スター・ウォーズ/最後のジェダイの作品情報・感想・評価・動画配信

スター・ウォーズ/最後のジェダイ2017年製作の映画)

STAR WARS: THE LAST JEDI

上映日:2017年12月15日

製作国:

上映時間:152分

3.7

あらすじ

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」に投稿された感想・評価

エピソード最後まで
ワタシは生きていられるのでしょうか?
1003PO

1003POの感想・評価

1.0
スター・ウォーズという看板がなければ
ただ時間が長いだけのゴミ
前フリは続くよどこまでも

なかなか本題に入らないじれったさにそろそろ痺れが切れてきた感じだろうか。でも次レイア姫どうするんだろう?とか別の興味があるのでまたみんな観てしまうのだろうな。それがスターウォーズの魔法。
tsumu

tsumuの感想・評価

3.8
ハックス将軍の小物感大好き
TOMTOM

TOMTOMの感想・評価

2.0
レイアもフォーカス使える!なんて言うと思ったかい。ひっくり返るところだったよ。風邪なおってすぐ病み上がりの中で観てたから、頭おかしくなったのかと思ったけど、非常に素晴らしい作品でした。
ミッキー万歳
adad

adadの感想・評価

1.8
登場人物が…。ポリコレキャストは下らない。かっこいいキャラクターが見たかった。フィンと急に出てきた謎のキャラ、おれたちはいったい何を見せられてる?レーザーに突っ込んだのは逆に面白かった。
映像だけ良くてストーリーも面白くない。過去作と似たような話だった。下位互換を作るなら過去作のリメイクを作ったほうが良かったのでは。ワクワクを感じなかった。
ロボットと小動物はかわいい。
20世紀のホメロスが描いたもの
My Family Chronicle with Star Wars EP.8/9

続3部作(シークエル・トリロジー)は、20世紀のホメロスによって編まれた『オデュッセイア』(旧3部作)と『イーリアス』(新3部作)のスピンオフ作品として味わうのが僕なりの受け入れ方です。9歳のときにシリーズ第1作(エピソード4)を14インチテレビで観て心奪われてから30数年が過ぎたことになります。

この続3部作の中間に位置する作品は、レイとカイロ・レンという男女2人の若者がそれぞれのルーツ(血脈)をめぐって苦悩する姿を描いたものですが、これまでのシリーズが東西冷戦やテロリズムといった現実社会の構図を背景としていたのとは異なり、虚構の神話体系それ自身を背景としているようなところがあります。

ですから様々な賛否を尻目にしながら、本質的にこの3部作に力がないとするなら自己言及的な構造に由来するものだと僕は思っています。


2017年公開
僕:43歳
妻:43歳
息子:14歳


この作品については中学生になったニュー・スカイウォーカーと我が家のレイア姫との3人で劇場まで観に行きました。そして我が家のレイア姫が「夢のような時間だった」と喜んでいたので僕としては何も言うことなどありません。家族で劇場に行ってポップコーンを食べながら観れたのがそうとう嬉しかったようです。

思えば『スター・ウォーズ』シリーズとは、劇中でのクロニクル(年代史)と観客のクロニクルが交差するような一大映画現象だったと言えます。ですから将来もしも息子がカイロ・レンとなり、ハン・ソロに対するように僕を斃(たお)すことがあれば、それが本望だと心から思いました。

ルークの結末も僕にとっては自然に受け入れられるものです。何故ならこの続3部作それ自身が、現実世界の何事をも背景とはしていないからです。ルークもまたフォースの一部になったことこそが重要だと僕には思えます。

Was the Force with me?
Was I with the Force?

そんな気分で映画館での時間を過ごしました。
2022年 378本目

やはりルークがかっこいい

スター・ウォーズなのだが、過去作に比べるとライトセーバーでの戦闘シーンが少なくあまりスター・ウォーズ感がなかった
ずっと逃げていた印象が強い

BB-8がメダルを連射して攻撃するシーンが好き



2021/01/10 プライムビデオで鑑賞 ☆3.9

2021年 17本目

前作で戦ったレイとカイロ・レンが背中合わせたシーン熱い

ヨーダもちょっとだけの登場だったけど嬉しかった


ルークカッコよかった〜
アダムドライバーかっけぇ
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品