「ぼくとアールと彼女のさよなら」に投稿された感想・レビュー

ユタ
ユタの感想・レビュー
2016/10/30
3.8

このレビューはネタバレを含みます

※この映画と、小説「煙か土か食い物」のネタバレも一部含みます。


人と関わる事を拒み無難に生きようとする高校生グレッグと友人のアール、白血病におかされたレイチェルの交流を描く。


誰かが生きていたと言う事はそれだけで価値がある事なのかもしれないし、無い事なのかもしれない。
誰かが死んだ時、その人生をどう受け取るかは自分次第だ。
私は、価値があるものだと思いたい。


この物語の良い所は多くの人が指摘するように、いわゆる難病ものなのだけど語り方が良い意味で少しドライで、変に泣かせようとしていない所。
肝心な言葉を面と向かって台詞で語らせずに、終盤のある展開で自然に描いている所も良かった。



そして、舞城王太郎の「煙か土か食い物」のこの一節を思い出した。

「生きてても虚しいわ。どんな偉いもんになってもどんなたくさんお金儲けても、人間死んだら煙か土か食い物や。」

「ねぇ、奈津川さん 人間は死んだら誰かの思い出になるのよ。
人間は死んでからも、生きていた証をいろんな形で必ず残すのよ」


人は死んだら、誰かの思い出になる。私たちは、思い出に背中を押されながら生きている。
人の思いは本来見えないものだけど、この映画ではそれが上手く視覚化されているように思った。
Rin
Rinの感想・レビュー
7時間
3.7

このレビューはネタバレを含みます

感想
絶対に死にませんててナレーションが入る時点で絶対に死ぬなって思った。邦画でもよくあるよね。

アールがいいやつ。

主人公的には自分はどこかの国の人間だっただろうけど、青春時代ならではの悩みと葛藤にフォーカスしていて共感できた。

自分だったら初めに会いに行ったシーンで抜け抜けと自分の為に会ってくれとは言えない。でもああ言ったから仲良くなれたのだろう。

映画として
ポスターが喋り出すシーンは必要だったのか?

邦画でも、よくこーゆー類の死んじゃう系の映画あるよね、死んでから手紙が届きました、さぁ観客の皆さん泣いてくださいて感じの。

でもそーゆー映画とは違うと思ったけど、外人が見たら同じなんだろうか?それともやっぱりただ邦画がしょーもないだけなのか?笑

他の人も書いてたけど、ザ恋愛映画にしてるわけではないから、そこが邦画と違って重いテーマでもテンポが良かったのかな。
saori
saoriの感想・レビュー
7時間
4.0
ぼくとアールと、ぼくと彼女と、すべての距離感がよかった。みんないい友達を持ったなあ
moru
moruの感想・レビュー
1日
4.2
アールみたいな友達欲しい
トコイ
トコイの感想・レビュー
1日
4.4
これは、泣くだろ、個人的に
JOM
JOMの感想・レビュー
1日
3.8
ぼくとアールと死にかけ少女

後半の追い上げがすごすぎて号泣
すーぱーにしな
すーぱーにしなの感想・レビュー
1日
4.1

このレビューはネタバレを含みます

最後の病院で映画を観るシーン、とてもとてもとてもとても好き!!!あそこだけ何度も観てしまったよ
はるな
はるなの感想・レビュー
2日
4.5
悲しいけど、愛おしい映画。
YuusukeNaitou
YuusukeNaitouの感想・レビュー
2日
4.0
まず、だまされた!!って言いたい。

高校の縮図を国ごとに例えているのは的を射ていた。

人とかなり距離を置きたい主人公。そんな主人公と奇妙な関係のアールとレイチェル。
最後の最後に・・・・

最後の映画は、何を表現しているのだろうか。赤色が多く使われている理由とか・・・
AnriKimura
AnriKimuraの感想・レビュー
2日
3.5
嘘つき!!
木綿地かけのオレンジ、勝手に走りやがれ etc..オマージュは面白かった
>|