あおい

勇者ソー:アスガルドの伝説のあおいのレビュー・感想・評価

3.1
雷の王子、未だ大成せず…

ソーが若かりし頃を描くアニメ映画。わりかし平和で小規模な戦い。アスガルド人ってどことなくバイキングに似てる( ^ω^ )

◎ストーリー
アスガルドの王子ソーは、自分の力を過信していると諌められムキになってしまう。己が力を認めてもらうため、ヨトゥンヘイムへ赴き、スルトの剣を手にする試練に臨むと宣言する。しかし、父オーディンの了承を得ずに…

自分勝手なソーくんが、周りに迷惑をかけて、何人か殺人しながら、成長していくというはた迷惑はお話( ^ω^ )いくらオーディンの息子でも不良すぎて笑った。

同時並行でロキくんが歪んでいく様も描かれる。個人的にはそっちの方にスポット当ててくれても良かったかなって思った。

この前の「バトルロワイヤル」で出てきたスルトとか、ヴァルキリーとかも活躍。実写版見てるとより理解度は増すかな。

派手なバトルもないし、そもそも登場キャラも少なく、しかもマーベルの世界観的には別に知らなくてもいいようなニッチな話なので、ソー好きならゆるーく観る程度で大丈夫( ^ω^ )