ぼくとアールと彼女のさよならの作品情報・感想・評価

「ぼくとアールと彼女のさよなら」に投稿された感想・評価

ユタ

ユタの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

※この映画と、小説「煙か土か食い物」のネタバレも一部含みます。


人と関わる事を拒み無難に生きようとする高校生グレッグと友人のアール、白血病におかされたレイチェルの交流を描く。


誰かが生きていたと言う事はそれだけで価値がある事なのかもしれないし、無い事なのかもしれない。
誰かが死んだ時、その人生をどう受け取るかは自分次第だ。
私は、価値があるものだと思いたい。


この物語の良い所は多くの人が指摘するように、いわゆる難病ものなのだけど語り方が良い意味で少しドライで、変に泣かせようとしていない所。
肝心な言葉を面と向かって台詞で語らせずに、終盤のある展開で自然に描いている所も良かった。



そして、舞城王太郎の「煙か土か食い物」のこの一節を思い出した。

「生きてても虚しいわ。どんな偉いもんになってもどんなたくさんお金儲けても、人間死んだら煙か土か食い物や。」

「ねぇ、奈津川さん 人間は死んだら誰かの思い出になるのよ。
人間は死んでからも、生きていた証をいろんな形で必ず残すのよ」


人は死んだら、誰かの思い出になる。私たちは、思い出に背中を押されながら生きている。
人の思いは本来見えないものだけど、この映画ではそれが上手く視覚化されているように思った。
ゾン美

ゾン美の感想・評価

4.5
泣いちった。ズルいよ!
Ryoma

Ryomaの感想・評価

4.3
ラストの追い上げがすごい。
いい映画
セット

セットの感想・評価

5.0
大好きな映画のひとつになった
y

yの感想・評価

5.0
あーもうグレッグ、きみは本当にいい奴だ。大好きだ。
アールも、レイチェルも、先生も。

横並びがたまらなく好きだ。
病院の小さなシングルベッドに2人寝転んで、彼の撮った映画を見るシーン。大好きだ。だめだ、大泣きだ。
vege

vegeの感想・評価

4.3
さりげないのに、ぐっとくる。
sae

saeの感想・評価

4.5
これ、大好きなやつだ。

グレッグの、根っから自分を肯定出来ない、必要以上に否定的に見て、語ってしまうところ、素直な気持ちを認めたがらないところ、嫌になるくらい、わかるなあって。

それと同時に、彼とアールの作品のセンスはどう観ても好くて、好いとしか言いようがなくて、ズルイ、こんなに持ってるのに、って。

近いのにすごく遠い、グレッグ。
と思いながら観てた。

---

亡くなってからもその人のことを知ることはできる、私たちが忘れなければ。
人は、人を、どこまでいっても知り尽くすことは出来ないけど、少しずつ見せ合って、分け合って、向き合って、認め合って。
もしそういう関係を一つでも結ぶことができたら幸せなんだと思う。
グレッグのひねくれ感好き。レイチェル可愛すぎ。
メインの3人が飛び抜けて美男美女じゃなく親近感の沸くキャラクター。とくにグレッグはなんとか波風たたせず目立たず平和に学校生活を終えたいと願い、根は優しくてとてもいいキャラ。難病モノでやはり泣いてしまうが、ポップでとてもキュートな青春物語。良い!
ジョン・バーンサルがすごく良い先生役なんだけど出番は少なかったなあ。
sommer

sommerの感想・評価

3.8
相手のことを、亡くなった後にも知ることができる。
むしろ、生きてる時に気付けることって知ってることってほんの少しなのかな。
>|