dada

国際市場で逢いましょうのdadaのレビュー・感想・評価

国際市場で逢いましょう(2014年製作の映画)
4.1
ど頭カチ割るぞー!
いつものファン・ジョンミンが居る安心感。訳す人が意図的に刷り込んでいるのか⁉︎ファン・ジョンミンがいると必ずといっていいほどこの言葉が出てくる。日本で言えば古き良き昭和の頑固なクソジジイ(好意的です)。そんな今から色々な過去に遡って行くのですが、それは韓国の激動の近代史とリンクしています。
ある意味父親との約束を果たすためだけに生きたドグス(ファン・ジョンミン)、家族はそんなことは露知らず煙たがったりする。

私のじいちゃんも結構なクソジジイだった。映画の中の家族同様、彼の過去に思いを馳せることはなく、やっぱり煙たくあしらったことを思い出し後悔しても今はもういない。
今更ながら、そんなじいちゃんに報いるためにも、私もドグスや彼みたいに愛情たっぷりなクソジジイになりたい。