ヒロイン失格の作品情報・感想・評価・動画配信

ヒロイン失格2015年製作の映画)

上映日:2015年09月19日

製作国:

上映時間:112分

3.3

あらすじ

「ヒロイン失格」に投稿された感想・評価

Nattsu

Nattsuの感想・評価

4.3
綺麗な桐谷美玲が全力でふざけて演じていて、面白かった。キュンキュンもした。
mayu

mayuの感想・評価

3.3
坂口健太郎しか勝たん
真由

真由の感想・評価

4.2
山崎賢人よりけんちゃん選ぶ
kwhr

kwhrの感想・評価

3.4
桐谷美玲細すぎでしょ
いろいろ無理あるがあり🙆‍♂️

西野カナいいね
Az

Azの感想・評価

2.8
坂口健太郎かっこいいしか出てこん。
watami

watamiの感想・評価

4.0
記録用
記録✏️
なみ

なみの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

こんなベッタベタな恋愛映画はあんまり見ないけど、たまには見てみるか〜って軽い気持ちで見始めたヒロイン失格。
中高生騙しの映画だろ〜なんて思ってたけど、そんなことなかった、、気付いたらめちゃくちゃ色々考えながら見てた、、。

はとり、安達さん、利太、ひろみつくん、、それぞれが葛藤する心情とかも細かく描かれてて、よかった、、🥺
それぞれの登場人物にすごく共感、感情移入しながら見た。

最初は、はとりにすっごい共感して、わかるわかる〜、自分がヒロインだと思って、突っ走る姿いい!!すき!!がんばれー!!いけいけー!なんて思ってて、安達さんと利太が付き合ってからも、諦めずにがんばれーー!って思ってた。
けど、夏休みに入って安達さんが自分は台湾にいくから利太といれないからって、「利太と一緒にいてほしい」ってはとりに頼む台詞には、はぁ〜?!?!利太のこと取られてもいいの?!?!😩もっと利太のこと大切にしなよ!!なんでそんなこと頼むの?!?!ってすっごく嫌な気持ちになった。
そして、花火大会で利太がはとりにキスしたのにも、ほんとに腹が立った。いやいやいや、彼女いるじゃん?!?都合よすぎ!!安達さんのことも考えてよ🥺🥺🥺そんな状態でキスするってほんと最低😩😩って思った。

台湾から戻ってきた安達さんは、どんな手を使ってでも利太をそばに置いておこうとする。その気持ちも、すっごくよくわかった。
そして、はとりのところに一度は行こうとした利太だけど、安達さんのそばにいることにする。利太は分かんないけど、はとりにとってはひろみつくんと一緒にいるのがいいんじゃないかなって思った。ひろみつくんを好きな気持ちだって芽生えてきたし、ひろみつくんといれたほうが絶対幸せじゃんって思った。だから、はとりにとっては利太&安達さん、はとり&ひろみつくん、がひっついてる状態が1番いいんじゃないかなって思った。
だけどこの状況で1番しんどいのは安達さん。
これ最終的にどうなるんだ…??って思いながら見てた。近代的な終わり方だったらはとりは両方選ばない、とか、ひろみつくんと付き合う、とかなりそうだけど、主人公がしっかりひっついて終わりそうな雰囲気だったから、利太と付き合って終わるんだろうなって思った。けど、利太と付き合うまでの流れはどうするのかなって思ってた。
利太が、ちゃんと安達さんを振って、しっかり話してほしいって思ってた。けどないだろうな〜安達さんが言ってくれるんだろうな〜😩って思ってた。
やはり、、安達さんが、「私、もう疲れた。本当の気持ちはどうなの?」って言ってくれて、利太をはとりのところに行かせてあげる形になった。も〜〜ほんっとに、利太は甘えすぎ!!!利太とはとりの恋は、脇役(とされている人たち)の優しさで成り立っている!!!一見、安達さんは悪者だったかのように見えるかもしれないけど、1番ひどいのは利太だ〜〜!!!!😭本当に自分のひどさをちゃんとわかってんのか知らないけど、「俺、ほんとサイテーだよな、傷つけてごめんな」って謝るところもほんとに辛い😭😭😭そんなの許すしかなくなるじゃん。😭途中で、「はとりちゃんと手繋いだぐらい許すよ」って言う安達さんに対して、「…俺、はとりとキスしたんだ…」って暴露するところもほんとに最低だとおもった😩自分はほんとのこと言って楽になるかもしれないけど、それで傷つくのは安達さんだよ?!?!?!本当の優しさは言わずに隠して、墓場まで持っていくことだよっ😭😭安達さんの気持ちちゃんと考えてよ!!自分のことしか考えてないんだからっ!!!😭

そんな利太でいいのか???はとりちゃん!!
でも、はとりちゃんもそういうこともちゃんと理解した上で、結局利太のことを選ぶ。
愚か者だ、バカだって分かってても、利太のところにいく。“恋愛って理屈じゃないから。“ はとりとひろみつが言った言葉。

どんな人を選ぶのかは人それぞれ。結局、利太とはとりは、2人で付き合う道を選んだ。どの道が幸せと考えるのかは人それぞれだけど、こんな風に、真っ直ぐ突き進んで、好きって気持ちだけを大切にできる人が幸せになれるのかな??恋か、打算か、、やっぱり恋なのかな?!どうなんだろう???恋愛って奥深いなー!!なかなか色んなことを考えさせられた映画でした!!
男子が見るとどんな風に思うのかな??男の人の意見も聞いてみたいって思った!笑

それに、誰かの幸せは、誰かの優しさのおかげでできている。そんなことも考えさせられた。みんな幸せって、無理なのかなー!!😭

みんながヒロイン!ほんとにそうだと思う!!タイトル見て、伝えたいメッセージは見る前から明らかだけど、映画の内容がタイトルの意味を強調してて、タイトルの価値を上げた!!最高!!
とても好きな映画になった!!!😍😍😍

そして最後に主題歌が流れてびっくり。私が大好きな曲じゃないか!!!😂😂💕
この映画の主題歌だったのね!!知らなかった!!
私のいまの共感ポイントが全て詰まった作品!!

※利太の母親の流れはなんの意味をもたらしていたのだろう?🤔必要だったのかな??
>|