ぼくとアールと彼女のさよならの作品情報・感想・評価

「ぼくとアールと彼女のさよなら」に投稿された感想・評価

machida

machidaの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

※この映画と、小説「煙か土か食い物」のネタバレも一部含みます。


人と関わる事を拒み無難に生きようとする高校生グレッグと友人のアール、白血病におかされたレイチェルの交流を描く。


誰かが生きていたと言う事はそれだけで価値がある事なのかもしれないし、無い事なのかもしれない。
誰かが死んだ時、その人生をどう受け取るかは自分次第だ。
私は、価値があるものだと思いたい。


この物語の良い所は多くの人が指摘するように、いわゆる難病ものなのだけど語り方が良い意味で少しドライで、変に泣かせようとしていない所。
肝心な言葉を面と向かって台詞で語らせずに、終盤のある展開で自然に描いている所も良かった。



そして、舞城王太郎の「煙か土か食い物」のこの一節を思い出した。

「生きてても虚しいわ。どんな偉いもんになってもどんなたくさんお金儲けても、人間死んだら煙か土か食い物や。」

「ねぇ、奈津川さん 人間は死んだら誰かの思い出になるのよ。
人間は死んでからも、生きていた証をいろんな形で必ず残すのよ」


人は死んだら、誰かの思い出になる。私たちは、思い出に背中を押されながら生きている。
人の思いは本来見えないものだけど、この映画ではそれが上手く視覚化されているように思った。
面白かった。観てよかった。
なんだろ、好きな映画だな
アールいいやつ、目つきオカシイけど。
誰にでもよく思われたいが為に
自分を出せなくなってるかも
言って良いこと、悪いことを考えてる。
気を遣われないように、気をつかってる。それが大人なのか?寂しいな〜
あめり

あめりの感想・評価

5.0
お涙頂戴映画ではないところが良い。キャスト・ストーリー・演出全てが最高。
Sou

Souの感想・評価

4.5
青春映画に泣かされた
なお

なおの感想・評価

4.0
僕がだんだんと良いやつに変わっていく、友達って本当に大事だなあって思います。
泣けます。
自分を取り巻く人たちは様々いて、それぞれに対する顔が必然と出来上がる。すべて自分の本当の顔である。これから増えていく自分の顔が、人生の厚みを与えてくれる。
ひで

ひでの感想・評価

4.2
超面白い。内容は邦画のバカみたいな青春映画と似てるけど、過程が全く違う。めちゃくちゃ面白い。
理由はよくわからないけど、私のベストの1つです!
とにかくこの映画のなんとも言えない雰囲気が好き。
自分はどのグループにも属さないことを自慢げに語るグレッグの気持ちにとても共感した。高校時代、なんかそう言いたくなる気持ちに。
優しいけど、なにかが足りないグレッグを、いつもは無気力なアールがここぞという時に、バシッと、指摘するところも、2人の関係の素晴らしさを表していたと思う。
オリヴィア・クックとトーマス・マンだからこそ生まれた、2人の絶妙な距離感を感じてほしい!
ラブストーリーでもなく、ジャンル分けできない、なにか人生の生きる糧になってくれるような、優しい映画だと思う!
せと

せとの感想・評価

5.0
まじで嗚咽死するかと思った。最高の前半に最高の後半。前半の主人公と女の子のやりとり、空気感も台詞回しも最高。そして圧倒的なラストシーン。
煮え切らない主人公と、イケメンすぎるアールのところからキてたけど、ラストはほんとに、この映画に殺されかけた。笑
>|