スロウ・ウエストの作品情報・感想・評価

スロウ・ウエスト2015年製作の映画)

Slow West

上映日:2016年07月17日

製作国:

上映時間:84分

3.4

あらすじ

1870年、スコットランドの貴族の息子ジェイ(コディ・スミット=マクフィー)は小作人の娘ローズ(カレン・ピストリアス)に恋をしていた。身分違いの恋に激怒したジェイの父はローズを追い出そうとするが、誤ってローズの父親に殺されてしまう。お尋ね者となったローズ父娘は逃亡の果てに、アメリカ西部コロラド準州に流れ着く。ローズの事が忘れられないジェイは父娘を追い掛け、開拓中の西部へと向かう。ジェイは、強盗に…

1870年、スコットランドの貴族の息子ジェイ(コディ・スミット=マクフィー)は小作人の娘ローズ(カレン・ピストリアス)に恋をしていた。身分違いの恋に激怒したジェイの父はローズを追い出そうとするが、誤ってローズの父親に殺されてしまう。お尋ね者となったローズ父娘は逃亡の果てに、アメリカ西部コロラド準州に流れ着く。ローズの事が忘れられないジェイは父娘を追い掛け、開拓中の西部へと向かう。ジェイは、強盗に襲われたところを助けてもらった賞金稼ぎのサイラス(マイケル・ファスベンダー)を用心棒として雇い、一緒に旅をすることになる。サイラスは、ローズ父娘に2,000ドルの賞金がかけられている事を知り、父娘の行方を知っているジェイを利用しようとするが・・・。

「スロウ・ウエスト」に投稿された感想・評価

Kino

Kinoの感想・評価

2.8
貴族の息子が愛する人の為に西を目指し、用心棒としてファスベンダーと出会う。ザ・西部劇で銃を放ちまくるというよりも美しい雄大な景色と共に弛く、苦い。馬、二頭の間で洗濯物を乾かしながら歩を進めていくシーンは印象的。
元

元の感想・評価

4.0
そのラストはつらい。
文学的な香りがする西部劇。ラストも含め、嫌いではない。マイケル・ファスベンダーも渋いしね。久々、よい西部劇を見た気は出来た。しかし、このパッケージの陳腐さよ。
がい

がいの感想・評価

2.0
脇役俳優目的鑑賞での楽しみのひとつは「いつ登場するか」
序盤にチラッと映った姿がモコモコぬいぐるみ仕様の上着で可愛さ満点。前髪もちょい長めで良し。
そしてワクワクする事40分経過。それまで忍耐ひたすら忍耐。
展開も題名通りにスロー。馬も走らず歩く。
主人公の少年が愛する少女を探しに行くんだけどその少女が賞金稼ぎに狙われてて、、、って話でベンさんは賞金稼ぎのボス役。
登場するのもスローだけどその登場場面の葉巻を吸いながら一発目の台詞の言い方がカッコイイ!巻き戻すこと約5回。しかし残念ベンさん。笑ってしまうほど残念。実際笑った。勿体無い。かなり個性的なインパクトあるお召し物なのに。
しかもそんな結末でいいのかよ⁉︎って感じの映画だし。
しかしちょっと引っかかる台詞があったのでメモ
『しばらくすればこれも遠い過去の話になる』
そしてゲームオブスローンズのハウンドがパパ役で出ている。こちらも残念な感じ。。。
城戸

城戸の感想・評価

4.0
うおー良いーー

え?って終わり。笑
bless

blessの感想・評価

4.5
so cool
terrence malick's successor
まよい

まよいの感想・評価

2.6
道中サイラスに絡んできてたあのモフモフコート(?)の人とはどんな因縁があったのかな〜
個人的にラスト「えっ」と思った
この終わり方でジェイとサイラスが逆ならまだ納得できたけど なんか「えっ」ってなる
イワシ

イワシの感想・評価

3.2
クライマックスが切なすぎて泣けた。ただでさえ報われないコディ・スミット=マクフィーの銃創に銃弾で割れた瓶の塩が降り注いでくるというキツすぎる展開。心の痛みと肉体の痛みを一致させている。
>|