A Film About Coffee ア・フィルム・アバウト・コーヒーの作品情報・感想・評価

A Film About Coffee ア・フィルム・アバウト・コーヒー2014年製作の映画)

A Film About Coffee

上映日:2015年12月12日

製作国:

上映時間:66分

3.7

あらすじ

アメリカ・ポートランドに拠点を置く「スタンプタウン・コーヒー・ロースターズ」生豆バイヤーのダリン・ダニエルは、コーヒーの生産国、ルワンダの生産者たちと直接取引(ダイレクトトレード)を行っている。現地に何度も足を運び、生産工程や精製の方法を生産者たちと確認し共有しながら、年に何千回とカッピングというテイスティング作業を重ねる日々。より良いコーヒー豆を、より良い品質で届けることを追求しているのだ。日…

アメリカ・ポートランドに拠点を置く「スタンプタウン・コーヒー・ロースターズ」生豆バイヤーのダリン・ダニエルは、コーヒーの生産国、ルワンダの生産者たちと直接取引(ダイレクトトレード)を行っている。現地に何度も足を運び、生産工程や精製の方法を生産者たちと確認し共有しながら、年に何千回とカッピングというテイスティング作業を重ねる日々。より良いコーヒー豆を、より良い品質で届けることを追求しているのだ。日本進出が話題になった「ブルーボトルコーヒー」創始者のジェームス・フリーマンは、自らのコーヒーの原体験とサイフォン・バーへの熱い思い、そして、日本の純喫茶への強い憧憬を語る。その中に登場するのは、2013年に多くのファンから惜しまれつつも閉店した、東京・表参道の『大坊珈琲店』。 オーナーである大坊勝次がコーヒー1杯を淹れる一連の研ぎ澄まされた所作は美しく、今はなき名店の佇まいが再びスクリーンに立ち現れるようだ。世界のコーヒーカルチャーを牽引するプロフェッショナルたちの熱き仕事ぶりと哲学を追い、新潮流の中核をなすスペシャルティコーヒーの現場を紐解いていく本作は、ブームにはとどまらない大きなコーヒー・ムーブメントの“今”を鮮やかに浮き彫りにしている。

「A Film About Coffee ア・フィルム・アバウト・コーヒー」に投稿された感想・評価

とつ

とつの感想・評価

4.4
最高です。
taku

takuの感想・評価

3.0
いわゆるBロールの動画素材が多くて、動画好きにはたまらない
あんまりコーヒーの話は覚えてない笑
な

なの感想・評価

3.6
コーヒーが私たちに届くまでのお話
とてもよかった!
paison

paisonの感想・評価

4.0
I LOVE COFFEE!
I LOVE COFFEE PEOPLE!
yk

ykの感想・評価

4.2
お家でコーヒー淹れるのめっちゃ下手くそだから、美味しいコーヒーを淹れられるように頑張ろうと思った

いつも当たり前に飲めるコーヒーだけど、明日からは飲むたんびに感謝の気持ちを忘れないでおこう🦔☕️
コーヒーが好き
koyuki

koyukiの感想・評価

4.3
ベットから出たくない日も、コーヒーなら飲みにいける

その気持ちとっても分かる。

コーヒーは日常だし、旅先で美味しいコーヒーを探すのは非日常でとても贅沢な気がする
どちらも大好き

分かっているつもりになっていたけれど、知らないことばかりだった
奥深いなぁ
知識は浅いけれどせめて美味しいコーヒーに対価を払って、感謝して頂きたい
noji

nojiの感想・評価

3.0
コーヒーが消費者のもとに届くまでの過程がよくわかった。表参道の大坊さんの淹れたコーヒーが飲みたかったなあ。
ikeda

ikedaの感想・評価

3.5
1杯の珈琲の付加価値は、珈琲の実を手で1つずつ摘むことであったり、歌いながら裸足で発酵する豆を踏むことであったり、珈琲を淹れるずっと前の豆として出来上がるまでの過程の中にある.
珈琲に限らず何かを生み出す(作る)生産者の高い意識を垣間見るとその後のモノの見え方や扱い方はずいぶんと変わる.
ラスト日本の純喫茶のマスターが淹れる所作が本当に美しい.
しこね

しこねの感想・評価

3.5
記録。コーヒー嫌いだけど面白かった。
>|