スター・ウォーズ/最後のジェダイの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

スター・ウォーズ/最後のジェダイ2017年製作の映画)

STAR WARS: THE LAST JEDI

上映日:2017年12月15日

製作国:

上映時間:152分

3.8

あらすじ

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のその後を描く、誰も観たことのない衝撃の「スター・ウォーズ」。ついにフォ ースを覚醒させたレイと、ダース・ベイダーを継ごうとするカイロ・レン。伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの出現は何をもたらすのか?そして、“光”と“闇”の間で揺れ動く二人を待ち受ける“衝撃の運命”とは?

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」に投稿された感想・評価

196

196の感想・評価

4.0
EP1から前作まで一気見して準備万端からの鑑賞だったが、全体的にはさすがSTAR WARSシリーズと言って良い出来栄えだったと感じた。レイアの生還シーンとか少々苦笑してしまう場面も無きにしも非ずだったが、ストーリーもキャラクター描写も楽しめた。シリーズの主要な人物がほぼいなくなってしまい、かつ相当追いつめられた状況での次回作、どうなることやら。
おすか

おすかの感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

カイロレンとレイの共闘になる時の背中合わせのシーンは鳥肌立った
chako

chakoの感想・評価

2.2
前作は「まぁまぁうん。」という評価で、今作は本当に許せないレベルに駄作だった。
まずスターウォーズの醍醐味である家系から来る壮大な力の関係性が全く無い。
レイやフィン、といったメインジェダイキャラクターに過去や血筋が関係していない。スノークに至ってはなんの説明もないままポイである
「誰にでもフォースを持つことが出来る」というデ◯ズニーらしいメッセージ性は認めるとしても、脚本に粗がありすぎており、子供騙しが過ぎる。
ローズの無駄に長い尺、顔面偏差値については映画としてそもそも映えないので悪手。
アクションも凡庸であり、そして期待のルークは旧三部作を冒涜するかのような思考回路
最後の希望のキャプテンファズマ…^^;
その他にもポーダメロンの本当にダメロン感と、ワープで全滅みたいなご都合主義も垣間見えた。

そしてレイアのスーパーマンリターンズとルークの幻影マトリックス避けはギャグ???

ここまでメジャーで期待がされているコンテンツをどうしてここまでレ◯プ出来るのか。関係者の真意を問いたい
Mokoi

Mokoiの感想・評価

3.2
ルークが……
個人的にキャラクターの魅力がこれまでに比べると薄い!
かつお

かつおの感想・評価

3.5
アダム・ドライバーの悲しい表情、ちょっと幼い表情、心を許す表情、それを観れただけでもう満足です。
これで良い。

ファンなら誰でもこんな展開、もしくはあんな展開があるはずと時に過剰な期待を持つもの。

今作に関しては今までの作品の中でも展開が読めないことが多い。

それを裏切りと捉えてしまったファンからすれば反感を買うだろう。

私個人の意見だが、
エピソード5でのベイダー卿の告白(有名すぎるので伏せる必要はないかもしれない。)こそがスターウォーズ史上最大の"裏切り"であると思っているし、
だからこそエピソード5が最高傑作たる所以だとも思う。

今作はそれほどの裏切りがあったとは言えないが、スターウォーズの世界観を成すビークルや生物たちの魅力は私たちを裏切らないし、作り手の愛を感じるオマージュも多々あった。

次作への暴力的とも言えるバトンタッチに関しては思うところもあったが、
最終作の公開を楽しみにしたい。

やはりこの世界観、たまらない。
Toru

Toruの感想・評価

3.7
前作ほどの感動はなかったし、展開もなんとなく読めてしまうけどそれでも面白かった。

このレビューはネタバレを含みます

フィンはローズとじゃなくてレイとがいい!って憤慨した😣
ローズは好きだけど、恋愛が唐突すぎて感情がついていけなかった。
カイロレンは前作から好きになれないまま終わった。ダメ息子ベン!😣
多分、カイロレンの役者が好きじゃない…
レイの方がイケメンだもん!

なんとなくストーリーが雑に感じてしまった…
otoufu

otoufuの感想・評価

1.6
登場人物が行き当たりばったりで、不合理な行動ばかり。
その為、ひたすらにストレスを抱えたストーリー進行になっている。
せっかく前作までで作り上げてきたキャラクターの魅力もすべてスポイルしている。

映画的にもプロットに穴だらけ、スターウォーズ的に穴だらけ。

この作品でスターウォーズシリーズが終息していくことにならないか不安を覚えた。
satomi

satomiの感想・評価

3.5
やっぱりスターウォーズは良い。
世界観が確立されているからなあ。
ルークの描き方に往年のファンの高まりは一入なのでしょう。


それぞれのキャラのストーリーがあって飽きずに楽しめた。

そしてカイロ・レンは憎めないわ。