スター・ウォーズ/最後のジェダイの作品情報・感想・評価

スター・ウォーズ/最後のジェダイ2017年製作の映画)

STAR WARS: THE LAST JEDI

上映日:2017年12月15日

製作国:

上映時間:152分

3.8

あらすじ

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」に投稿された感想・評価

素晴らしい。その言葉の全てが間違っている!



ライアン・ジョンソン監督 2017年製作
主演デイジー・リドリー、アダム・ドライバー


行ってきましたよ~\(^o^)/
もう、最&高でございます!
スターウォーズ史上最も長い150分でしたが、あっという間でしたね。
どっぷりとスターウォーズ世界に浸りました(^-^)/



と、言いながら、「フォースの覚醒」には及ばない印象です。なんなら、「ローグ・ワン」にも及ばない( ¯−¯ )フッ


ストーリーには一切触れられないので、印象しか書けませんが、「フォースの覚醒」を観た時の圧倒的な興奮が、今作はそれほど無かったんですよね。終わった時の「え~、そこで終わるの~(T_T)。ウソでしょ~?早く次が観たい~」という焦らしもない。

それでも、スターウォーズの世界観が大好きなので、観られるだけで幸せなのですが( ˘ ˘ )ウンウン




スターウォーズ・サーガって、スカイウォーカー・ファミリーのストーリーなんですよね。プリクエルはアナキン、旧三部作はルークを中心にした一族の歴史なんです。
そこに銀河全体が絡むんだけど、あくまでもスターウォーズはスカイウォーカーのストーリー。
だからこそ「ローグ・ワン」はスピンオフなわけで、オープニングクロールも無ければ、ファンファーレも無い。しっかりと差別化がはかられてました。


でも、恐らくは「ローグ・ワン」の成功が大きいんだろうけど、「最後のジェダイ」はローグ・ワン的な群像劇になってしまったなぁ。柱がぼけてしまった……そこが残念(T_T)



でも、楽しかったのは間違いない。
ジョン・ウィリアムズによるテーマが流れるだけで、「ふわ~」ってなってるし、途中途中の音楽の使い方はやっぱりサイコー\(^o^)/

あと、僕は今作、めっちゃ笑いましたよ(笑)
ずっとニヤニヤしてたなぁ。
ファンサービスもたっぷりで、飽きさせない。
ポーグのぬいぐるみ、買っちゃった( ¯−¯ )フッ




明日は4DXで観よう!(笑)
僕はあと何回か観ますよ(。・ω・。)ゞビシッ!!




ところで、公開日の今日は2D吹替版と字幕版を2本連続で観てきました(^-^)/
やっぱり字幕版が好きかなぁ。
英語のセリフがいいのですよね。
短いワードなのに、深い( ˘ ˘ )ウンウン
残念だけど、吹き替えは言葉のセンスがオリジナルに届かないし、誤訳というか、ニュアンスが異なる表現がいくつかあったと思う(T_T)

声優さんもちょっと残念。
旧三部作は吹き替えもしっかりとオーディションがあって、違和感が全くなかったですよね。今回は合ってないなぁと感じられる部分がありました。まぁ、好みの問題かもしれません。
世界同時公開は嬉しいけど、急ぎ過ぎだったんじゃないかなぁ。


さぁて、4DX観たら、また追記しよう(^-^)

追記:2017 12.16 4DX3D字幕版で3度目の鑑賞



やばい。o゜ヤバ(p´□`q)ヤバ゜o 。
めっちゃ面白い~\(^o^)/


やっぱりスターウォーズと4DXの相性はサイコーですね~。なんと言っても、地元にディズニーランドがあるようなものですからね( ˘ ˘ )ウンウン


「フォースの覚醒」で体験して以来、スターウォーズと4DXの組み合わせは最高のコンテンツだと思っていましたが、本作も間違いありませんでした!実は「ローグ・ワン」はイマイチだったんですよね。あの、戦場のリアル感は4DX向きではなかった。

しかし、「最後のジェダイ」はバッチリです!
レイが濡れるシーンは、こっちもべっちょべちょですし(笑)、Xウイングなどの戦闘シーンも揺れが一緒なので、超楽しい( ˘ ˘ )ウンウン

スコア0.1加算ですね、こりゃ。
要は娯楽アクションとしては、文句なしに面白いけど、スターウォーズとしては少し物足りないというのが、たけちゃんの結論です(。・ω・。)ゞビシッ!!


2018年1.1元旦 4DX3D吹替版で4度目の鑑賞

吹替版は字幕を追わなくて良いので、映画に集中できていいですね( ˘ ˘ )ウンウン



2018年1.5 本日よりダーク・エディション公開ということで観てきましたよ。4DX3D字幕版です。

ちなみに、前までの4DXはライト・エディションと言います(^-^)


何が違ったのかと言うと
レジスタンスにポイントを置いた4DXがライトエディション、ファーストオーダーの動きにポイントを置いたのがダークエディション( ¯−¯ )フッ
分ける意味あるん?って思ったけど、ダークエディションが思ったより良かったので、文句が消えました(笑)
shino438

shino438の感想・評価

2.5
ポー・ダメロンがもーダメろん。この一言に尽きる。あんなにチャーミングだったレイは、ルークの悪い所(マスターの言うことを聞かないところ)をきっちりと受け継いでしまった。フィンとのロマンスについても、新たな登場人物のお蔭でなんだか変な空気になってしまった。

「ローグ・ワン」と同じく戦争のリアリティやシリアスな雰囲気をこの世界観に持ち込むと重くなるだけであんまり馴染まない気がしますね。戦闘シーンがリアル(重力!とか)になればなるほど、SWシリーズ特有の「群像劇なんだけど個々の描写が浅い」ところが目立ってしまう。前作が最高だっただけにちょっと残念だったかなー。

ただそれでもルーク・スカイウォーカーは最高だった。2つの太陽の夕陽のシーンはこれまでずっと見守ってきたファン全員を涙させるくらいの名シーンだと思う。
ユキ

ユキの感想・評価

3.3
安定感はハンパない。
でも世代交代していき、一番面白かった時のメンバーが観れなくなっていくのがちょいさみしい( ´-`)

チューバッカの隣にソロがいないのはまだ馴染めない~( >Д<;)
少し期待はずれ
悪くはない
マー

マーの感想・評価

4.0
心が揺らぐレイの姿がそこにあった。頑張って乗り越えてほしい。
み

みの感想・評価

3.5
終始散らかりまくってしまった印象?
特にスターウォーズファンからは酷評みたいですね。確かに今までのスターウォーズを踏襲していない感じがしました。全体的にまとまってない感じもしましたし、新しく出て来た奴らいる??きっと9で活躍してくれるのでしょうが、終演に持っていくクッションとしては弾みがなさすぎたように感じました。
またこれは7にも言えること、いや7から言えることですがキャラクターに愛着が湧きません。唯一の癒しはBB-8くらいのもので、他の人物に関しては何やってんの?みたいな感情が湧きます。そして一番気になったのは神殿から付いて来た鳥みたいなやつの質感です。きっと8の象徴的かつアイコン的なものにしたかったのではないかと思いますが、質感がスターウォーズじゃない気がしました。馴染んでないというか。
前6作が成功してしまっただけに制作のハードルが高いとは思いますが、このままだと過去の甘い蜜をすすって商業的に成功させることしか考えていないと言われざるを得ないと思います。この9部作をどう終わらせてくれるのか、次作は劇場で見たいと思います。
arajin

arajinの感想・評価

3.5
まあまあ
IZO

IZOの感想・評価

3.0
シリーズすべて見られました。
期待が大きかったのか、あまりワクワクはなかった感じ。印象に残ったのはレイはきれいだったくらいかな。
ルークも年取りました。華やかさがなくて残念。まぁそういう物かもしれないですね。
しこね

しこねの感想・評価

2.5
記録。映像が綺麗なだけ。
>|