スター・ウォーズ/最後のジェダイのネタバレレビュー・内容・結末

スター・ウォーズ/最後のジェダイ2017年製作の映画)

STAR WARS: THE LAST JEDI

上映日:2017年12月15日

製作国:

上映時間:152分

3.8

あらすじ

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のその後を描く、誰も観たことのない衝撃の「スター・ウォーズ」。ついにフォ ースを覚醒させたレイと、ダース・ベイダーを継ごうとするカイロ・レン。伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの出現は何をもたらすのか?そして、“光”と“闇”の間で揺れ動く二人を待ち受ける“衝撃の運命”とは?

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

エピソード1見はじめた頃は何が面白いのか全然わからなかったけど
なるほどめちゃくちゃ人気あるだけあるなって思った
ダースベイダーが人間の心取り戻せてよかった
7.8早く観たい
前作と本作を観て気づいてしまったんだ。
(前作で気づけよなんですが)
好きな映画の好きなキャラクターを再び観ることができるのは嬉しいのだけれど、彼らの最期は見たくはないんだということ。
スノーの死に方があっけなかったし、内容も薄かったのが残念だった。戦闘シーンは見応えがありました。
いやー、最高だった。
レイとベンは、もしかしたらくっつくかなーって思ったけど、やっぱり敵なのかー。
そしてベンは闇堕ち確定。残念。
ベンが最高司令官を殺したのは、ただ目障りな存在を消したかったからかな。
「ジェダイの中にフォースがあるのではなく、フォースがあるからジェダイがいる」っていう言葉がすごく印象に残ってる。
レイとフィンがくっつきそうだったけど、フィンとローズ、レイとポーでくっつきそうだなー。

1番最後のカジノの男の子が、フォース操ってるような描写があったから、次の主役になるのか、期待。
漫画版『皇国の守護者』を読んで以来、負け戦や退却戦は大好きなんですが…これはヒドい。提督がポーに作戦を説明して、組織が一枚岩になってたら、フィルもローズもベニチオ・デル・トロもカジノの惑星も全ていらなかったんじゃない?あの女性提督も死ぬ覚悟で船に残ったんなら真っ先に特攻かければいいのでは…。退却戦は、主人公陣営が全力を以てしても仲間たちが殺されていく現状に抗えない絶望感が最高なので、これじゃダメだろう。皆犬死にだ。絶望が深ければ深いほど、先にある希望も輝くのに。

そのダメさを補って余りあるほど素晴らしいのがレイとカイロ・レンのパート。男の子なら絶対アツくなってしまう敵との共闘!しかも背中合わせで!赤いストームトルーパーみたいなスノークの親衛隊みたいな奴らも強そうだし魅力的だった。スノーク死ぬまで棒立ちだったけど笑

実はレイが何者でもなかったというのもグッド。何者でもないレイとシステムのバグと言われたフィル。この2人が、ダークサイドに落ちたとはいっても、スカイウォーカーとソロの血を継ぐカイロ・レンを倒す物語の構図っていうのが、過去のスターウォーズとの決別をあらわしてるんじゃないかと思う。カイロ・レンすらも「古いものは全て滅ぼそう」と言う。まあep9で共和国再建ジェダイ再興なんてしちゃったら同じことの繰り返しになってしまうだろうけど。

カジノの惑星いらんけど、野生のフォース使いのガキが宇宙を見つめるラストはワクワクする〆でした!

あとはローグ・ワンですかね。
ルークの旅が終わりを迎え、今までの作品でもルークの節目節目のシーンでは太陽が2つあり、今作の最後でも太陽が2つ昇っていたのが印象的だった
最後のルークがちょっと個人的に残念。チープな最期になってしまった感。
「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」を観た!(ネタバレあり)

あともうちょいで今年が終わる。
その前に映画ファンであるならば、やはりこいつの感想を書いておかねば!ということで「スターウォーズ 最後のジェダイ」の感想です。

スターウォーズシリーズ最新作を観た自分の率直な感想は!
「サービスが足らん!」であった。

ネットを見ると絶賛派と酷評派、真っ二つに割れているのも納得の衝撃的な内容で、これは新世代のスターウォーズに移行するための作品ゆえの宿命。

むしろこれだけ世界から注目されている映画で、非難覚悟のチャレンジをしたライアン・ジョンソン監督の度胸は凄いと思う。

そういう意味では旧作ファンにも配慮したシーンも有りつつ、旧作では観ることがなかった「おっ!そうきたか!」という驚きも提供してくれて、それなりに楽しめたのだが・・・最後、最後だ・・・。あのクライマックスが残念過ぎた。

あれだけ盛り上げておいて、実は・・・・でした!はいくらなんでもちょっとな~。

例えるならば「最後を締める巨大打ち上げ花火が不発に終わった!」って感じ。

もちろん色んな視点で考えれば、あの展開もストーリー的に深い意味があるのだろうけど、やはりこれは娯楽映画の王道「スター・ウォーズ」!

最後ぐらい遠慮なくお客にサービスしてもいいのではないでしょうか? 

それさえあれば他の問題点はどうあれ自分には大傑作になってたかもしれない。

とそんな事を思いつつも、次回の完結編を観たら手のひら返して「最後のジェダイのあれは有り!!」って言ってる可能性も無きにしもあらず(笑) 

そんなわけで、なんだかんだで次回作への期待が猛烈に高まる映画ではありました。
一応、スターウォーズはメインのシリーズを全部見ているけど、基本的にそこまでのファンじゃないです。苦笑


それが前提でのレビューだけど…

んー。
こんな感じだっけ?

というのが感想。


宇宙に放り出されても戻ってくるレイア姫を観て…

ねぇ。あれはなんで!?( ゚д゚)

となった訳で。。。


ラストのルークの優待離脱もよく分からない。そんなんできたんや...😅


ビーム撃ち込まれまくっても平然としており、カイロ・レンとの一騎打ちの後のネタバラし。
ここら辺に着いていけてないりにも、何となく納得させて観ていたのだが、優待離脱後、本体のルークはやっぱり死ぬ訳で…

えっ、何したかったん!?( ゚д゚)


と、またしても当惑。

「また会おう」とは何だったのか😑


後、やっぱり悪役のカイロ・レンが好きになれないなぁ。決して映像映えするとは言えない、下膨れの顔を見ていると、エピソード1〜3のヘイゼン・クリステンセンは数段上な気がするのよね…


良かった点は、赤い騎士vsカイロ・レン&レイ共闘のシーン。
映像的に美しく見応えあったね。

でも、それくらいかな…苦笑
色々納得がいかないだけで
多分面白いのだと思います。

なんか、フォース万能過ぎだし概念変わってる気がする。笑
>|