miku

A Film About Coffee ア・フィルム・アバウト・コーヒーのmikuのレビュー・感想・評価

3.9
こだわりを持ってる人は素敵。こだわりを持って作られたものも素敵。

コーヒーにはミルクとお砂糖が必要な私ですが、予告編とフライヤーに強く惹かれて鑑賞。観て正解と強く頷けます◎

音フェチな私は、予告編のコーヒーを淹れる過程の様々な音が気に入ったのですが、ちょっと予想外に音楽が流れ続けてました。でもその音楽もよかったので、安心。聞きたい音は聞けた。

画の色がとても好みでした。ちょっとくすんだ赤みのある色。ただ単に”おしゃれ〜”と冷めた目で見られそうな色彩でもあるけど、この映画にはこの色しかない、という強いこだわりを感じました。

コーヒーについてうんちくを多く語る人と、黙々と真剣にコーヒーを淹れる人。みんなコーヒーが大好きなことが伝わって、コーヒーに疎い私でも幸せになる。大坊さんのコーヒーを淹れる姿は美しかった…。

明日はミルクとお砂糖入れないでコーヒーを飲んでみようかな。良い映画でした。