ぼくとアールと彼女のさよならの作品情報・感想・評価

「ぼくとアールと彼女のさよなら」に投稿された感想・評価

takechi

takechiの感想・評価

3.3
映画として、よくある白血病もの。
この作品は、病気の本人よりも、
不治の病の人に対する周りの人の接し方に焦点を当てている感じが
イイ。
始めは、幼馴染というだけで、今ではたいして仲良くもないのにレイチェルが
病気になったという事で、母親に言われイヤイヤ遊びに行くグレッグ。
そんなわけで、他の友人にはある同情や憐憫の気配が無い。
そんなグレッグだからレイチェルも次第に心を許していく。
しかし、二人の距離が近づけば近づくほどに本気で心配するようになり
グレッグはレイチェルの闘病方針などに口を出すようになり・・
それが原因で喧嘩になり・・関係はギクシャクし始めるという・・。
なかなかシュールな話。
大きな感動とか、泣くとかいう作品じゃないけど、
なにげに人生訓なんかもちりばめられていて、
静かに心にしみるような秀作だった。
後半でちょい下げ
カメラワーク冴え冴え
サマーより好きや
音声解説がとても良かった
kan

kanの感想・評価

4.2
フォロワーさんのレビューで知って観た。とってもよかった。大好きな映画になった。気持ちがあったかくなる。海外青春映画が本当に好き。
salgu

salguの感想・評価

-
ぼくもアールも彼女もかわいい
2018.12. 家◇049
kouzin

kouzinの感想・評価

4.0
2018年193本目
好きな作品です!長めの思春期にかなり憧れた設定。
最後のシーンにはかなりグッときた。あと。唯一の理解者であるマッカーニー先生の言葉に考えさせられる。何気なく周りにいる人をもっと大切にしようと思わせてくれる。
>|