ぼくとアールと彼女のさよならの作品情報・感想・評価

「ぼくとアールと彼女のさよなら」に投稿された感想・評価

ユタ

ユタの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

※この映画と、小説「煙か土か食い物」のネタバレも一部含みます。


人と関わる事を拒み無難に生きようとする高校生グレッグと友人のアール、白血病におかされたレイチェルの交流を描く。


誰かが生きていたと言う事はそれだけで価値がある事なのかもしれないし、無い事なのかもしれない。
誰かが死んだ時、その人生をどう受け取るかは自分次第だ。
私は、価値があるものだと思いたい。


この物語の良い所は多くの人が指摘するように、いわゆる難病ものなのだけど語り方が良い意味で少しドライで、変に泣かせようとしていない所。
肝心な言葉を面と向かって台詞で語らせずに、終盤のある展開で自然に描いている所も良かった。



そして、舞城王太郎の「煙か土か食い物」のこの一節を思い出した。

「生きてても虚しいわ。どんな偉いもんになってもどんなたくさんお金儲けても、人間死んだら煙か土か食い物や。」

「ねぇ、奈津川さん 人間は死んだら誰かの思い出になるのよ。
人間は死んでからも、生きていた証をいろんな形で必ず残すのよ」


人は死んだら、誰かの思い出になる。私たちは、思い出に背中を押されながら生きている。
人の思いは本来見えないものだけど、この映画ではそれが上手く視覚化されているように思った。
レイチェルに捧げる映画が特典映像にあるので是非観てほしい!!
切ねぇな。切ないけど人はそうやって成長していくのか。アールもレイチェルもイカしてる。グレッグは幸運なやつだ。

映画大好きで映画作りたいとか思ったくせに、突き詰められなくて、のほほんとしてたオレ、グレッグの足元にも及ばない。パロディだってオマージュだって、突き詰めたら立派。最後はオリジナルやぞ。泣けるやろ。

人間死んだら終わりじゃないんや。死んでからその人のことを知ることもある。頭の中から消えない限り。

ザ青春。これしか言えない。
santasan

santasanの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

なんだろう…すごくささやかな優しさや愛に溢れた作品だと思う。グレッグとレイチェルの友情、そしてグレッグとアールの友情もそうだ。白血病でどんどん弱っていくレイチェルに付かず離れず付き添うグレッグ。彼女のために映画を作ろうとするグレッグとアール。どうにもならない自分の病状に苛立つレイチェル。みんな素直でいい子たちだったし、これは悲劇ではない。
nakamu

nakamuの感想・評価

-
薄っぺらい言葉で表したくはないけれど、余韻に浸れる映画。
にーよ

にーよの感想・評価

3.1
アールふつうに有りやん、最後の窓ガラスで結構くるものがあった
Rin

Rinの感想・評価

4.0
すっっごく素敵な映画…とにかく素敵が詰め込まれてました。
2人で部屋にいる、穏やかな空気感、あの空間、あの時間。永遠に続けばいいのにと願ってしまう。友情っていいなぁって心の底から思いました(;_;)
思春期の素直になれないあいまいな感情とかそれを周りにうまく伝えられない抵抗感とか、そういう説明できない難しい感情が上手く表現できてるなーって思ってすごく入り込んでしまいました…
最後のフィルムは抽象的すぎるけど、普通のお涙頂戴ものとは明らかに違ってて、余計に泣けました(;_;)
素敵な話だった。
切身

切身の感想・評価

4.0
とてつもなくいい。
フラワーウォールも好きな設定だったけど、こちらの男女3人組の友情もとてもいい。
教師との関係も、男2人の映画作りも、レイチェルの親との関係も、とにかく高校生ぽくてとてつもなくいい。

テンポと関係がいい。
全編ライトでお涙頂戴じゃありませんよ宣言はしてるんだけど、ある秘められた想いが明らかになる終盤ではやっぱり胸が締め付けられる。あのアイテムが効果的に使われている映画や小説には非常に弱い。
>|