スター・ウォーズ/最後のジェダイの作品情報・感想・評価

スター・ウォーズ/最後のジェダイ2017年製作の映画)

STAR WARS: THE LAST JEDI

上映日:2017年12月15日

製作国:

上映時間:152分

3.9

あらすじ

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のその後を描く、誰も観たことのない衝撃の「スター・ウォーズ」。ついにフォ ースを覚醒させたレイと、ダース・ベイダーを継ごうとするカイロ・レン。伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの出現は何をもたらすのか?そして、“光”と“闇”の間で揺れ動く二人を待ち受ける“衝撃の運命”とは?

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」に投稿された感想・評価

より濃ゆく感じるプリクエルに否定的な新章。

冒頭の戦闘シーンでいきなり掴まれた!!!最高!!
あと制服姿で一人で来てる男子高校生、女子高生が居たのですが絶対に学校をさぼったんだ!!これの為に!!(妄想)
素晴らしい!!

スターウォーズっぽくない!!

スターウォーズらしさを嗅ぎとって、スターウォーズの上澄みを救って楽しむ時代は終わったんだなって思いました。
伝説だからいけない!なんて台詞も有りましたが、スターウォーズシリーズ全体を指すメタ的な発言を意図してるんだと思います。とにかくぶっ壊してる!!

新鮮っ!!
小さい頃頭でライトセーバーの構造上こんな戦い方できるだろとか、なぜ戦艦同士の戦いでソレをやらないんだって反則行為をガンガン使っていて楽しい!!!!
こんなの見たかった!!!と思える戦いを魅せてくれました。肉汁が溢れてました。
スターウォーズが大好きな人が考え抜いたアイデアが伝わってきます。

スターウォーズらしからぬ、形が良すぎる。
多い主要メンバーを整理する為の言ってみれば、あいつ今頃何やってるのかな?で場面がジャンプする連なりとか、台詞や場面の回収など整理されすぎた気持ち悪さを感じました。
そして僅かばかり説教臭い!!
もっと荒っぽいものを想像してました。

前作であれだけファンサービスをしたのだから好き放題やってやる!なんて心意気を感じるお話でした。
今までスターウォーズで絶対やらなかった手法のオンパレード!!
(心の声とか過去映像とか)
あと、特別な力を持たぬ者の戦い、ローグワン的な楽しさも詰まってました!!

レイとカイロレンの談笑めいたシーンを数回やるとか、やっぱり解き明かされない謎だったり、BB8やりすぎ問題、何より前作のひっぱりやひっかかりをシカトするなどモヤモヤするところもありますが、何回も涙を浮かべるほど楽しめました。

前作踏まえて、1番笑っちゃったのはチューイとレイア姫が抱き合うところでした!!

幸せな2時間半でした!!!
あの子

あの子の感想・評価

4.0
今作も前作に負けないくらい熱い展開があって、胸いっぱいになりました。

子どもの頃に父の影響で見た『スター・ウォーズⅣ』。
初めてルークをアップで見た時に、「この人なんて素敵な目をしてるんだろう!」と思ったんですが、今作でその時の気持ちが蘇りました。

ああ次が待ち遠しい!!!!
China

Chinaの感想・評価

4.2
そこだけ切り取ってもいいような、美しいカットが4箇所くらいあった
カジノシーンの音楽が素敵。
ハイ

ハイの感想・評価

4.0
ルーク!ルーク!
人間関係ぐるんぐるんなので、もう誰が正しくて誰が悪いのかは考えないようにしました。
物語の流れを追いながら楽しむ。

レイとカイロ・レンも気になるけど、ハックス将軍が不憫だったので、今後彼にも格好いい見せ場がありますように…笑
キャプテン・ファズマはあれで終わりなのだろうか…女性で叩き上げな感じはいままでにあまりないキャラクターだったのでもうちょっと見ていたかった。

レイア姫、次どうするのかな…。
本編では存命だったからなあ…。
力を入れたいポイントがいつもと違ったのは分かりましたが、殺陣のシーンに気合が足りないのは残念。

でもやっぱり要所で映像のクオリティの高さに衝撃です!
賛否両論ある今作。
新シリーズ三部作の二部作目ということで
一番作りとしては難しいところ。
そういう意味での作りとしてのアノ作り
なのは納得だけど
その分しっちゃかめっちゃかしたというか
そこにのれるかのれないかだと思う。
ルークの物語としてみれば
今作は最高だった。
それにSWが劇場で観れれば
それでいいことが今作を観てはっきりした
まともな評価なんてできない。
そんな映画。
ryuichi

ryuichiの感想・評価

3.3
スターウォーズはやはり映画館で観るに限る。
TTY

TTYの感想・評価

3.0
記録。
こたつ

こたつの感想・評価

4.2
賛否両論でしたが、普通に楽しめました。

ただ、疑問なところがたくさん残っています。

スノークは一体何者なのか?
レイの出自は本当なのか?

このあたりは次回作で明かされるのだと思います。

今作ではレジスタンスが散々な目にあってます。最初から最後まで撤退戦を強いられているし、建てた作戦は悉く失敗してるし。雰囲気としては帝国の逆襲に近いものを感じました。

カイロレンの心の葛藤をどう解決していくか楽しみです。王道的な展開なら改心するのでしょう。しかし、今作は王道的では無かったですから、改心せず倒されるラストも有りでしょう。

総じて面白かったと思います!次回作が楽しみです。
>|