スター・ウォーズ/最後のジェダイの作品情報・感想・評価・動画配信

スター・ウォーズ/最後のジェダイ2017年製作の映画)

STAR WARS: THE LAST JEDI

上映日:2017年12月15日

製作国:

上映時間:152分

3.7

あらすじ

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」に投稿された感想・評価

生牡蠣

生牡蠣の感想・評価

3.5
新型コロナウイルスが蔓延して不要不急の外出を控えている中、不幸中の幸いと言っていいのかわかりませんが、今まで見たかった作品をまとめて見ておりまして、この作品もようやく観賞できました。

さて、僕はあまりこの新しい三部作には馴染めておりません。理由は色々ありますが一番の要因はどうしても製作側の思惑を勘ぐってしまうことです。

PCに対する配慮とかなんとなく漂うお金の匂いとか、とにかくロマンを追求して作っていたルーカス時代をどうしても懐かしんでしまうのです。
(とくに最近の映画界の行きすぎたPCは逆にコンプレックスを強調させてしまっているように思えます。)

とはいえこれも作り手を排除して純粋に作品を評価できない未熟者の甘えでしょうか。
もっと映画を見て勉強しようと思います。
自分にはなんとなく引っかからないままの新三部作でした。
はっきり今までのスターウォーズとは毛色の違う作品やと思う。
あらゆる意味で世代交代を試みててそれが上手くいってるとこもあるけどいってないとこもある。
展開に次ぐ展開でかなり駆け足な感じやったけどもおもろかった。

このレビューはネタバレを含みます

基本的にはダメなんだけど、
レイ&カイロ・レンがタッグを組んでプレトリアンガード軍団とセイバーバトルする一部分のシーンが神(クァンミ)過ぎるのでこんな点数。
記録

真っ赤だな〜真っ赤だな〜
土も空気も真っ赤だな〜

大事な人を前作で失い、サブキャラ(天童よしみにしか見えない)にスポットがあたり、なんか言葉がでない。
<概説>

最後のジェダイであるルーク・スカイウォーカーはこの宇宙戦争に静観を決め込んでいた。彼に刻まれたあまりにも深い心の傷。しかし戦況はそれを顧みず、さらなる佳境へと進んでいく。

<感想>

456ファン「これまでのSWが大切!」
製作側「ディズニーSWだけが正しい」

123ファン「これまでのSWが大切!」
製作側「ディズニーSWだけが正しい」

ルーカスファン「これまでのSWが大切!」
製作側「ディズニーSWだけが正しい」



『最後のジェダイ』が公開当時色々炎上していたのは知っていました。ただこういうのは炎上すると低評価が視聴に先立つので、そのあたりは注意して視聴。

その結果「まあ燃えるわな」と。

ローズがどうだとか、監督がSWを愛してないとか完全な枝葉末節です。問題なのはSWという作品群がディズニー思想を礼賛するのに利用されているだけな点なんですよ。

「多様性サイコー!」
「選民思想はクズ!」
「新しい価値観を認めろ!」

近年の政治的風潮からすると、この姿勢は魅力的でしょう。これ自体間違ったことは何も言ってませんし、素敵な思考であるのはわかる。

ただ本作はこれが対立項の全否定に繋がっているのです。

「多様性サイコー!」「フォースは選民思想!」
「選民思想はクズ!」「エリート思考観客不要!」
「新しい価値観を認めろ!」「古きは黙って去れ!」

よりによってこれをルークやヨーダ師匠に言わせるのがもう怖気。「ジェダイは間違っていたのだ」と、散々に旧作を貶させるのは従来のファンを馬鹿にしています。

更に新世代代表のレイは人物描写がまだまだ浅いのがあって、どうもメアリー・スーじみている。例えるならばハリポタ9部作をスネイプ主人公でやっていたのに、終盤ネビルが無双の大活躍するようなもの。

そりゃあ怒りますわ。なんで怒らないと思ったの。



これが評価が二分されているのは、おそらくSWファンとディズニーファンが混在しているからでしょうね。ディズニー映画としてはテーマが普段通りですから、純粋なディズニー映画と見たなら派手な分楽しめるのでは。

まあ。それでも。いくらディズニー映画でも。

先のファンを蔑ろにするようでは、つい中指が。
トガタ

トガタの感想・評価

3.5
とりあえずかっこいい
たけお

たけおの感想・評価

3.5
ファン補正
n

nの感想・評価

3.7
あのフクロウ可愛すぎん。。。
BB-8かどっちか欲しい。。。
ほんでやっぱりアダムドライバー好き過ぎる。。。
>|

似ている作品