スター・ウォーズ/最後のジェダイの作品情報・感想・評価

スター・ウォーズ/最後のジェダイ2017年製作の映画)

STAR WARS: THE LAST JEDI

上映日:2017年12月15日

製作国:

上映時間:152分

3.8

あらすじ

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」に投稿された感想・評価

marina

marinaの感想・評価

-
公開日のレイトショーで観てきました…
高まりまくり&ムードに流されて観終わった後の満足感凄かったけど今までで1番!とは言えるかなぁ?という感じでした、
戦闘シーンとかすごくよかったと思うんです、宇宙で追いかけっことかAT-ATたちと赤塩撒き散らして戦うのとかすごい良かった、レイとカイロレンが一緒に戦うのもフィンとファズマが戦うあたりとかも
ただ、レイアのあのシーン、センスないわ〜て思ったし、
レイの心情の表現などなどはちょっと回りくどい感じがした
でももう一回観たらしっくり来るかなどうかな

あとカイロレンの衣装の着こなしの違和感がわかった気がした。一回光を見て、闇落ちしたひとがする着方だ。マスク取ってる時アナキンと重ねちゃってた。あの人は白とか茶色の方がぐっと来るものがある気がする…これ誰にも共感してもらえないと思うからこそここだけに書き留めとく…
縞

縞の感想・評価

3.3
何だか色々前振りされて、Episode9に全ては繋がるのか…?と、期待と不安がないまぜに。
色々複雑なカイロ・レンが一番好きかも。
BB-8は安定の可愛さ。相棒!!

このレビューはネタバレを含みます

光と闇、生と死、善と悪、ファーストオーダーとレジスタンス…など二元論的な要素が多く、さらにそれがレイとベン、ルークとレイア、師と弟、フォースをつかえる者とつかえない者…などキャラクターの関係性を個別に読み解くことにつながっていて面白かった。

特にフォースをつかえる人だけにわかる繋がりがぐっときた。
レイとベンの演出とか。
生まれも育ちも違ければ、対立する組織に所属し殺し合ったのに、フォースがあるから同じことを感じ、同じように光と闇の間で迷い、運命めいた共同体のような気持ちになっているのが好き。
光がいいのでも闇がいいのでもなく、「バランス」が大事だという二元論ではないという面が2人の関係でもわかる。

ローズという新キャラの登場はびっくりした。
こんながっつりヒロインしちゃって大丈夫?
次作でちゃんとキャラ作りこんで、活かさないとだめになってるよ?
今作のポーくらいは次作で活躍してくれないと困る。
確かにレイがルークの所に行った以上、フィンに相棒が必要だし、虐げられている弱者のレジスタンスを描く要素があったのはいいけど、その役割はポーが担えたと思う。
というか、最後のフィンが捨て身でキャノンに突っ込むのを止めるのは最早ポーの役割を奪っていた。
「ローズなんかーい! ってフィンに惚れとったんかーい!」
という感じだった。
ポーの成長を見せるのは、そこしかなかったのに。
ローズが死んでたら脚本にトマト投げてたけど、生きてたので次作でちゃんとローズを描いてほしい。期待。

噂に聞いてたルークの扱いについては、最期はちょっと疑問だけど、あんまり思うことはなかった。
エピソード7から入った勢なので。

序盤で泣かしにくるの困る。
エピソード8観てる人たちはローグワン履修済なわけだよ。
やめろよ、泣くだろ。
レジスタンスのテーマが流れる度に涙腺が緩む。
エピソード7まではレジスタンスのテーマは救援の合図、言うなれば勝利のテーマだったのに、今作では多くの犠牲を孕んだテーマで切なくてしょうがなかった。
わからない人はyoutubeで検索して今すぐ聴いてください。
レジスタンスのテーマが一番好き。
二番目はジェダイのテーマ。
ジェダイのテーマは受け継がれているのがロマンある。
型破りだったけど悪くはない。
カジノのシーンは全部いらない
m95

m95の感想・評価

-
物語が進んでいるというよりは、色んな人物の葛藤など精神的な面にフォーカスされています。ワンシーンとも言えない短いシーンですが爆走するBB-8が可愛かったです(笑)
Kintaro

Kintaroの感想・評価

4.4
今回は今までのルールを取っ払ったようなことがたくさん起こったがそれもまた良かった。友達と笑いながら謎解きしたりするには持って来いで、早く続きを見たくなるような終わらせ方だったけど、小生単純ゆえに早く見たい。
サラ

サラの感想・評価

3.7
カイロ・レンの心の葛藤とルークの静かな闘いが良かったです。
チューイとポーグが和みました。ラストの男の子が今後活躍しそうですね。
GAJIROCK

GAJIROCKの感想・評価

1.5
嗚呼、スター・ウォーズ…
嗚呼、ジョージ・ルーカス…
残念だった
>|