スター・ウォーズ/最後のジェダイの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

スター・ウォーズ/最後のジェダイ2017年製作の映画)

STAR WARS: THE LAST JEDI

上映日:2017年12月15日

製作国:

上映時間:152分

3.9

あらすじ

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のその後を描く、誰も観たことのない衝撃の「スター・ウォーズ」。ついにフォ ースを覚醒させたレイと、ダース・ベイダーを継ごうとするカイロ・レン。伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの出現は何をもたらすのか?そして、“光”と“闇”の間で揺れ動く二人を待ち受ける“衝撃の運命”とは?

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」に投稿された感想・評価

HY

HYの感想・評価

2.7

このレビューはネタバレを含みます

コアなファンからすれば、突っ込みだらけの過去の遺産を食い荒らした作品となると思う。
ただ、スターウォーズならではの迫力ある宇宙戦やライトセーバーによるチャンバラは、心をワクワクさせます。
配給会社も監督も変わっていると割り切ることで、スターウォーズでしか味わえない爽快感を得ることが出来ると思う。
そして、あのテーマは鳥肌が立ちます!
スターウォーズが始まった感を全身で味わえるので、やはりスターウォーズファンであるなら観るべきでしょう。

ストーリー的な面を言えば微妙だが、スターウォーズだから面白い!
そう言う映画だと思います。
映画として楽しめたし面白かったが、
だんだんとルーカスフィルムのCG技術の定期発表会に思えてきてしまった。
まず率直に思ったのが長い。何度か終わりそうなタイミングはあり、さっきのところで終われば良くない?と感じた。
あと全体的にこれまでと比べてギャグシーンが多くて正直くどかった。効果的なお笑いならいいが、シリアスであってほしい雰囲気を壊してるように思えた。
なんだかんだ文句もあるが、ワクワクさせてくれる作品ではあったのでけっこう満足。
mitsuwo

mitsuwoの感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

予想していた展開と全く異なった。
フォースの覚醒の方が数倍楽しい

エピソード9が楽しみだが正直、
STAR WARS映画やりすぎと思う。

2018 ハンソロ スピンオフ
2019 エピソード9
2020 オビワン スピンオフ

ライアンジョンソンによる新三部作も決定しているらしい。
せめてこの間は10年くらい開けて
欲しかったです。ファンを飽きさそてしまう
映像かっこいいとこあるけど、合成やコンポ下手なとこ目立った。私の好きなSWはそこになかった。新しい時代が来たのかなと、寂しくなった。
本当にこれでいいのか……?といった印象。
キャラの魅力の無さと話の盛り上がらなさが7ではかなり気になったが、今作ではそれらが良い方にパワーアップしていたようには感じた。
話はほぼ全てがネタバレになるので伏せるが、今までのスターウォーズらしからぬ展開が繰り広げられるため新鮮さを感じはするのだが、個人的にはそれが逆に仇となっていた印象。自分がスターウォーズに求めていた内容じゃなかった。
7からの新キャラクターたちは本当にショボい。特に8で登場したアイツだけは許さない。マジで。
キャラクターそれぞれに見せ場がある点は評価できるが、新シリーズの顔としてやはりインパクトにかけるというか、あまり味方しようと思わないというか、とにかく花が無い。特にカイロレン。マスクもダサいし。コイツに旧三部作のあのキャラたちがああされてしまうのは不本意。
また、ツッコミどころが多すぎる。ネット上疑問点のまとめなどが上がってますが本当に酷いです。
スターウォーズというコンテンツに泥を塗りたくられたような最低の作品です。
KCITO

KCITOの感想・評価

-
個人的には、少しだけ期待外れでした。やっぱりスターウォーズは、ライトセーバーの戦いをたくさん描いて欲しいという幼稚な意見。
MisakiIno

MisakiInoの感想・評価

3.6
バトルシーンは相変わらずかっこいい
前作と合わせてもう一度見返したい!
「私たちは彼らが超えるべき存在なんだ」

実は公開翌日に観に行っていた。
賛否両論ありまくる中ですが、私は面白かった。

7で違和感があったカイロレンの小物感。
気が短いのが、気性が荒いというより駄々っ子に見える。
ダースベイダー、リスペクトマスク。
結果、苦しいしすぐはずす(はずすんかーい)

でも8を観て思った。気づいた。
「あ、こいつは、こういうやつや。」
そして受け入れた。そしたら可愛く見えてきた。
カイロレン好きになった。

ヨーダの言葉に涙があふれた(って記憶がある)
miru

miruの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

映画としては、予想をはるかに超えた展開が面白かった。一度レイとカイロレンが一緒に闘って 協力するかと思いきや!ってとことか、ルークは遠隔操作でフォースを操ってみんなを助けたとか。びっくりしたのが面白かったけど。けど!!!その展開はスターウォーズじゃないだろ!!!!という気持ちで5評価の半分の2.5。あのワクワク感といつでも正義が勝つ、あの輝かしい展開がスターウォーズなのに、と思うところが大きかった。後付け感のすごい設定なども気になった。あと可愛らしい新キャラが登場するけど、めちゃくちゃ可愛いけど、用途なさすぎ!!!ディズニー色が強すぎ!
まさかスターウォーズをここまで斜めに見てしまう日が来てしまうとは。怒りよりも残念な気持ちが上回ってる。途中からどうでもよくなってきた。
ファン目線で観てもダメダメだし、一本の映画作品としても全く面白くない。
やりたいことは分かるんだけど、それにしてもヘタすぎるよ。シンプルにつまんないんだもんよ。