masayaan

黒衣の刺客のmasayaanのレビュー・感想・評価

黒衣の刺客(2015年製作の映画)
3.5
こちらはようやく地元に上陸したので本日劇場で。

うーむ、武侠映画の基本を押さえていないので、ジャンル映画が持つ定型との相対性をまったく楽しめず。西部劇の素人がいきなりジャームッシュの『デッドマン』から西部劇に手を出した感じになってしまいました。やっぱりジャンル映画は最低10本見ないと何も言えないですね・・・。

とは言え、うっとりさせられるような画が多く、武侠映画ビギナーでも十分楽しめるクオリティにはなっているかと思います。特に、宮殿(?)の中の寝室で、多層状に垂らされたカーテン(?)越しに「刺客」の存在を認めるショットは最高でした。でも正直なところ、ロケーション的な美しさは「映画的な」美しさというより、「美術的な」それだったかなと(美しく撮れて当たり前のものを美しく撮っているというか)。

また、誰しもが感ずるであろう「風」の件は、最後の靄を運ぶ風が吹く瞬間が一番ザワザワしました。あれはたぶん、自然現象だよね?