A Film About Coffee ア・フィルム・アバウト・コーヒーの作品情報・感想・評価

A Film About Coffee ア・フィルム・アバウト・コーヒー2014年製作の映画)

A Film About Coffee

上映日:2015年12月12日

製作国:

上映時間:66分

3.7

あらすじ

アメリカ・ポートランドに拠点を置く「スタンプタウン・コーヒー・ロースターズ」生豆バイヤーのダリン・ダニエルは、コーヒーの生産国、ルワンダの生産者たちと直接取引(ダイレクトトレード)を行っている。現地に何度も足を運び、生産工程や精製の方法を生産者たちと確認し共有しながら、年に何千回とカッピングというテイスティング作業を重ねる日々。より良いコーヒー豆を、より良い品質で届けることを追求しているのだ。日…

アメリカ・ポートランドに拠点を置く「スタンプタウン・コーヒー・ロースターズ」生豆バイヤーのダリン・ダニエルは、コーヒーの生産国、ルワンダの生産者たちと直接取引(ダイレクトトレード)を行っている。現地に何度も足を運び、生産工程や精製の方法を生産者たちと確認し共有しながら、年に何千回とカッピングというテイスティング作業を重ねる日々。より良いコーヒー豆を、より良い品質で届けることを追求しているのだ。日本進出が話題になった「ブルーボトルコーヒー」創始者のジェームス・フリーマンは、自らのコーヒーの原体験とサイフォン・バーへの熱い思い、そして、日本の純喫茶への強い憧憬を語る。その中に登場するのは、2013年に多くのファンから惜しまれつつも閉店した、東京・表参道の『大坊珈琲店』。 オーナーである大坊勝次がコーヒー1杯を淹れる一連の研ぎ澄まされた所作は美しく、今はなき名店の佇まいが再びスクリーンに立ち現れるようだ。世界のコーヒーカルチャーを牽引するプロフェッショナルたちの熱き仕事ぶりと哲学を追い、新潮流の中核をなすスペシャルティコーヒーの現場を紐解いていく本作は、ブームにはとどまらない大きなコーヒー・ムーブメントの“今”を鮮やかに浮き彫りにしている。

「A Film About Coffee ア・フィルム・アバウト・コーヒー」に投稿された感想・評価

とつ

とつの感想・評価

4.4
最高です。
saachii

saachiiの感想・評価

3.5
スペシャルティコーヒーがなんで高いのかより一層理解出来た!
コーヒー豆を袋詰めする仕事めっちゃしたい。
gon

gonの感想・評価

-
台風で電波悪くなってたから
砂嵐状態で鑑賞(´・ω・)
コーヒーの歴史と実態を少しだけ知ることができた気がする。
はる

はるの感想・評価

3.5
確かにみんなセクシーだった。
et

etの感想・評価

4.5
珈琲を飲むのも好き。映像で観るのもすき☕️^ ^

映像から、珈琲の香りが漂ってきそうな感じでたまりませんでした。

コーヒーバッグやらカップ、サイフォン、淹れたてのコーヒーが映ると☕️
本当に珈琲飲みたくなります。
喫茶店、カフェ、センスがいい。

フェアトレードとかあまり気にしたことがなかったけど、劇中大変な重労働の珈琲農家さんへ当たり前の対価を支払うべきと考えると

いつも最安値の珈琲豆を探す自分が恥ずかしくなりました。

それは、たまに訪れる古民家風カフェやシアトル系カフェなど、高い珈琲を飲み歩くのも趣味なので、自宅用として節約なんですが。

初めて珈琲をブラックで飲むようになったのはアルバイト先の喫茶店で出た高校生の時かな。

当時バリスタやカッピングなんて言葉、知らなかったけど、コーヒーの香りに包まれ、憧れの職業だなぁ。鼻が麻痺するかな?

珈琲好きにはたまらない映画でした^ ^

一番好きなシーンは、東京に存在した大坊珈琲店の伝説のマスターが、コーヒーを淹れるシーンです。
あの所作がたまりません❤︎一度は飲んでみたかったー!

珈琲のドキュメンタリーに世界中のカフェが登場する中、日本の喫茶店が認められ丁寧に紹介された事も嬉しかったです。
KanKawai

KanKawaiの感想・評価

4.0
NY、サンフランシスコ、ポートランド、東京、コーヒーカルチャーを牽引する都市を舞台に"スペシャルティ・コーヒー"の担い手たち、ダイレクト・トレードを結ぶ農場を巡るドキュメンタリー。コーヒー愛と情熱に満ちた映画。
これを見た後、すぐにサイフォンのコーヒーを飲みに行きたくなった。最初のカットからサイフォンで淹れるコーヒーをお洒落に映し出していて、これ以降に出てくるコーヒーの繊細さの内容を示唆させるように上手く作られていた。

ものはなんでも、どこからくるのか誰が関わってるのかという普段見ようとしないところの大切さを考えさせられた。

今では一般にも飲まれるようになったスペシャリティコーヒーだけど、コーヒーを飲むときに産地を見て、口に含んだ時の香りと共に豆が運ばれてきた過程を想像できると素敵だなぁ。
花子

花子の感想・評価

2.5
コーヒー1杯ください。
morning

morningの感想・評価

3.7
記録 2017/11/05
紫色部

紫色部の感想・評価

2.0
2017.11.4 BS

インスタントを片手に観るようなものじゃなかった。『おいしいコーヒーの真実』の問題は是正されたのか?ペーパードリップ、サイフォン・バー、バリスタチャンピオンシップ、DAIBO…
>|