A Film About Coffee ア・フィルム・アバウト・コーヒーの作品情報・感想・評価

A Film About Coffee ア・フィルム・アバウト・コーヒー2014年製作の映画)

A Film About Coffee

上映日:2015年12月12日

製作国:

上映時間:66分

3.7

あらすじ

アメリカ・ポートランドに拠点を置く「スタンプタウン・コーヒー・ロースターズ」生豆バイヤーのダリン・ダニエルは、コーヒーの生産国、ルワンダの生産者たちと直接取引(ダイレクトトレード)を行っている。現地に何度も足を運び、生産工程や精製の方法を生産者たちと確認し共有しながら、年に何千回とカッピングというテイスティング作業を重ねる日々。より良いコーヒー豆を、より良い品質で届けることを追求しているのだ。日…

アメリカ・ポートランドに拠点を置く「スタンプタウン・コーヒー・ロースターズ」生豆バイヤーのダリン・ダニエルは、コーヒーの生産国、ルワンダの生産者たちと直接取引(ダイレクトトレード)を行っている。現地に何度も足を運び、生産工程や精製の方法を生産者たちと確認し共有しながら、年に何千回とカッピングというテイスティング作業を重ねる日々。より良いコーヒー豆を、より良い品質で届けることを追求しているのだ。日本進出が話題になった「ブルーボトルコーヒー」創始者のジェームス・フリーマンは、自らのコーヒーの原体験とサイフォン・バーへの熱い思い、そして、日本の純喫茶への強い憧憬を語る。その中に登場するのは、2013年に多くのファンから惜しまれつつも閉店した、東京・表参道の『大坊珈琲店』。 オーナーである大坊勝次がコーヒー1杯を淹れる一連の研ぎ澄まされた所作は美しく、今はなき名店の佇まいが再びスクリーンに立ち現れるようだ。世界のコーヒーカルチャーを牽引するプロフェッショナルたちの熱き仕事ぶりと哲学を追い、新潮流の中核をなすスペシャルティコーヒーの現場を紐解いていく本作は、ブームにはとどまらない大きなコーヒー・ムーブメントの“今”を鮮やかに浮き彫りにしている。

「A Film About Coffee ア・フィルム・アバウト・コーヒー」に投稿された感想・評価

とつ

とつの感想・評価

4.4
最高です。
私自身一杯のコーヒーからコーヒーの魅力に取り憑かれたて、100gの豆を購入させて頂きながら、いろんなお店のコーヒーを味わっています。淹れ方でもコーヒーの味って変わるんですよね。日本のお店も出ています。
おすすめします。
たかと

たかとの感想・評価

3.7
すごい出会いだ
K

Kの感想・評価

3.4
特別コーヒー好きではないからか、退屈だった。

でも嫌な退屈ではなく、農園の風景や、そこで働く人たちの姿に素朴な美しさがあり、不思議と心地良かった。

久しぶりに豆を買いに行きたくなったし、豆を挽いてドリップするのを面倒臭さがっていた自分が、少しだけダメな奴に思えた。
さら

さらの感想・評価

5.0
こんなドキュメンタリーを作りたいと思いました。映像と音楽だけで癒される。
飲めないブラックコーヒーもなんだか飲める気がします。
すとう

すとうの感想・評価

4.2
すごい出会いだ
いたる

いたるの感想・評価

3.4
コーヒーはいつも適当に淹れてる
コーヒー農家が自分の作ったコーヒーを飲んでいるときの表情がよかった。

日本のお店に行きたくなった。

これだけの手間ひまがかかっているなら、確かにコーヒーの値段は安すぎる。
HITOMIN!

HITOMIN!の感想・評価

3.7
手が込んだものはやはり美味しいんですね。コーヒー豆農家の人が、バイヤーに挽いてもらって、初めて自分のコーヒー豆を飲むシーンが感動した。
KAREN

KARENの感想・評価

4.1
絶対にブラックのコーヒーを片手に見てください。
見終わったその瞬間から、コーヒーに対する考え方が変わるはず。コーヒー好きにはたまらんでしょうな。カフェイン中毒注意⚠️
>|