いずみたつや

マン・アップ! 60億分の1のサイテーな恋のはじまりのいずみたつやのレビュー・感想・評価

-
ちょっとここまでいったら修復不可能なんじゃない!?
と思ってしまうほどに追い込んでからの展開が面白い!

ガサツで勝気で正直でユーモア溢れる素晴らしいキャラクターを演じてのけたレイク・ベルが本当に最高。1歩間違えたらサイテー女に成り下がってしまいそうなところを、きちんと共感できるキュートなキャラに仕上げたことは大きな貢献だと思います。

また、この作品は"意外なところ"から救いの手が差し伸べられるのも魅力のひとつ。御都合主義と言われればそれまでだけど、とても幸せな気分になれる1本でした。