• Filmarksトップ
  • A Film About Coffee ア・フィルム・アバウト・コーヒーの感想・評価

A Film About Coffee ア・フィルム・アバウト・コーヒー(2014年製作の映画)

A Film About Coffee

上映日:2015年12月12日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:66分
    監督
    ブランドン・ローパー
    あらすじ
    アメリカ・ポートランドに拠点を置く「スタンプタウン・コーヒー・ロースターズ」生豆バイヤーのダリン・ダニエルは、コーヒーの生産国、ルワンダの生産者たちと直接取引(ダイレクトトレード)を行っている。現地に何度も足を運び、生産工程や精製の方法を生産者たちと確認し共有しながら、年に何千回とカッピングというテイスティング作業を重ねる日々。より良いコーヒー豆を、より良い品質で届けることを追求しているのだ。日本進出が話題になった「ブルーボトルコーヒー」創始者のジェームス・フリーマンは、自らのコーヒーの原体験とサイフォン・バーへの熱い思い、そして、日本の純喫茶への強い憧憬を語る。その中に登場するのは、2013年に多くのファンから惜しまれつつも閉店した、東京・表参道の『大坊珈琲店』。 オーナーである大坊勝次がコーヒー1杯を淹れる一連の研ぎ澄まされた所作は美しく、今はなき名店の佇まいが再びスクリーンに立ち現れるようだ。世界のコーヒーカルチャーを牽引するプロフェッショナルたちの熱き仕事ぶりと哲学を追い、新潮流の中核をなすスペシャルティコーヒーの現場を紐解いていく本作は、ブームにはとどまらない大きなコーヒー・ムーブメントの“今”を鮮やかに浮き彫りにしている。

    「A Film About Coffee ア・フィルム・アバウト・コーヒー」に投稿された感想・評価

    とつ
    4.4
    最高です。
    Hiii
    4.0
    豆の前のコーヒーチェリーから1杯のコーヒーが提供されるまでの工程や、バリスタのコーヒーへのこだわりや想いが詰め込まれたドキュメンタリー作品。

    中でも下北沢のBear pond espressoの田中勝幸さんの熱いパッションが見てる人に伝わってきて、お店に行ってみたくなる。

    実際に行ってみて、メニューや豆の焙煎や抽出時の集中力や知識など、他のCafeには無いいろいろなこだわりや個性を感じた。

    赤いコーヒーチェリーを摘んで、
    干されて輝く生豆の色を見てみたい。

    自主制作なのに美しい映像で66分にぎゅっと詰まった映画

    観て良かった✨

    Coffee people have to be sexy!
    一杯のコーヒーが提供されるまでの過程・工程を丁寧に辿ったドキュメンタリー

    コーヒー好きは見て損はない
    mayama
    3.6
    Coffee people have to be sexy.
    田中勝幸さんの一言に不意打ちされました。撃ち抜かれました。格好良すぎました。笑

    一杯の珈琲に感謝。
    珈琲がますますおいしく愉しくなる映画。
    イタ
    4.0
    Coffeeを愛するすべての人へ
    一杯のコーヒーに感謝したくなる。
    よくある普通のドキュメンタリー
    petitlis
    2.8
    コーヒーのことはわかるんだけど、ちょっと高いものを買うことがいいことだと言わんばかりだ。

    それはともかく、おいしいコーヒーが飲みたくなった
    最近美味しいコーヒー屋さん見つけたからまた行きたいな
    だいち
    3.6
    一杯のコーヒー、無数のバリスタ❗

    コーヒーに関わる全ての人に送るドキュメンタリー作品。

    未だにブラックが苦手で、甘くしたコーヒーが好きな自分ですが、これはコーヒーが飲みたくなる。
    コーヒーって安らぎとか渋さを時間に追加して与えてくれる魔法のような力を持っていますね。

    よくコーヒーを挽いて、淹れてくれる友達がいて、その子のことを思い出しました☺

    あと、あまり出会えないけれど、渋いおじさんのいる喫茶店が好きなんです。ちょっと口ひげをたくわえていて、一連の所作が美しい人が。
    作中にも表参道のお店(今はもうない)が出てきて、まさにイメージにぴったりの渋かっこいいおじさんが、出てきてました。

    一杯にかけるプライドや暮らしや進化を見せてくれる素晴らしい映画でした。
    Ryota
    3.5
    「ーコーヒーは、棚にあるような小麦だと思ってる人ー それは、コーヒーじゃないー。」の言葉の裏に、コーヒーに関わる全ての人々の矜持が現れていた。すっごい映像が綺麗なドキュメンタリー映画。でも他方で、コーヒーの製造過程には植民地支配の影響が色濃く残っているな、と随所に実感。水道を作って「あげる」ことや、「これまでエスプレッソを飲んだこともなかった農夫たち」にスペシャリティコーヒーの試飲会を行うなど、意図せずとも無意識の支配構造があるように、思ってしまった。
    >|