スター・ウォーズ/最後のジェダイの作品情報・感想・評価 - 923ページ目

スター・ウォーズ/最後のジェダイ2017年製作の映画)

STAR WARS: THE LAST JEDI

上映日:2017年12月15日

製作国:

上映時間:152分

3.8

あらすじ

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のその後を描く、誰も観たことのない衝撃の「スター・ウォーズ」。ついにフォ ースを覚醒させたレイと、ダース・ベイダーを継ごうとするカイロ・レン。伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの出現は何をもたらすのか?そして、“光”と“闇”の間で揺れ動く二人を待ち受ける“衝撃の運命”とは?

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」に投稿された感想・評価

ローグワンほどの感動と興奮はなかったけど、7でやった焼き増しの汚名は返上できてる面白さだった。妙にコミカルなとこが出てくるのは気になったけど
アガるシーンはあるのだが、全体的につまらない。
ルークが座禅を組んで浮き上がるシーン、我々はオウム真理教のプロモーションビデオを見せられているのかと勘違いしてしまった。
KoKo

KoKoの感想・評価

4.3
初めてスターウォーズを映画館で観たのでオープニングから涙出そうだった(。>﹏<。)
レイとカイロレンの対比がNARUTOのナルトとサスケっぽくて感慨深かった😳
それ以上は語らないでおこう🙌
ファンは楽しめる映画👍
tmm

tmmの感想・評価

3.9
今作も初日に観れたでな…おなじみのタイトル出しで拍手が起こる六本木を体感。

ポーグかわいいんだけど、今作かわいい動物系キャラ多くないか…?ジャバ・ザ・ハットとかアクバー提督みたいなねっとりエイリアン系キャラが少ない気が…。もはや人間ばっかりやんけ。極め付けにキンタロー。出てきたしな…

ルーク×R2、×師、×姫等々、数回涙ポイントあったんですけど…周り誰も泣いてない…あれ?笑
てゆかR2ずるいなあの映像は…!
最後の星の風景が、Ep.5だったかの豪雪の星のようで。ルークが登場してるシーンは良かったなあ。

ともあれ胸いっぱいで満足…。
最後にキャリーフィッシャーがフォースと共にあらんことを。レイア姫最高でした。
May the force be with you always.
YutoChiba

YutoChibaの感想・評価

4.5
スターウォーズは改めて親子の物語なのだと実感させられる一作。孫の代まで重なっていくからこそ、その重厚さも増しているように感じます。
abx155

abx155の感想・評価

4.2
ライアン・ジョンソン監督特有のトリッキーな編集や予想のつかないシナリオ展開が炸裂。
スター・ウォーズの良さである明快な冒険活劇の部分は残しつつ、既存の世界感や設定が持つある意味泥臭さを壊して、新しいスター・ウォーズを誕生させた意欲作と言っていいと思う。フォースの覚醒より断然こちらのほうが好き。
エピソード9以降がとても楽しみになった。
賛否両論あるかもしれないが、自分は断然支持派。
スコアはまだ数字で出せない
何故なら新しい、全く新たなスターウォーズだったから
ぺた

ぺたの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

個人的にはとても見やすい映画でした。「スターウォーズじゃない。」っていうのもまあわかるかなぁって感じはする。今までの中では追い込まれた描写が一番しっかりしてて緊張感があった気がするけど、なにが衝撃なのかあんまりはっきりしなかったかな?でも次回作で今回の出来も決まってくると思うから期待してます!!!
ryosuke

ryosukeの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

公開初日の2回目の上映。

満席ということはなく、直前でもシアター中央のいい席が取れた。

見渡す限りおじさんしかいなかったあたり、ep7で旧三部作からのファンを取り込むことに成功したんだなあという感じ。

もう色んな人が言ってることだと思われるが、やはり全体的にご都合主義が過ぎる気はした。

おそらく新三部作でも、後付けの設定というのはいくつか盛り込まれている(ミディ・クロリアンとか)のだろうけど、それにしても今回は必然性に欠ける展開が多かった気がする。

特にフォースの拡大解釈がすごい。再定義に時間を費やした割には、ディズニー流のファンタジー補正(偏見かも)がかかって、話を進めるための便利要素としていいように使われていたように思えてしまう。レイアの宇宙飛行は正直メリー・ポピンズにしか見えなかった。

レイとレンの無料電話サービスもアカン気がする。

パペットでのヨーダの登場も嬉しいし、「失敗こそ最高の師」みたいな教えも相変わらずだなあと思ったけど、なんかジェダイ・マスターというよりは普通に人生の先輩みたいな発言。

どうしてもシリーズのファンとしてはディズニー要素に抵抗を感じてしまうのだが、それはポーグを筆頭としたクリーチャーにおいてもそうで、あまりにもとってつけたような媚び方は、新三部作でジャージャーのようなキャラがいたことを踏まえても、なかなか好きになれない。

ep7ではep4のオマージュを取り込みつつ、緩やかな移行を図った分、今回は実験的な試みが増え、今までのスターウォーズ
ファンの好きなエッセンスと新しい要素の両方がチグハグになってしまい、肝心のストーリーとしての軸がわかりにくくなってしまった印象。主要キャラでさえ、行動規範が未だに見えてこない。(もちろん善悪の曖昧さという部分を表現しようとしていたのもあるだろうが)

とはいえ、こういうのは新三部作の時にも言われていただろうし、多少の物議を醸すのもスターウォーズの面白さなのかなあとも思った。ツッコミ所があるのは誰もが思っているだろうし。

好きなシリーズだし、迫力のある映像てだけでとても楽しめた。ていうかあと1、2回は観たい。
Busceo

Busceoの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

いや敵も味方ももう少し考えて攻めよ?てのが多すぎて没入できず…

ローグワンに影響されたのか尊い犠牲…!みたいな描写が多いんだけどどれも「もう少し考えてたら死なずにすんだんじゃ…」みたいなのばっかでさ。

作戦きちんと伝えてればカジノに行って云々のくだりいらなかったよね?とかルークもスノークもカイロ・レンの心読めなさすぎだよね?とか反乱軍の建て直し以前にファーストオーダーがもうダメだろスノーク亡き後トップ2人がアレだぞそもそもファーストオーダーに支配された世界ってのがどんなに悲惨なのかとかまったくわかんないよカジノ見る限り割とみんな自由にやってそうじゃんとかハモンさんに突っ込むリュウ・ホセイみたいな救い方危なすぎんだろとか最後の対決終わってルークがああやって逝くのもわからんってかもう少しきちんと責任とってからにしよ?とか前作が細かいところをワクワク感で乗り越えさせてくれたのとは対照的に今作はそういう些末なところが気になってしょうがなかった。うーむ。

あと、レイにはルークに「で、あなたの居場所の地図って誰がなんのために作ったん?」てきいてほしかった。