ノック・ノックの作品情報・感想・評価

ノック・ノック2015年製作の映画)

Knock Knock

上映日:2016年06月11日

製作国:

上映時間:99分

3.0

あらすじ

家族思いの献身的な父親・エヴァン(キアヌ・リーブス)は週末に仕事の都合で一人留守番をすることになる。その夜、ドアをノックする音がし、開けるとそこには雨でずぶ濡れになった二人の美女が立っていた。ジェネシス(ロレンツァ・イッツォ)、ベル(アナ・デ・アルマス)と名乗る二人は道に迷ってしまったため助けを求めていた。彼女たちに暖をとるように招き入れるエヴァンだったが、それは破滅の道への第一歩だったー。

「ノック・ノック」に投稿された感想・評価

Kino

Kinoの感想・評価

3.3
夜中訪ねてきた美女二人、親切にしたばかりに堕ちるキアヌ。叫ぶキアヌ。絶望のキアヌ。コメディテイストで今までの作風とは少し違うロス節微胸糞感が駆け抜ける。ベルが非常に魅力的。『ファニーゲーム』と併せてお楽しみください。
ayam

ayamの感想・評価

3.7
キアヌは仕事を選ばない笑 さすが!
アナデアルマスが最高にビッチでキュート( ´∀`)
笑えない、わたしは負け。
Hiros

Hirosの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

久々にコレ系の映画の個人的ヒット。
リアルでおもしろい。
イーライロスにハズレなし。

思っていたよりキアヌが前半欲望を抑えまくって我慢していただけに気の毒度が高い。目覚めてからの不幸のテンポが最高。
ごめんなさい。ニヤニヤニヤニヤしながら観てしまいました。だってこんな映画に、こんなサルみたいな女子たちに、本気で怒っても虚しいだけじゃないか。そんならいっそ、笑ってやろうよ!キアヌ渾身のやられ演技を!そんな気分。キアヌって、いい意味で、ものすごくいい意味で、あまり知的に見えないからちょっと笑えない部分もありましたけどね。なんとか笑いきりましたよ。大暴れする女子二人は甘辛のバランスが調度よく、ルックス的には最高の組み合わせ。浮気におけるイイワケがいかに人の同情心を消し去るか、という点でも勉強になりました。
カズカ

カズカの感想・評価

3.0
イーライ・ロスの意地悪な性格からくる胸糞演出が好きな方は是非!
アナ・デ・アルマスのビッチっぷりが見たい方は是非!
キアヌ・リーヴスのベソかき長回し台詞が気になる方は是非!

個人的には、あーなるほど…
「メイクアップから結末こう変えてくるか」って感じです。
2回見るような映画ではないと思います。

なんかスッキリしないけど、
エンディング曲がPixiesのWhere Is My Mindだったのは良し!
Yujininja

Yujininjaの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

アナちゃん見たさの観賞だった事は正直に白状するとして、イーライ・ロスとキアヌ!?という事で驚いたものの、結果、ゴア表現のない初のイーライ作品鑑賞となりました。

一言で言えばソフトなファニーゲームといった感じ。キアヌが優しすぎてやられ放題なのはフラストレーションが溜まり、カタルシスは一切ない。
今年公開されたスクエアもそうだが、観客をイラつかせる系ですな。
動機不明な所も不満ポイント。

どうやら1977のDeath Gameという元映画があるようですが未見です。
ちょ・・
負けキアヌ映像特集。。
出来上がったものを壊す楽しさに漬かったキチ女2人組が救いを探す物語?
短めで助かった
オリジナル版もみてみよう。
Hook

Hookの感想・評価

2.8
過去に見た。
これはこれでいい、という映画。(良い意味で)
今更アナ・デ・アルマスだったのかという気づきがあるのでもう一度見たいような。
>|