「ぼくとアールと彼女のさよなら」に投稿された感想・レビュー

ユタ
ユタの感想・レビュー
2016/10/30
3.8

このレビューはネタバレを含みます

※この映画と、小説「煙か土か食い物」のネタバレも一部含みます。


人と関わる事を拒み無難に生きようとする高校生グレッグと友人のアール、白血病におかされたレイチェルの交流を描く。


誰かが生きていたと言う事はそれだけで価値がある事なのかもしれないし、無い事なのかもしれない。
誰かが死んだ時、その人生をどう受け取るかは自分次第だ。
私は、価値があるものだと思いたい。


この物語の良い所は多くの人が指摘するように、いわゆる難病ものなのだけど語り方が良い意味で少しドライで、変に泣かせようとしていない所。
肝心な言葉を面と向かって台詞で語らせずに、終盤のある展開で自然に描いている所も良かった。



そして、舞城王太郎の「煙か土か食い物」のこの一節を思い出した。

「生きてても虚しいわ。どんな偉いもんになってもどんなたくさんお金儲けても、人間死んだら煙か土か食い物や。」

「ねぇ、奈津川さん 人間は死んだら誰かの思い出になるのよ。
人間は死んでからも、生きていた証をいろんな形で必ず残すのよ」


人は死んだら、誰かの思い出になる。私たちは、思い出に背中を押されながら生きている。
人の思いは本来見えないものだけど、この映画ではそれが上手く視覚化されているように思った。
K
Kの感想・レビュー
1時間
3.7
なんとなく借りてみたけど俺が思ってた話とはちょっと違って恋愛恋愛っていうことではなかった。
おれが求めてるのはそれだからいまいちピンと来なかった。
mappurau
mappurauの感想・レビュー
16時間
4.5
センス・温度・テンポ!
ん〜ちょうど良い〜◎

そして、登場人物それぞれに味があって、楽しめました。

グレッグとアールの映画も最高だし、パパがヘルツォーク好きなのもツボだし…!

何で日本で劇場公開出来なかったのか…不思議です。
派手さがないと…ウケないんですかね?

音楽がとても好ましく…、少し胸の奥をチクチクさせられながら、心地よい時間を過ごしました。
ジャッキーケン
ジャッキーケンの感想・レビュー
17時間
4.0
ほろ苦くて甘い愛すべき青春映画
この感覚は「ナポレオンダイナマイト」!

映画知ってるほど楽しめるのは間違いない何せ主人公たちは自主映画を仕事とする変人コンビ
グレッグと仕事仲間アールの作る映画がくだらなすぎて全部見たい

ノー御涙頂戴
清い青春映画
やたらと重くなりすぎない
グレッグの優しい嘘

田舎町を舞台にした青春映画の雰囲気が好きでガンなのに雰囲気明るめだしルックス良さげなグレッグの決まらない感じと緊張感のなさが良い

死んでからその人を知ることも大切なこと
その人が生きている世界
存在していなくてもその人の知らないことを知ることも大切

ジョンバーサル先生なら無遅刻無欠席確実だね
ちー
ちーの感想・レビュー
18時間
3.6
何気なくみてたけど、後半からが印象的だった
AyA
AyAの感想・レビュー
19時間
3.5
絵本をみているようなそんな気分に。
ストーリー的に定番感はあるのに、音楽や画がお洒落で新しい映画を見ているようなに思いました。

アールの人柄が良すぎて、、、
ゆっきぃ
ゆっきぃの感想・レビュー
1日
3.6
とてもあたたかくて、優しい映画でした☺︎

最初は親に言われて通っていたのに、ほんとに大切な存在になっていくのがわかって何回かうるっときました。

寄り添ってくれる人がいるというのは、しあわせですね。
まえだっち
まえだっちの感想・レビュー
1日
4.1
色々何かを気付かされたわ
みさ
みさの感想・レビュー
2日
3.6
最初の始まりからすき
ウルバリンのシーンとかかわいぃ
ka
kaの感想・レビュー
2日
-
2017.04.24
>|