スター・ウォーズ/最後のジェダイのネタバレレビュー・内容・結末

スター・ウォーズ/最後のジェダイ2017年製作の映画)

STAR WARS: THE LAST JEDI

上映日:2017年12月15日

製作国:

上映時間:152分

3.8

あらすじ

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

ほぼ妄想になってしまうかもしれないが…
間違ってるかもしれないけど…

今まででの、シス(闇)とジェダイ(光)は、「強さ」をどう捉えるかによって違う、イメージだった。

カイロレン(闇)とレイ(光)
新しい次世代の二人は、「弱さ」をどう捉えるかによって違う、イメージだった。

自分が自分である為に、弱さを肯定する。
自分が自分である為に、弱さを否定する。

カイロレンは、ダースベイダーにどんなになろうとしてもなれなかったが、
ダースベイダーにはならないと決意した瞬間にダースベイダーになった。

自分が何言ってるかわからなくなってきたが、現状そんな感想。
出だしの戦闘シーンは無茶苦茶面白かった。映画館でみたから大迫力の鏡やった。
なんかチャイナが神風みたいな感じやったけど、そこは許せる。
後半ブスの妹さんでてきて全く乗れんかった。顔デカすぎやろ。久しぶりに悪口でたわ。中国おしがスターウォーズにまで侵食してて悲しい。
失礼中国じゃなかったけど
そうでなくてもルークとレイアがあれなんやから。そこはちゃんと美女出してくれよ。フィンもあんなやつに恋されたらつらいやろ。
前作みたいな焼きましファンに反感買わないための映像はなくなって非常によく、オリジナルの新しいシーンがたくさんあってよかったが、スターウォーズの最新作というより新しい宇宙映画って感じがした。まぁ難しいと思うけど。
レイの親誰なんか散々引っ張っといてあれは酷かった。あとレイア死んでるのにどうするねんろ。んで、カイロレンのダークサイドに落ちる理由が結局全くわからんかった。アナキンみたいに親が殺されるみたいなよっぽどがない限りダークサイド落ちんやろ。レイとカイロレンの葛藤はいちいちうざい長いし
醍醐味のライトセーバーのバトルはほとんどなかったし残念。

https://search.yahoo.co.jp/amp/s/gamp.ameblo.jp/kamiyamaz/entry-12336033319.html%3Fusqp%3Dmq331AQECAEYAQ%253D%253D
・光も闇もない「そう上手く物事は進まないよ」という
犯罪映画によくある現実認識で作品世界の基礎を塗り替えようという
良く言えば勇気のある、悪く言えば暴挙を監督は選択している。
レイの出自やコードブレイカーの描き方など、そういうことだろう。

・そういうことをするなら
古くからのファンをも圧倒的する完成度が必要なはずだが
はっきり言って、それに大失敗している。
意外な展開でもなんでもない。
天邪鬼がごまかしながらかき乱しただけだ。

・今後のディズニースターウォーズのフランチャイズを確固としたもの
にすることも新三部作に課せられた課題だったろう。
ならエンターテイメントの王道のストーリー展開で良かったはずだ。
こんな形で神殺しをしてどうする。

・フォースの光の面に惹かれる体質だと前作で説明されたベンが、
どうスノークの手の元に堕ちたのかは、新三部作の肝のはずだが
ルークとの決別の瞬間だけを羅生門的に描いても
話の説得力や推進力が生まれるはずないのだ。

・またスノークは何者?スノークはルークの何を恐れ、
ルークは暗黒面の何を恐れているのか?これも肝のはずだ。
そこを描かかずスノーク退場とかするから、話も人物の思いも
何か有りそうに見えて、実のところスッカラカンの印象になる。

・EP7で新しいキャラクターを生み出したものの
話の基礎工事をおろそかにしたJJも戦犯だ。

・ルークには失望したけど、ジェダイの本は貰っていくって?
レイ最低だぞ、こんな描き方。
ルークとヨーダの場面も台無しじゃん。

・R2はルークのそばから離れず、最期を看取るべきだろ。

・一方的にやられていく反乱軍。
それはともかく、ワープ→攻撃→ワープ→攻撃を繰り返すとか
脚本も能が無さすぎる。ファルコンに全員乗れるくらいにまで
反乱軍の数を減らしてしまって、レイアもローラ・ダーンのキャラも
深い考えがある良い人でなく、これでは指導者失格だろう。
全くワクワクしなかった…
抑揚の無いストーリー展開、緊張感の無い絵、フォースの乱用、媚びた動物との無駄な触れ合い等々…気に入らない理由を挙げ出したらキリがないが、一番の問題は敵味方含め魅力的なキャラが全くいないこと。天童よしみのキャラがよく叩かれているのも納得が行った。

唯一の救いは最終シーンのルークがかっこいい。死んだけど。
機内で視聴。

面白かったけど、期待感が高かった分ちょっと物足りず。
原作がどうなのか知らないのですがレイアのあれはどうかと。。
あと惑星クレイトのシーンがなんか付け足しのようなので、その前まででも良かったような。。

でも爆撃機かっちょいい。帝国の逆襲も見た当時面白く無かったけど後から考えると面白かったし、それがあったからジェダイの復讐も面白かったので、次のエピソード出たら真価がわかるのですかね。

もう一回見てみようかな
結論から言うと良くなかった。「なんでこうなるんだよ!」とツッコミながら観てる分には楽しかったんだけど・・。
脚本もさることながら、この作品の持つ性格みたいなのがどうしても好きになれなかった。新しい時代を夢見るのは大いに結構なのだが、過去への敬意と、未来を切り開く実力がなかったと思う。そしてルークの死をこの監督には描いて欲しくなかった(まだ生きてるような気もするけど)。
ただ不思議なもので、それらを踏まえた上で、この作品の持つ「至らなさ」「不器用さ」が愛おしいと思ってる自分もいるので、なかなか厄介な作品だと思う。
先行上映で最後のジェダイを観て
あれ?不満点がたくさんある!スターウォーズ好きとしていて生きてきてスターウォーズが大好きなはずなのに今回のスターウォーズには不満しかない。いや、そんなはずはない!自分はスターウォーズが好きなんだと言い聞かせてメモを準備して映画館へリベンジ!暗闇の中、良かった点、悪かった点を書き出した。

結果やはり不満な点ばかりだった。。。

【良かった点】
・ポーダメロンのX-wing
・ヨーダはやはり唯一無二のマスター
・カジノのシーンで花魁姿の女性登場
・少年がフォースでホウキを取る

以上

【不満な点】
・ライトセイバーをポイ捨てするルーク
・カイロレンの悪役としての成長のなさと弱さ。
・レン騎士団はどこへ?
・ローズの存在。見た目がキレイとかキレイじゃないかの話してではなくストーリーに登場させる意味が全くわからないし最後のフィンとのキスが最悪。
・レイアの復活。宇宙に放り投げられたレイア。誰もがここでキャリーフィッシャーとお別れだと確信してからのガンダムもたいな宇宙遊泳。SWにニュータイプはいらない。
・スノークが弱すぎ。
・スノークがやられてから動きだすエリートプレトリアンガード。キャラはカッコイイけどボスより見せ場を作る設定に疑問。。。
・カイロレンのオッパイ
・ポーグのキャラは可愛いけど出すぎ。
・BB-8が最強?
・レイに響く声や鏡がハリポタ感
・アクバー提督のあっけない死

スターウォーズ仲間と
最後のジェダイの話を
気分が悪くなるので
話題にしないようにしています。

初めてBlu-ray買いません

記憶から消したい作品。

次回作はどうなるんだろう?

レイアが出演しないとなると
数年後の設定になっているのかな?
あの少年も所属する
新生「反乱軍」がどうなるか?
キャリーの娘がキーかな?
カイロレンは見た目も中身も成長してもらいたい。
賛否両論であるこの作品ですがまずよかった点を
・レイとカイロレンの共闘シーン
・チューバッカのミレニアム・ファルコン号操縦
悪かった点
・ローズの描写全て
・キャプテンファズマにもうちょい出番あってもよかった
・レイアのフォースの覚醒
・レイとカイロレンがフォースで繋がる時の謎のラブロマンス演出
このようになんとも言えない微妙な作品でした……
前作はあまり好きになれなかったんだけど、アダム・ドライバー目当てで観た。
レイアが宇宙空間に投げ出されても戻ってきたのわけがわからないし、強敵だと思ってたスノークがあっさり死ぬし、フィンとローズは結局足ひっぱっただけだし、ルークの扱いにはもやもやするし、他にも色々どうなんだって思ったことはあったけど、ホルドの特攻シーンや終盤の戦闘シーンはとても綺麗で映像はすごく楽しめた。レイとカイロ・レンの共闘も良かった。
反乱軍のキャラクターにはそれほど愛着はないのだけど、前作に続いてカイロ・レンはすごく好きだし、ハックス将軍も目が離せないので次作が楽しみ。
背中合わせに戦うシーン。ここが最大の見せ場だと思う。ただただかっこ良かった。
映画を見て振り替えると、
結果の伴わない行動や善と悪の中間で商売する人、誰かに希望を託したいのにそれがかなわないこと...など、
なんだか心にずんと来るものばかり。
とっても心に残る映画だった。
次にどう繋げるんだろう。
>|