を変えていく―。

「ロング・トレイル!」に投稿された感想・評価

天狗

天狗の感想・評価

3.3
ロバート・レッドフォードとニック・ノルティが旅に出る、という段階ですでに自分の中でかなりハードルあげて観てしまった。

高齢者2名による無謀なアパラチアン・トレイル。

道中さまざまなことが起こりますが、そこは高齢者。崖に転落して万事休すでも、まあどうせもうじき死ぬんだし、みたいな楽観?達観?

観終えて感じたのは「生への執着」が世の中の諸悪の根源なのかも知れない、ということ。生への執着が欲を生み、その欲が争いにつながり...

その意味でわが国も含め世界の多くの国が突入し始めている超高齢化社会というのは「生への執着」が希薄化し、そのことで「争い」も減っていく平和な社会なのではないか、みたいなことを考えました。
ロバートレッドフォード、ブラピが老いたらこんな感じになるのかな、、、?若い時クリソツだし
Misaki

Misakiの感想・評価

3.6
スッと見れたしちょっと笑えた
今の生活を離れて自然に触れたくなった
バディ物のトレイル・ムービー!ロバート・レッドフォードなんだよね。言われないと分からない。二人の年寄りっぽい距離感が良い味出してる。
外に出て学ぶことがあって、人からも学ぶことが必ずあって、歳をとると難しくなるけど、頑張れば、素直に出身地を言えるくらいの自分に成れるよっていうことかな。
やりたいと思って、やれることは限られてる。足掻いてはいるけどどんどん減っていくんだろうな。映画になる位だから簡単ではないけど、こんな歳になっても動ける、体と心でいたい。
Toku

Tokuの感想・評価

2.8
気になった音楽たち
She Lit A Fire/Lord Huron
Tickin’ Bomb/Shovels & Rope
Mud/Nathan Larson
I Just Want to Make Love To You/Foghat
Brother/Lord Huron
Dead End Street/Blake Mils
End of the Earth/Lord Huron
The Birds Are Singing At Night/Lord Huron
ロバート・レッドフォードとニック・ノルティの、
ジジイによるジジイのためのロードムービー。

定年した二人が、アパラチア山脈を踏破するコース・通称アパラチアントレイルに挑戦するって話。ちょっぴり過酷(ましてや老人の体力)なので、道中でころっと逝っちゃうんじゃないかと心配してしまった。歩きながら齧るジャーキーがアメリカンだなぁ

オチもすっきりしていていい感じ。
クマ怖ぇ
切身

切身の感想・評価

3.6
今はやりのおじいちゃんモノ。期待を裏切らない面白さ。

このレビューはネタバレを含みます

なんか素朴な感じ。特にアップダウンが激しいわけでもなく、淡々と地味ーに進んで行く感じ。景色は凄い綺麗だったけど最後とか「あ、そうなのね、、笑」みたいにあっさりしてたから、何か個人的には物足りなさ、つまらなさの方が勝ってしまったかも、、ごめんなさい、、笑
kny

knyの感想・評価

3.5
うーん。チベットの巡礼観た後だからか作り物感が露見してあんまりしっくりこず。
そうでなくても、盛り上がりにかけるかも…
うまくいかないこともある。まあそうなもんだ。
>|