健多郎

ラン・オールナイトの健多郎のレビュー・感想・評価

ラン・オールナイト(2015年製作の映画)
3.0
家族を守るために自身のボスでもあり親友でもある男と戦う、最強親父リーアム・ニーソンの物語

親友と戦わざるを得ないきっかけの事件が起こった時に黙って逃げず、事のあらましを親友に電話で報告したうえで潔く追われるのはカッコ良かった

でもそこ以外は特筆できるような点は無かったかな…
良く言えば安定のリーアム・ニーソン
悪く言えば目新しさのないリーアム・ニーソン
ただ、どちらの印象を受けたとしても、リーアム・ニーソンはカッコいいと思います
全編通して、人生に疲れた親父としての憂いを帯びた表情が印象的でした


いかん、リーアム・ニーソンがゲシュタルト崩壊してきた