スター・ウォーズ/最後のジェダイの作品情報・感想・評価

スター・ウォーズ/最後のジェダイ2017年製作の映画)

STAR WARS: THE LAST JEDI

上映日:2017年12月15日

製作国:

上映時間:152分

3.9

あらすじ

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のその後を描く、誰も観たことのない衝撃の「スター・ウォーズ」。ついにフォ ースを覚醒させたレイと、ダース・ベイダーを継ごうとするカイロ・レン。伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの出現は何をもたらすのか?そして、“光”と“闇”の間で揺れ動く二人を待ち受ける“衝撃の運命”とは?

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」に投稿された感想・評価

素晴らしい。その言葉の全てが間違っている!



ライアン・ジョンソン監督 2017年製作
主演デイジー・リドリー、アダム・ドライバー


行ってきましたよ~\(^o^)/
もう、最&高でございます!
スターウォーズ史上最も長い150分でしたが、あっという間でしたね。
どっぷりとスターウォーズ世界に浸りました(^-^)/



と、言いながら、「フォースの覚醒」には及ばない印象です。なんなら、「ローグ・ワン」にも及ばない( ¯−¯ )フッ


ストーリーには一切触れられないので、印象しか書けませんが、「フォースの覚醒」を観た時の圧倒的な興奮が、今作はそれほど無かったんですよね。終わった時の「え~、そこで終わるの~(T_T)。ウソでしょ~?早く次が観たい~」という焦らしもない。

それでも、スターウォーズの世界観が大好きなので、観られるだけで幸せなのですが( ˘ ˘ )ウンウン




スターウォーズ・サーガって、スカイウォーカー・ファミリーのストーリーなんですよね。プリクエルはアナキン、旧三部作はルークを中心にした一族の歴史なんです。
そこに銀河全体が絡むんだけど、あくまでもスターウォーズはスカイウォーカーのストーリー。
だからこそ「ローグ・ワン」はスピンオフなわけで、オープニングクロールも無ければ、ファンファーレも無い。しっかりと差別化がはかられてました。


でも、恐らくは「ローグ・ワン」の成功が大きいんだろうけど、「最後のジェダイ」はローグ・ワン的な群像劇になってしまったなぁ。柱がぼけてしまった……そこが残念(T_T)



でも、楽しかったのは間違いない。
ジョン・ウィリアムズによるテーマが流れるだけで、「ふわ~」ってなってるし、途中途中の音楽の使い方はやっぱりサイコー\(^o^)/

あと、僕は今作、めっちゃ笑いましたよ(笑)
ずっとニヤニヤしてたなぁ。
ファンサービスもたっぷりで、飽きさせない。
ポーグのぬいぐるみ、買っちゃった( ¯−¯ )フッ




明日は4DXで観よう!(笑)
僕はあと何回か観ますよ(。・ω・。)ゞビシッ!!




ところで、公開日の今日は2D吹替版と字幕版を2本連続で観てきました(^-^)/
やっぱり字幕版が好きかなぁ。
英語のセリフがいいのですよね。
短いワードなのに、深い( ˘ ˘ )ウンウン
残念だけど、吹き替えは言葉のセンスがオリジナルに届かないし、誤訳というか、ニュアンスが異なる表現がいくつかあったと思う(T_T)

声優さんもちょっと残念。
旧三部作は吹き替えもしっかりとオーディションがあって、違和感が全くなかったですよね。今回は合ってないなぁと感じられる部分がありました。まぁ、好みの問題かもしれません。
世界同時公開は嬉しいけど、急ぎ過ぎだったんじゃないかなぁ。


さぁて、4DX観たら、また追記しよう(^-^)

追記:2017 12.16 4DX3D字幕版で3度目の鑑賞



やばい。o゜ヤバ(p´□`q)ヤバ゜o 。
めっちゃ面白い~\(^o^)/


やっぱりスターウォーズと4DXの相性はサイコーですね~。なんと言っても、地元にディズニーランドがあるようなものですからね( ˘ ˘ )ウンウン


「フォースの覚醒」で体験して以来、スターウォーズと4DXの組み合わせは最高のコンテンツだと思っていましたが、本作も間違いありませんでした!実は「ローグ・ワン」はイマイチだったんですよね。あの、戦場のリアル感は4DX向きではなかった。

しかし、「最後のジェダイ」はバッチリです!
レイが濡れるシーンは、こっちもべっちょべちょですし(笑)、Xウイングなどの戦闘シーンも揺れが一緒なので、超楽しい( ˘ ˘ )ウンウン

スコア0.1加算ですね、こりゃ。
要は娯楽アクションとしては、文句なしに面白いけど、スターウォーズとしては少し物足りないというのが、たけちゃんの結論です(。・ω・。)ゞビシッ!!


2018年1.1元旦 4DX3D吹替版で4度目の鑑賞

吹替版は字幕を追わなくて良いので、映画に集中できていいですね( ˘ ˘ )ウンウン



2018年1.5 本日よりダーク・エディション公開ということで観てきましたよ。4DX3D字幕版です。

ちなみに、前までの4DXはライト・エディションと言います(^-^)


何が違ったのかと言うと
あの子

あの子の感想・評価

4.0
今作も前作に負けないくらい熱い展開があって、胸いっぱいになりました。

子どもの頃に父の影響で見た『スター・ウォーズⅣ』。
初めてルークをアップで見た時に、「この人なんて素敵な目をしてるんだろう!」と思ったんですが、今作でその時の気持ちが蘇りました。

ああ次が待ち遠しい!!!!
China

Chinaの感想・評価

4.2
そこだけ切り取ってもいいような、美しいカットが4箇所くらいあった
カジノシーンの音楽が素敵。
ハイ

ハイの感想・評価

4.0
ルーク!ルーク!
人間関係ぐるんぐるんなので、もう誰が正しくて誰が悪いのかは考えないようにしました。
物語の流れを追いながら楽しむ。

レイとカイロ・レンも気になるけど、ハックス将軍が不憫だったので、今後彼にも格好いい見せ場がありますように…笑
キャプテン・ファズマはあれで終わりなのだろうか…女性で叩き上げな感じはいままでにあまりないキャラクターだったのでもうちょっと見ていたかった。

レイア姫、次どうするのかな…。
本編では存命だったからなあ…。
力を入れたいポイントがいつもと違ったのは分かりましたが、殺陣のシーンに気合が足りないのは残念。

でもやっぱり要所で映像のクオリティの高さに衝撃です!
賛否両論ある今作。
新シリーズ三部作の二部作目ということで
一番作りとしては難しいところ。
そういう意味での作りとしてのアノ作り
なのは納得だけど
その分しっちゃかめっちゃかしたというか
そこにのれるかのれないかだと思う。
ルークの物語としてみれば
今作は最高だった。
それにSWが劇場で観れれば
それでいいことが今作を観てはっきりした
まともな評価なんてできない。
そんな映画。
ryuichi

ryuichiの感想・評価

3.3
スターウォーズはやはり映画館で観るに限る。
TTY

TTYの感想・評価

3.0
記録。
こたつ

こたつの感想・評価

4.2
賛否両論でしたが、普通に楽しめました。

ただ、疑問なところがたくさん残っています。

スノークは一体何者なのか?
レイの出自は本当なのか?

このあたりは次回作で明かされるのだと思います。

今作ではレジスタンスが散々な目にあってます。最初から最後まで撤退戦を強いられているし、建てた作戦は悉く失敗してるし。雰囲気としては帝国の逆襲に近いものを感じました。

カイロレンの心の葛藤をどう解決していくか楽しみです。王道的な展開なら改心するのでしょう。しかし、今作は王道的では無かったですから、改心せず倒されるラストも有りでしょう。

総じて面白かったと思います!次回作が楽しみです。
>|